中国の「九段線」に法的根拠なし 初の国際司法判断に思うこと

フィリピンの全面的な勝利ですね。

「南シナ海、中国の主権認めず 国際司法が初判断」[外部記事]

ハーグの仲裁裁判所は、中国が「歴史的権利」として主張する「九段線」について国際法上の根拠は認められないとしています。かなりクリアな判断です。

今回は、国際情勢について


中国の海洋進出


中国が海洋進出を活発化させています。

中国による実効支配の強化を防ぎたい日米は様々な取り組みをしています。米国は「航行の自由作戦」を敢行してますね。日本もフィリピンやベトナムに護衛艦を寄港させたりしてます。

今回、フィリピンが法的な仲裁裁判に打って出たのは、日米の後ろ盾があるからとも言えますね。

仲裁裁判でフィリピンが勝った場合、日米その他の国々が、法的な裁定を受け入れるよう中国に求めるというシナリオも出来上がっているでしょう。日米、ASEANによる中国への圧力は増しそうですね。


中国はどうなる


ポイントは中国が国際法に従うかどうかです。

ん・・・

中国は国際世論とか、国際社会とか、国際法とか、そういう点に関しては独特の考え方をしそうなので懸念はあります。ただ、今回の裁定をまったく無視するわけにもいかないでしょう。

そう思いたいです。


緊張が高まらないといいですね


中国の海洋進出は、経済の成長率が鈍化している国内の不満を外に向ける意味もありますので、その点は気がかりですね。

今回の裁定に従って海洋進出を抑えようとすると、軍関係者の不満を招くかもしれません。国際関係と国内問題、そのバランスは難しくなりそうです。

とはいえ、国際法に従って問題を解決していくという原則論に立てば、今回、法的な裁定が示されたのはいいことです。拠り所がないままに力を背景に好き勝手にやっている状況から、一定の法的見解が示された後での法にもとづく行動に変わるわけですから。


難しい問題


国際法での難しいところは、強制執行できる力がないってことなんですよね。

国際法の決定が下りても、ある国家がそれを無視したらそれまでです。

国家間の関係では、法を無視する相手に、強制的に何かをさせる、あるいは何かをさせないようにしようと思ったら・・・

究極的には、実力で強制する(=戦争する)しかないですからね。(^^;

(日本は国際紛争を解決するための交戦権は放棄してますので、あくまで考え方としてです)

望ましいのは、当事者が自発的に国際法に従うことですね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2367:

こんばんは

今日のメインニュースですね。
判決が逆なら勢いづいて南シナ海の軍事基地化が進むと思いますので良かったかなっと・・・
でも今後の対応も難しいと思います。

2016.07.12 22:32 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2368:

国際法を守らないのなら、国連の常任理事国をやめていただくとか? (笑)

2016.07.13 04:55 Tansney Gohn #SNAM66t2 URL[EDIT]
2369:

※2367:yazirobe777さん
メインニュースでした。
中国はメンツ丸つぶれなので今後の対応は難しそうですね。平和的に解決してほしいです。

2016.07.13 18:43 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2370:

※2368:Tansney Gohnさん
中国は常任理事国なので、国際法を守る大きな責務はありますよね。(^^)

2016.07.13 18:46 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する