純資産総額激減 投資信託上位1000ファンド 今週の資金流出入動向

今週(6月19日から6月17日)の投資信託の資金流出入動向をまとめました。

2015年末で純資産総額の大きかった上位1000ファンドが集計対象です。

「資金」が元本の増減から推計できるキャッシュのイン・アウトの額です。
分配があればその分のキャッシュアウトも含まれます。

キャッシュインとアウトの動向を見たいなと思ってやっているのですが、今週は資金動向よりも純資産総額の減少が気になりました。一週間で2兆円ほど消えた勘定になります。

痛みを被った投資家が多い一週間でした。


資金流入の大きかった上位10投信


Code ファンド名 元本(百万)
3231203C フィデリティ・USリート・ファンド 23,508
06311049 新光US-REITオープン (ゼウス) 12,067
53311119 LM・オーストラリア高配当株 9,747
0131115A 野村ハイパーブル5 5,490
04312047 ダイワ・US-REIT 5,256
47311988 日経225ノーロードオープン 4,987
4931112B 東京海上・円資産バランス 4,889
02313043 ラサール・グローバルREIT 3,969
03313047 ワールド・リート・オープン 3,536
02311886 インデックスファンド225 3,490

相変わらずのフィデリティのUSリートとゼウスです。分配金利回りの高さが人気なんでしょうね。

あと、興味深いのはブル5倍や日経平均のインデックスファンドですね。下がったところで買いを入れた人が多いのでしょう。


資金流出の大きかった上位10投信


Code ファンド名 元本(百万)
79312119 アジア好利回りリート・ファンド -4,538
64311051 J-REIT・リサーチ -3,372
04313119 ダイワ米国株ストラテジー -3,048
0131410A ドイチェ高配当インフラ 米ドル -2,368
02313097 日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン -2,225
04312066 ダイワ日本国債 -2,073
02311038 高金利先進国債券 -1,903
42311081 ピクテ新興国インカム株式 -1,828
79312146 日興ブラックロック・ハイ・クオリティ -1,822
3531211A GSアジア・ハイ・イールド債券 -1,789

トップは「アジア好利回りリート・ファンド」です。

毎月分配のファンドですが、6月13日の分配が200円から130円に減額になったのが影響しているようです。130円でも十分に高い気がするのですが、減額は投資家の行動に大きく影響するんですね。

フィデリティのUSリートや新光のゼウスも、分配が厳しくなって減額になれば一気に資金流入するかもしれませんね。

過去記事:分配の持続性分析 新光 US-REITオープン(愛称:ゼウス)
(ちょっと古い情報ですが)


カテゴリー別


601_investmenttrust.png

グローバルリートと国内株を除いて真っ赤ですね。

相場が軟調なので投信全体の純資産総額は大きく減っています。

明日からの相場で持ち直すといいのですが、あまり期待しにくいのかなと見ています。少しの戻りはあるにしても、しばらくは厳しい状況が続きそうです。為替にしても株価にしても戻りが重たくなっています。意外に深押しがあるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する