「ホリエモンと尾木ママ」の自粛論争に思うこと

「ホリエモンと尾木ママ、バラエティー番組自粛めぐり論戦」という記事がありました。
[外部記事]

私は、過度な自粛は必要ないでしょという考えです。

なのでどちらに近いかというと、堀江氏の方です。


堀江氏のツイッター


堀江氏のツイッター発言を孫引きします。

“熊本の地震への支援は粛々とすべきだが、バラエティ番組の放送延期は全く関係無い馬鹿げた行為。人のスケジュールを押さえといて勝手に何も言わずキャンセルするとはね。アホな放送局だ。

俺たち地震の被害を受けてないものは出来るだけ普段通りの生活をしながら無理せず被災者支援を行うのが災害時の対応だろう。単に「こんな時に馬鹿な番組やりやがって」というノイジーマイノリティの苦情を受けるのが嫌なだけのチキン野郎には存在意義は無い”


言っていることはおかしくないと感じます。

熊本の地震への支援は粛々と行うべき。被害を受けていない人は普段の生活をしながら無理ぜす被災者支援を行う。

言っている人の名前を隠せば、ごく普通の発言ですよね。

ただ、堀江氏というキャラの強い人物なのと、「アホな放送局」とか「チキン野郎には存在意義は無い」とか、尾木氏に対する発言も含めてですが、言葉使いとか、言いようとか、そういうところなんでしょうね。話題になるのは。


尾木氏のブログ


尾木氏の意見も理解できます。被災者の事を思う気持ちは普通に沸き起こる感情です。

尾木氏のブログでは「普段通りの楽しい番組構成に ブレーキかかるの あまりにも当然」とあります。共感の力があれば自粛は当たり前とあります。

で、被災者の事を思うとき、被災していない人は何ができるか。何をすべきで何をすべきでないのか。それを考えると、やはり、私は「被害を受けていない人は普段の生活をしながら無理ぜす被災者支援を行う」という堀江氏の意見がしっくりくるんですよね。

普段の生活を続けることが、熊本の被災者の事を思っていないことにはなりませんよね。


できることとできないこと


現場では自治体の職員や自衛隊、消防、警察といった公務員が必死で働いています。

以前、御岳山が噴火したとき、捜索のために山に登るレスキュー隊がTVの取材に答えて言った言葉を覚えてます。

みなさんも登って捜索したいでしょうが、危険です。
この先入っていけるのは我々公務員だけです。だからこそ入っていけない人の思いも自覚してしっかり捜索してきます。

こんな感じの事でした。

現場で頑張っている人を応援し、ジャマをしないこと。それが大事だろうと思います。

自粛すべきなのはバラエティ番組よりも、現場での過剰な取材合戦じゃないかなー

なんて思ったりします。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
2059:私は堀江側ですね

普段通りに消費して、忘れてそうなポイントとかは募金して、その他に現金募金してくらいで良いと思います。

報道も、競うのではなく昔の「ゆく年くる年」みたいにして、移動や搬送のエネルギーを違う形で使った方が良い方向にいくのではないかと思います。

2016.04.19 22:42 Colorless Freedom #- URL[EDIT]
2060:

私もホリエモンの考えに近いです。世界のどこかでおそらく毎日災害ってあると思うので自分の国で起こったときだけ対応するのか?っていう疑問もありますしね。

たぶん被災者も自粛しろだなんて思ってないと思います。少なくとも阪神大震災のとき私は思いませんでした。

2016.04.20 05:37 クロスパール #- URL[EDIT]
2061:

※2059:Colorless Freedomさん
そうですよね。普段通りの消費で、無理のない範囲で募金してでいいんだと思います。
報道も変なところで競って欲しくないですね。取材も被災者や支援者の負担にならないようにやって欲しいです。

2016.04.20 20:50 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2062:

※2060:クロスパールさん
どこで線引きするかという問題になりますよね。現時点での犠牲者数ならエクアドルの地震の方が大きいですし。
自粛問題は被災した人たちを置き去りにして、被災していない人たちの間での問題になってる気もして、なんだかなーという気もします。

2016.04.20 20:59 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
2065:

大きな災害などの時には、この話は何度も繰り返されますね。
経済的には自粛は災害の地元にとっても逆効果
だけど、心理的には、という感じかな。

私の場合は、災害地区の救援活動の様相を、まさにドキュメンタリーのように延々と流されるのが、精神的に大変な苦痛です。
今回も、まったく見ていません。
以前は違ったんですよ、テレビに食い入るように一日中災害救助の様子見ていましたから。
がんばれ!がんばれ!と応援しながら。

広く拡散しなければならない情報とは、どうしても思えなくなってきているんですよね。
視聴者の興味を引く報道ということと、災害報道は異なるんじゃないかと。
個人的な意見なんですけどね。

2016.04.21 18:06 いろいろでセカンドライフ #- URL[EDIT]
2068:

※2065:いろいろでセカンドライフさん
なんとなくわかります。誤解を恐れずに言うと、災害報道に人間を描くヒューマンドキュメンタリーの要素は少なくていいんだと思います。
復興の妨げにならないように、被災した人にこれ以上のストレスを加えないように、報道は最小限にとどめた方がいいと思うんです。

2016.04.21 21:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する