英国のEU離脱に思うこと 落ちてくるナイフは掴まない方がいい

英国の国民投票はEUからの離脱という結果に終わりました。

その結果を受けて金曜日は世界的な暴落でした。この土日は、この先の投資をどうするかを考えるのにいいタイミングかもしれませんね。

今回は、この先の投資について過去記事を中心に述べていきます。


落ちてくるナイフは掴まない方がいい


落ちてくるナイフは掴まない方がいいというのが私の基本観です。

落ちてくるナイフを掴みに行ける人もいれば、いったんリスクからは遠のいて、ナイフが落ち切ってから拾いに行く方がいい人もいます。投資家の性格や考え方、収入の多寡などによって最適な解は人によって違うはずです。

過去記事:落ちてくるナイフを掴みましょうというアドバイスについて

私は、自分の性格から考えても、リスクを急いで掴みに行くよりは、ワンテンポ遅れて拾いに行く方が性に合っています。


金融危機は「何度もよみがえる多年草」


経済は長期的には成長するとしても、金融は循環的に膨らんでは萎んだりします。

経済(Economics)と金融(Finance)の違いは意識しておいた方がいいでしょう。株式などの証券投資は「経済」をベースにしていながらも、注目すべきは「金融」です。経済と金融の両方を見る必要があります。

で、過去記事:金融危機は「何度もよみがえる多年草」

のど元過ぎればですが、一時期は欧州のドイツ銀行の経営不安がささやかれていました。CoCo債も懸念材料です。

今回、英国がEUから離脱となり、スコットランドが英国から独立する機運が高まるなどしてゴタゴタして、英国のRBSなどの経営はどうなのという話になったりしたらイヤだなーと。(根拠のある懸念ではありませんが)

欧州の金融機関の経営や、イタリア、スペイン、ギリシャのリスクなどがまた再燃する恐れもあります。

経済ではなく、金融に注目ですね。


通常の景気循環を超えて危機に陥る大きなリスク


英国のEU離脱は伊勢志摩のサミットでも懸念されていました。

過去記事:「通常の景気循環を超えて危機に陥る大きなリスク」に思うこと

安倍首相が主導した声明文にあった「世界経済が通常の景気循環を超えて『危機』に陥る大きなリスクに直面している」という表現を巡って日本と欧米で経済認識に温度差があると言われましたが、こういう状況になってみるとリスクが顕在化してきたかなという感じです。

景気循環的には楽観できませんね。こちらは数年スパンの短中期的な経済の話です。


安く買っても含み損が続くことに耐えられますか?


ちょっとした試算をしました。

まるまる5年間、積み立て投資を続けながら含み損を抱えるケースもあり得るという結果です。

過去記事:安く買っても含み損が続くことに耐えられますか? ドルコスト投資法の試算


含み損は少ない方がいいです


私はストレスと含み損は少ない方がいいという考えです。

投資家の性格にもよりますが、悩んだときは一部でも売って、気分的に軽くなった方がいいと思ってます。

過去記事:含み損は少ない方がいいです

積立投資を続けるにしても、これまで投資した分をいったん少し売って気分的に軽くなって、その上で積み立てで買い下がっていくのでもいいのではと思ってます。

投資の世界では致命傷を食らわないで生き残ることが大事ですから、売ることもありです。


まとめ、のようなもの


私は数年スパンで相場を慎重に見ています。

経済循環的には下向きですし、金融の調子もおかしくなってきているからです。金融面では信用不安が高まる恐れも出てきたかなと思ってます。

なので、この先数年は「無理をしないこと」が大事だと思っています。

数年間、守りの姿勢でやり過ごしてもいいと思うんです。

「ストレスをまともに受ける必要はない。ただ、やり過ごせば良いだけなのだ」です。(^^)

過去記事:植物はなぜ動かないのか

あと、こういうときは時間軸を変えて見てみるのもいいですね。
参考ブログ:とりあえず、記念撮影でしょう!(外国人ライフ・のろのろさん)

過去記事リスト
落ちてくるナイフを掴みましょうというアドバイスについて
金融危機は「何度もよみがえる多年草」
「通常の景気循環を超えて危機に陥る大きなリスク」に思うこと
安く買っても含み損が続くことに耐えられますか?
含み損は少ない方がいいです

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2304:

早速の記事アップありがたきです。

これらの過去記事、その他もかなり影響を受けました。

落ちてくるナイフは掴まない方がいい!っていうのも、なるほどでした。

金融関係も危なそうな話ばかりですし、
「兎に角ドルコストで」っていうのは、ちょっと信用するのが難しいです。(^^;)

自分の年齢や今後のキャッシュフローを考えて、ちょっとでもリターンを上げたいです。

2016.06.25 20:53 りあるむえ #- URL[EDIT]
2305:

プロスペクト理論で、私は
『利益が目の前にあったら、更に利益を増やすより、
 早めにリスクを回避して確実に利益を取る』
『損失を目の前にすると、リスクを回避するより、
 損失を無くすことを期待して待ちすぎる』
まったく、投資に不向きの心理持ちだそうで。

今回だけは、直前の微益手仕舞のおかげで心穏やかに過ごせましたが(苦笑)
(相方の投資信託も半分ぐらい利確して、上乗せでお休みすれば楽ちんでしたね)

常時参戦したがりの私が機会ロスのソワソワを抑制するには
かなりの努力と我慢と忍耐(笑)が必要ですが
下手が下手に動くと、まさに痛恨の、
コツコツ(ト)ドカンになりかねませぬー。
     ↑プラマイゼロに届くのすら、相当の時間を要するの意(私はしょっちゅう)

2016.06.25 21:26 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
2306:

こんばんは

落ちてくるナイフは床に刺さって揺れているのが止まってから抜きましょうと昔から言われますね。
とても有効な例えだと思います。

これからも 米)T大統領誕生 景気後退 日)円高 欧)スコットランド独立 ギリシャ問題再燃 中)バブル崩壊 などの懸念が噴出してその度に下落が予想されますね。
といって慌てて売る必要もないと思いますが過剰なリスクだけは避けたい局面家かと・・・

2016.06.25 23:21 yazirobe777 #- URL[EDIT]
2307:

自分の上のコメントですが、少し補足します。

>「兎に角ドルコストで」っていうのは、

一般的なインデックス投資で言われるような、どんなときでもず~とドルコストよりも、考えながらやりたいという意味です。

2016.06.26 08:18 りあるむえ #- URL[EDIT]
2308:

※2304:りあるむえさん
「兎に角ドルコストで」っていうよりは考えながらやる方がいいですよね。
“チビチビ”投資でキャッシュが潤沢というのは良い状況ですね。キャッシュが多いと今の相場を冷静に見ていられますね。

2016.06.26 19:01 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2309:

※2305:みみんさん
どうしても心理的な歪みはありますよね。そういう傾向は誰にでもあって、それを自覚しているかどうかが違いを生むのかなと思っています。
相場の動きも自分の心の動きも、なかなか思うようにはいかないもんですよね。もちろん私もです。(^^;

2016.06.26 19:06 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2310:

※2306:yazirobe777さん
落ちてくるナイフは落ち切ってから拾いたいです。おっしゃるように日本、米国、欧州、中国で火種がくすぶっていますので、しばらくは遠巻きに見ているのが吉かなと思ってます。
ナショナリズム、保護主義といった内向きな政策が強まっていくのかもしれません。気になるところです。

2016.06.26 19:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2311:こんにちは~。

拙ブログをご紹介いただき、感激です~。
粒ぞろいの単独記事が一つのストーリーになっていて、凄いです!
意図的に組まなくても、ストーリーができるというのはかっこいいです。うらやましくてストーリーを考えて複線を埋めていってみようかと妄想中です。

今回は下落のきっかけが「国民投票」だったことで、多くの人の心に残るというか、注目されやすいのかもしれませんが、10年チャート的には落ちしろ(伸びしろの逆)がまだまだ大きいので、つかんだナイフが手放せなくてもろともに最上階から落下しちゃったら、救いようがないですものね。くわばら、くわばら。です。

2016.06.26 19:34 のろのろ #- URL[EDIT]
2312:

※2311:のろのろさん
ありがとうございます。
こういう時こそ長い目でチャートを見たいですね。で、落ちしろが大きそうですね。
ナイフは掴み損なってもいいやという気分で、誰も掴みたくない時に拾いに行けたらいいなと思ってます。

2016.06.26 20:30 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する