お金を回していないのは? 麻生財務大臣の発言で考えたこと

麻生財務大臣の90歳で老後が心配と言っている高齢者を取り上げた発言について、以前に記事を書きました。今回はそれの続きです。

いくつになっても老後には不安が付きまとうのですが、今回のテーマは社会保障や年金、高齢者福祉といった点ではなく、純粋に、日本経済の動脈硬化を招いている要素はどこかを考えます。

今回は、GDPの構成要素から日本経済の目詰まりを見ていきます。


GDPの構成要素


日本の名目GDPは約500兆円です。[参照:内閣府]

ざっくり言うと、GDPは次の構成要素からなります。

1. 民間最終消費支出
2. 民間住宅投資
3. 民間企業設備投資
4. 政府最終消費支出
5. 公的固定資本形成

主な要素で見たいので在庫と純輸出は除きました。

で、長期的なデータを見るのに国連のデータを使いました。[出典]

国連のデータでは、
a. Household consumption expenditure
b. General government final consumption expenditure
c. Gross capital formation

という構成要素になります。

a=1(消費)
b=4(政府)
c=2+3+5(投資)

という対応です。

投資に住宅投資も、企業の設備投資も、政府の公共投資も入ってます。


さて、長期的な傾向


長期的な傾向を見ていきましょう。

まずは、GDPの推移です。

GDP 小黒とら

500兆円近辺で横ばいですね。

では、構成要素で見ていきましょう。


家計消費


家計消費(Household consumption expenditure)

GDP 小黒とら

安定的な横這いですね。


政府支出


政府支出(General government final consumption expenditure)

GDP 小黒とら

こちらは右肩上がりです。

政府の支出増加がGDPを支えている構図とも言えます。


投資


投資(Gross capital formation)

GDP 小黒とら

こちらは残念な結果です。

90年以降、右肩下がりですね。

政府が公共投資を抑えているのもありますし、民間企業が設備投資を国内で行わなくなっているのも影響しています。

日本経済の目詰まり感の一因は、ここにあると私は思っています。


日本経済の目詰まり感


GDPの構成要素を見てみると、ピーク時から50兆円も減っている「投資」をどうにかする必要があるでしょう。

国内でもっと投資を促す政策です。

もっとも、国内で投資するなら工場を立てて労働集約的な事業をするのではなく、人工知能(AI)などの先端テクノロジーの研究・開発のための投資になるんでしょうね。投資に値するアイデアと人材がたくさん揃っていれば投資もたくさん起きるはず。そのための政策はもっと必要でしょう。

教育、アイデア、若者、新規事業、イノベーションといった部分にもっとお金が回るといいなと思います。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2294:15兆円

そうですね。新たな投資を呼び込む必要がありますね。ただ、投資を呼び込む施策というのは難しいですね。

ご存知かもしれませんが、次回からGDPの算出に研究開発投資が新たに組み込まれます。
ということで、15兆円(3%程度)の押し上げ効果が得られます。
これでGDPが上がったとアベノミクスの効果とされなければ良いのですが。

2016.06.22 22:49 すけるとん #rbj6yZGk URL[EDIT]
2295:

※2294:すけるとんさん
統計のマジックですね。(^^)
15兆円は大きいですね。

2016.06.23 19:03 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する