英国のEU離脱に思うこと BREXITとGREXIT

英国がEUから離脱するかもしれませんね。

このところ目にする言葉に「BREXIT(ブレグジット)」があります。British + Exitの造語です。英国(British)がEUから出ていく(Exit)のでブレグジット。

言葉としては、ギリシャ(Greece)がEUから離脱するという「GREXIT(グレグジット)」が先にありました。

今回は、英国のEU離脱について


BとGの違い


ギリシャ(G)の場合は、債務危機が高まったときですね。ギリシャがEUから抜けるのではと懸念が高まりました。

ギリシャがEUに留まる場合、公務員のリストラや年金の抑制など、それなりに厳しい財政の立て直しが求められます。それに、ギリシャがEUにいる以上は、通貨政策も自由度がありません。財政、金融とも縛られてるんです。

2008年、アイスランドは経済危機に見舞われました。

でも、アイスランドはEU非加盟です。財政、金融政策は自国で決められます。

で、アイスランドは何をやったのかというと・・・

通貨が暴落し、対外債務が返せなくなって銀行の破たんが相次ぎました。国内も混乱しましたが、高い利回りにひかれてアイスランドに投資していた海外の投資家の債権をデフォルト処理して再生を果たしたわけです。ようは踏み倒し。返せないものは返せない。

アイスランドにそれができたのは、財政と金融に自主権があって、独自の通貨を持っていたからです。(細かな話をするといろいろツッコミどころはありますが、政策の自主権と、独自の通貨がポイントなのは概ね間違いのない事でしょう)

アイスランドはその後、経済の再生を果たしました。


ちなみに


直近のアイスランドの格付けはBBB+です。イタリアのBBB-より高いです。

ギリシャはB-、ポルトガルはBB+。両国とも投機的な格付けですね。

ちなみに、ちなみに、日本はA+。[資料]

で、ギリシャはEUに留まる限り、アイスランドのような処理はできないわけです。ギリシャに貸し込んでいるドイツが、EUからの離脱もデフォルト処理も絶対に許さないでしょう。

ここまでギリシャ、GREXIT(グレグジット)のお話しでした。


さて、英国


英国はギリシャとは違った理由でのEU離脱ですね。

ひとつには移民問題と言われています。

英国が独自に移民政策を決めたいと思っても、EUの政策に反することはできません。そこに不満が高まっているという説です。

話を単純化してとらえると・・・

国家としての自主権と、国家集合体としてのEUの権限との確執。

それが根っこにあるのでしょう。


英国の自由度


英国は、大陸諸国とは違ってユーロは採用していません。

ジョージ・ソロスが英国の中央銀行を負かしたことが伝説になっていますが、それは過去の伝説として・・・。英国がユーロを採用せず、ポンドを使い続けるのは、

ユーロを採用したくない
金利(と通貨政策)の自主権は国家にあるべきだ

と考えているからじゃないかなと私は思ってます。


EUじゃなくても・・・


英国がEU離脱したら世界恐慌の引き金になる?

という煽り気味の話もありますが、私はあまり関係ないと思ってます。一時的なショックはあるにしても、それが世界恐慌を引き起こすとは思えません。

だって、ね。

スイスやノルウェーはEUに加盟していませんが、それなりにEUと上手く付き合って経済的にも上手くいってますからね。英国も離脱しても貿易などではEUと上手く付き合っていくでしょう。

英国は、もともと大陸とは地理的にも距離がありますし、通貨はポンドを使っているのでEUからの離脱は(経済的には)わりとスムーズかな、と。


まとめ、国家と超国家の関係性


いま、英国で問題になっているのは、政策の自主権の問題かなと思っています。

国家主権の一部をEUという超国家的な機構に委譲し、国としての自主権に制限をかけることへの問いでしょう。

国に対する国民主権(民主主義)と、汎欧州(Pan-Europeanism)という理念との軋みが出ているのかもしれません。

あ、

今日の株価下落ですが・・・

英国のEU離脱は、都合のいい口実に使われているだけの気がします。英国の影響もあるのでしょうが中国の経済指標も弱かったですし、全般的なリスクオフの動きかなと見ています。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2264:

移民問題は、根が深く、また簡単には解消できません。安倍政権の移民に対する対応だけは、未だに納得できません。安い労働力がないと立ち行かないというのなら、労働の質なり生産性の向上を考えるべきなのにもかかわらず。
それができない産業なんて、どのみち遠く無い未来に破綻するだろうと思っています。

2016.06.13 21:22 煙々 #- URL[EDIT]
2265:こんにちは〜!

ブラック(ホワイト)ウェンズデーがきっかけでユーロを採用しない事にしたんでしたね。興味深い国です。

同僚がとらさんと全く同じ順番で同じ様に説明していました。既視感というか、既視でした〜。

不思議な事に、勤め先ではStayの人は私はStayよ!と、ハッキリ言う。Leaveっぽい人は何も言わない感じです。因みに半々です。

選挙登録のサイトがクラッシュしたみたいなので、普段政治に関心を持っていない人たちが沢山押し寄せそうなので、面白い事になっています。

2016.06.14 04:24 のろのろ #- URL[EDIT]
2266:

※2264:煙々さん
移民問題は奥が深いですね。日本も移民の問題はより深くなっていくのかもしれません。
労働の生産性向上は必要ですね。能力の無駄遣いが結構ありそうな気がしてます。

2016.06.14 21:03 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2267:

※2265:のろのろさん
あら、同僚さんと被ってしまいましたね。(^^;
英国の世論を二分しているみたいですね。英国はヨーロッパというアイデンティティはありながらも、大陸とはちょっと違う独自路線を貫いている感じで興味深いです。

2016.06.14 21:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2273:煽り気味

世界恐慌になるって予言?もありますが、威勢よく(!)日経14,000円、13,000円て話が出てきて、そろそろ底??かななんてちょっと思ったりして。
上げの予想もだいたい予想に届かないものですし…。なんて。
イギリスの株価下落率の10倍かもっと下落しましたね、昨日。一昨日もその前も2~3倍以上。ウハウハしている人がいますね、きっと。

イギリスが世界の通商から締め出されるんかい?みたいな様相ですね、日本見てると。
どっちになろうとまた上に下にいきそうな感じでしょうか。

2016.06.17 14:50 みずほ #- URL[EDIT]
2275:

※2273:みずほさん
世界恐慌はオーバーだとしても、日経15,000円割れはありそうですね。このところボラティリティが高まっているのでうまく乗れた人はウハウハでしょう。私は静観中ですが。(^^;
イギリスのEU離脱はしばらく話題になりそうですね。

2016.06.17 18:54 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する