私は、楽ラップは利用しないな・・・ (無料診断の感想)

いま話題、楽天証券の楽ラップの無料診断をやってみました。

正直なところ、あまり意味がないなーと思ってしまいました。もともと私は資産配分を重視しないので、バイアスのかかった見方かもしれませんが。

今回は、アセットアロケーションの判定について


無料診断の結果


無料診断の結果は以下の通りです。

国内株式:16.6%
外国株式:24.1%
国内債券:28.0%
外国債券:22.3%
リート:6%
現金等:3%

「運用コース番号:1000200」でした。


楽ラップの残念なところ


16項目の質問がありましたが、なかには質問の意図がわからないものがあります。

Q3. 交流会に参加したところ、知り合いが1人もいませんでした。あなたはどうしますか?

Q4. 少し体の調子が悪いと感じました。どうしますか?

Q5. 年始にデパートに行ったら福袋が売られていました。どうしますか?

Q10. 下の4色から好きな色を選んでください。

意図が理解できなかった質問の例です。

これらの質問で投資家のリスク許容度やリスク選好度を測って、最適なポートフォリオを提示するのだと思うのですが、ぶっちゃけた本音を言うと・・・

こういう質問で、投資家のリスク許容度って測れるの?

という気分です。

半分本気、半分エンタメのノリならいいんでしょうけどね。好きな色とか。でも、投資の話なら「ほぼ100%の本気」と「少しのユーモア」の配分で取り組みたいですよね。


もう一つ


もう一つ、質問の内容について引っかかった点をあげます。

Q16. 金融商品に対する投資は総資産のどれくらいの比率が適切だと感じますか?

他の質問と合わせて総合的に判断するのでしょうが、それにしてもストレートすぎる質問です。金融商品と一口に言ってもリスク・リターンの特性は千差万別ですから、かなり漠とした質問です。

金融商品の中身はさておき、ひとまずMSCIワールドの株式投資のリスクとしましょう。「株式のリスクを取るのは、総資産のどれくらいの比率が適切だと感じますか?」という質問と読み替えます。

で、ポイントは

投資家が適切だと感じるリスク量と、本来その人が取れるリスク量は合致しないことがあるという点です。


残念に思う点


投資家が「70%が適切だと思う」と回答しても、その人の年齢、職業、収入、預貯金と負債の額、その他の資産の内容と額、家族構成、知的レベル、性格などによっては、本当は20%が適切なこともあります。

どれくらいの比率が適切か?

それを判定するのがプロのアドバイザーの仕事で、それを本人に聞いちゃうのはどうかなーと思います。

だって、ね。

お医者さんは患者さんから話しを聞いて、専門家の見地から症状を判定しますよね。そのとき、お医者さんが患者さんに「あなたの病気は何だと思います?」なんて聞かないですよね。


まとめ、のようなもの


もともと私はラップ口座の利点をそれほど感じないタイプなので、楽ラップに限らずラップ口座には魅力を感じていません。

あ、

ただ、面倒なことはすべてお任せ派の人なら、コストの低いラップ口座はありかもしれません。それでもバランス型ファンドでいいんじゃない?という思いはありますけど。

ともかく、今回感じたことは・・・

ロボアドバイザーは目新しくて面白いけれど、結局は、質問の内容や判定ロジックを作るのは人のセンスなんだろうなー、で、今回の楽ラップは、そのセンスが私のセンスとは違うなーということです。

そんな感じです。(^^;

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2329:楽ラップ?

他の方のブログ記事を見て、私もちょっと気になったので無料診断やってみたのですが、とらさんと全く同じ配分になりました。(0.1%単位まで同じ!)
※ちなみに某ブロガーの方も同じ配分でした。

もちろんその方とは(とらさんとも)年齢も運用に関する考え方もかなり違うとは思うのですが、同じ配分になったというのはいったいどういう事でしょう?

もしかしたら、実際には数パターンの資産配分しか用意しておらず、適当に「アナタに最適なのはこれですよ」って答えてるだけのような気がします。

とりあえず、違う資産配分になったよ!っていう人の意見も聞いてみたいですね。
ってことで、今回20代の女性になって診断してみました!ウフフフフ…笑
結果はこちら↓
国内株式23.3%
外国株式33.5%
国内債券20.8%
外国債券13.4%
REIT   6%
現金/MRF 3%
運用コース番号:1000700
資産の保全をはかりつつ、攻めたい方へおすすめです。

私は元々攻めたい方なんですが…笑
現実には国内株式200%くらいなんですが…笑
皆さんもいろんなパターンでやってみることをおススメします。
結局は何種類かのバランスファンドに振り分けられるだけのものだと現時点では考えています。
必要無いサービスですね。

2016.07.04 20:21 ニャーゴ #- URL[EDIT]
2330:

私も無料診断したところ
とらさんとまったく同じの「運用コース番号:1000200」でした
大当たり!!って感じでちょっと嬉しかったです!
(なんのメリットもありませんが・・・)
私は過去にラップ口座での運用をお願いして大失敗したことがあります
今はノーロードの投資信託もたくさんあるので
ラップ口座の利点が見つけられません
必要ないものだと思います・・・が
ひっかかってしまう人が多いんでしょうね

2016.07.04 21:51 ともみ #- URL[EDIT]
2331:

こんばんは

自分はやっていなにので良く分かりませんが・・・
現金3%って誰向けのアセットなのか不思議に思います?

2016.07.04 21:51 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2332:

私も1000200でした。
う~ん、どうなんだろうか^^

にしても、ラップも手軽になってきましたね。
昔、某信託銀行でラップの相談をしたとき、下限が1億円kらでした。魅力はありませんでしたが、その額の大きさにびっくりしたものです。l

2016.07.04 23:22 煙々 #- URL[EDIT]
2333:ビッグデータ?

この判定システムがどの程度のものなのかは知りませんが、「好きな色」という質問も、もしかすると何らかの投資関連の結果と相関性があるのかなあと思いました。因果関係は説明できなくても、結果的に相関性があるというのはよくあることなので。

でも、そこまでデータの蓄積があるのか、なんとなく疑っちゃいますけどね。

2016.07.05 08:55 エイハブ船長 #- URL[EDIT]
2335:

※2329:ニャーゴさん
おっしゃるように、結局は何種類かのバランスファンドに振り分けられる、そんな感じですね。わりと大雑把な判定なんだろうなと思います。
20代の女性は楽しい設定ですね。(^^)

2016.07.05 21:43 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2336:

※2330:ともみさん
ともみさんも同じですね。(^^)
ラップ口座のメリットは感じられないですね。自分でポートフォリオを組んだりバランスファンドを買った方がいい気がしますね。

2016.07.05 21:46 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2337:

※2331:yazirobe777さん
あの診断は何かと不思議な結果になります。
どうもしっくりこないです。(^^;

2016.07.05 21:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2338:

※2332:煙々さん
煙々さんもみなさんと同じですね。
多くの人が1000200に落ち着くのかな・・・とちょっと不思議な感じです。なんだか、もうみんな1000200でいいじゃないって気にもなります。(^^;

ラップは本来は億単位の富裕層向けのパーソナルなサービスなんでしょうけど、だいぶ間口が広がってきましたね。

2016.07.05 21:57 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2339:

※2333:エイハブ船長さん
好きな色は?と聞かれて、何だろうこの質問は・・・って思っちゃいました。しかも一番好きな色は選択肢になかったというオチで二重にガッカリです。
何らかの関係はあるのかなと思うようにします。(^^)

2016.07.05 22:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する