イタリアの銀行救済策でドイツが

イタリアの不良債権問題は微妙にくすぶってますね。

あまりニュースにはならないので情報不足ですが、ただなんとなくイタリアの銀行の不良債権は欧州経済のアキレス腱かなと感じてます。ギリシャやスペイン、ポルトガルの経済が弱いのはかなり前から表面化してます。そこに加えてイタリアの銀行問題が取りざたされるとイヤだな・・・と。

今回は、イタリアの銀行救済に関するニュースです。


ニュース


“ドイツ、イタリアの銀行救済策で投資家負担求める

イタリア政府が国内銀行への資本注入を実施する場合、民間投資家を損失から保護しようとするならドイツ政府は反対すると、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、ドイツのメルケル政権はいかなる救済措置にせよ銀行処理に関する欧州連合(EU)の規則に従うべきだとの考え。EU規則は公的資金注入の前に株主や一部の債権者が損失を負担することを求めている。” [外部記事]


欧州の金融機関の信用リスクは気になります。

投信で金融機関ハイブリッド証券とか、CoCo債ファンドとかがありますね。金融機関の信用不安が高まると、投資家にとってはいいことはないです。

で、イタリアの銀行の不良債権にモヤモヤ感があります。実態はどうなんだろう・・・と。

あまり想像してもわからないので、今回は別の視点から。


ドイツがイタリアの政策に介入?


イタリアは、投資家に負担を強いずに銀行救済をしたい考えです。イタリア政府は資本注入、または政府保証を通じて銀行の資本を強くしたいんですね。

日本が90年代に不良債権で苦しんだときに、最終的には公的資金を投入してほとんどの銀行を救済しました。多くは吸収合併を経て、今では銀行の数も減りました。

諸外国(特に米国)からは公的資金の投入を急ぐ圧力はありましたが、公的資金を投入するかどうかは基本的には国内の政治問題でした。

でも、今回のイタリアの不良債権処理についてはちょっと色合いが違うのかな、と。


金融機関の救済も自由にできない


イタリアは、投資家に負担を求めずにイタリア政府のお金で救済したい意向です。

銀行の不良債権処理の場合、ざっくり言うと投資家(株主)が泣くか、預金者も泣くか、政府(国民・納税者)が泣くか、中央銀行が泣くか・・・です。

資本の論理から言うと、不良債権処理や銀行の破綻処理は株主が全損して、預金者はペイオフで預金がカットされ、その上で公的資金が投入される。その間は中央銀行が最後の貸し手として支える。こういう枠組みです。

でもそれは原則論で、場合によっては株主も預金者も泣かないように、公的資金で銀行の資本を厚くしてやり過ごすという手段もあっていいはずです。破綻処理ではなく、生きたままでの再生として。

で、私が気になったのは、イタリアの銀行救済に対するイタリア政府の意向に対して、銀行処理に関するEUの規則を理由にドイツが反対していることです。

それがEUなんだなー、と。


EU加盟国の苦悩


自国の金融機関の救済を、自国の政府だけでは決められない。

ね。

それがEUってことなんでしょう。

あと、自国で自国通貨を発行できる中央銀行を持っていないというのは大きいのかなと。最後の貸し手としての中央銀行をECBに委ねているのは独立国家として悩ましいところかもしれませんね。

そういう事を考えると、EUの理念ってなかなか難しいのかなと思います。

EU加盟国で一枚岩を保っていられるうちはいいですけどね。

世界的な経済危機が深まったときでしょうか、EUの真価が試されるのは。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2343:

こんにちは。
また?ドイツVS他の加盟国ですかね。
聞くところによると、この銀行は債権者に個人の割合がとても多く、そこが他の銀行と違う点らしいです。普通?は機関投資家がほとんどだけど。
イタリアとしては社会不安や騒動が心配じゃないでしょうか…。これまでの緊縮財政も国民の不満を何とか抑えている状態なのに。
一方、ルールがなし崩しになるのはドイツが許さないです、多分。
鉄の女サッチャーを彷彿…。いえ、メルケル首相の方がずっと柔軟ですけど。

サッチャー首相は国民一律の人頭税を強硬に導入しようとして、最後、側近の大臣たちも支えきれなくなったんですね。
映画で見ました。愛国心を持って国のために収入に関係なく全員一律の税金を払えと。そら(怒)ですね、みんな。

銀行のPBRが0.1らしいです。ドイツ銀行は0.27とか言っていたかな。日本の銀行と変わらない感じ?

影響の小さい銀行ならいいけど早く対応してほしいです。
周りが煽りすぎかもしれませんが。

2016.07.07 18:02 みずほ #- URL[EDIT]
2346:

※2343:みずほさん
EUにおけるドイツvsそれ以外の国の構図なんでしょうね。
イタリアの国民性や経済構造はドイツとは違いますからねー。ドイツ流を推し進めるにも軋轢が出てしまいますね。
サッチャー首相にしてもメルケル首相にしても、意志が相当に強そうな人なので原理原則を動かしたくないんでしょうね。
早く対応して欲しいですね。

2016.07.07 22:13 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する