伊銀の不良債権増加、緊急事態とはいえない イタリア中銀総裁

中央銀行総裁は、自国の金融システムについて表向きは楽観的な意見を言うものです。

「伊銀の不良債権増加、緊急事態とはいえない」というロイターの記事です。[外部記事]

中央銀行総裁が「緊急事態だ!」と言うときは、相当に手遅れか、ほとんどの国民がどうしょうもない状況だと認識しているときですね。で、イタリアは、緊急事態を追認しないといけない状況ではない、まだ余裕があるということかなと思います。

今回は、金融危機について。


ところで


ところで、イタリアの中央銀行総裁です。

イグナチオ・ビスコ氏です。

ビスコ・・・

products_bisco02_img.jpg
画像出典

お気に入りのお菓子です。

定番の赤もいいのですが小麦胚芽入りの緑もいいです。グリコのサイトによると、緑のビスコは「サクサク食感と、こんがり香ばしいおいしさが楽しめる、大人もうれしいビスコです。」とのこと。

大人のビスコ

なんか、いいですね。(^^;


ところで、ところで


お菓子のビスコは、Bisco

イタリア中銀総裁は、スィニョーレ Visco

BとVの違いがあるんですね。

ただ、典型的な日本人英語耳の私は、BとVは同じ音だと認識してます。


さて、銀行


イタリアの銀行は不良債権が注目されてますね。

そうかと思うと、イタリアの首相がイタリアの銀行の不良債権は、ドイツ銀行のデリバティブの痛みよりは問題じゃないとか言ってますね。

不良債権でも、デリバティブの問題にしても、共通点があります。

どのくらい傷んでいるのか、本当のところは破綻するまでわからないことです。

古くは長銀や山一證券、10年くらい前ではベア・スターンズとかリーマン・ブラザーズもそうでしたね。金融当局は破綻させないようにと策を練るのですが、それでも無理なケースでは破綻処理するしかないです。

今回、欧州の金融機関が破綻するかどうかはわかりません。

あまり不安視してもしょうがないと思ってます。ただ、銀行株が軟調なのは気にしておきたいところです。いまの局面なら、楽観より慎重にバイアスをかけておいてもいいんじゃないでしょうか。

では、よい週末を!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する