介護疲れによる「介護殺人」は月に2件、起きています

介護疲れによって家族の命を奪う「介護殺人」は、NHKの調べでは去年までの6年間に少なくとも138件発生しています。[外部記事]

老後に対する不安は、お金と健康に集約されますね。

今回は、老後の健康について


介護する側の不安と負担


介護疲れによる「介護殺人」の記事を引用します。

“介護疲れによって家族の命を奪う「介護殺人」は去年までの6年間に少なくとも138件発生し、およそ2週間に1件の割合で起きていたことが、NHKの取材で明らかになりました。状況が判明したケースのうち、介護を始めて1年以内に起きた事件が4分の1、3年以内では半数以上に上り、専門家は「介護を始めてまもない人の不安を減らす対策が求められる」と指摘しています。”


介護を始めてまもない人の不安を減らす対策は必要ですね。

「従来は介護を受ける側に重点が置かれていたが、今後は介護する側の負担を徹底して把握することが大切だ」という意見も出ています。

介護する側の不安だけでなく、負担も減らす有効な対策が必要ですね。


極論ですが


不安と負担。

私は、どちらかというと、負担の軽減により重点を置くべきだと思ってます。

それで、これから書くことはいろいろな事情を切り捨てた極論になりますが、できるだけ私の考えを素直に書いてみたいと思います。

素直な意見として、

介護される側のご老人を見捨ててでも、介護する側の生活を守るべきだ。

というのが私の基本観です。

私の小さいころの経験、およびその後の経験からそう思うのです。

ご老人も健康なうちは長く生きたいと思うのでしょうが、足腰が立たなくなって介護が必要になると心も弱まります。介護「される」ことを負担に思って、早く死にたい・・・と漏らすこともあります。

介護する側は、ご老人を手にかければ殺人事件として刑事罰を受けます。介護以上に苦しい時間を過ごさないといけなくなりますね。心に深い傷を負いながら。


介護する側


介護の負担に疲れ切って介護殺人に走るのは、ご老人も、手をかけた人も両方とも不幸です。両方とも幸せになれるような介護のあり方が理想ですが、究極の選択としては、これからの余命の長い方を優先させるべきというのが私の考え方です。

だから、「従来は介護を受ける側に重点が置かれていたが、今後は介護する側の負担を徹底して把握することが大切だ」という意見はもっともだと思います。

介護される側、ではなく、介護する側に重点を置くのはいいですね。

老老介護でもそうです。「介護する側」の負担軽減が大切です。


私の死生観


私の死生観はときどき書いています。

将来も大事ですが、いまを生きるのも大事ですね。それと、できるだけ健康でいること。足腰を鍛えて介護される期間を極力短くすることですね。

で、私のいまの思いとしては

介護なしでは食事もできず、排泄もできず、入浴も出歩くこともかなわないなら・・・

自然のままの衰弱死、あるいは安楽死が望みです。

胃ろうで無理に栄養を注ぎ込まれるのは御免です。また、人から介護されないでの衰弱死を望む以上、孤独死もありだと思ってます。

老人になってもそう言い切れるように、いまのうちに悔いなく生きなきゃいけませんね。(^^)

過去記事:もっと食べておけばよかった、という後悔
過去記事:一番楽なのは自然死

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2321:

切ない話ですね。

98歳まで生きたばあちゃんが92歳の頃、「こんな年になっても死にたくない。死ぬのが怖い」って言ってたのを思い出しました。

92歳の頃は元気でしたけどね。

最後は施設に入りました。家族全員のことを考えるとそれが一番幸せとというのが自分の両親の考えでした。

2016.07.01 23:02 りあるむえ #- URL[EDIT]
2322:

> 介護される側のご老人を見捨ててでも、介護する側の生活を守るべきだ。

私もこの意見に賛成です。
出来る範囲で行うべきで、お互いに破綻が見えるようなそんな介護は不幸しか生み出しませんから。

ただ、それを国に求める前に、自身でその費用を用意するという意思がない、またはできない人や家庭が多いのは不幸ではあります。

2016.07.02 08:53 煙々 #- URL[EDIT]
2323:

※2321:りあるむえさん
切ない話です。
だれでもどんな年齢でも死ぬのは怖いでしょう。生き物としての本能ですね。
家族全員のことを考えると施設に入るのが幸せというのは、いい選択だと思います。介護も何も無理をしすぎないことが大事だと思うのです。

2016.07.02 18:03 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2324:

※2322:煙々さん
そうなんです。お互いに破綻が見えるような介護は不幸しか生み出しませんね。
施設に入る費用を用意するは基本的には自助努力ですね。
お金のこと以外で難しいのは、世間体、家族で面倒を見るべきだという考え方、ご老人が施設が嫌で家にいたいという希望などが複雑に絡んでいることなんだと思います。

2016.07.02 18:07 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する