相場の下落局面における分散投資の効果について

このごろは相場が落ち着いてますね。

とはいえ、年初からの動きを見ると下向きのリスクが高まっているように思えます。

下がるときは急なので、あれよあれよという間に水準が変わっちゃうことがあります。しかも相関が高まりやすいので意外と深手を負います。

今回は、相場下落局面の特性について


穏やかなときと乱れるとき


相場の振る舞いを比較しましょう。

同じ海でも、凪の状態と時化のときでは振る舞いが違うように、相場も、穏やかなときと荒れ狂うときでは振る舞いが違います。

どう違うか、どのくらい違うのか

リーマンショック前後で比べてみましょう。

対象の資産は以下の4つです。
国内株式(DE) DIAM国内株式インデックス(4731102B)
国内債券(DB) 三菱UFJ国内債券インデックス(03311022)
外国株式(FE) 三井住友・外国株式インデックス(7931204B )
外国債券(FB) ダイワ外国債券インデックス(0431102C)


凪の状態


2005年1月から2007年6月(30か月)

相関係数と標準偏差

分散投資 小黒とら


時化の状態


2007年7月から2009年2月(20か月)

相関係数と標準偏差

分散投資 小黒とら


ポートフォリオのリスク比較


上の条件からポートフォリオのリスクが計算できます。

参考過去記事:ポートフォリオのリスクの計算式とエクセルでの計算方法

今回は4資産の均等配分としましょう。

まず、凪の状態です。
このときのポートフォリオのリスクは、5.71%です。

次に、時化のとき
このときのポートフォリオのリスクは、15.97%です。

同じ4資産の均等ポートフォリオでも相場環境によってリスク量が大きく変化します。

2σを前提に考えると、やられても10%ちょっとと思っていたのが、ふたを開けてみると30%を超えるリスク量だった!ということですね。

かなりの違いです。


要因は?


細かな説明は省きますね。

ポートフォリオのリスクが上昇した要因を

1. 資産間の相関の高まり
2. 各資産のボラティリティ(標準偏差)の高まり

に分けます。

そうすると、5.7% → 16.0% で、+10.3%の上昇のうち、

1. 相関要因で、+1.5%
2. ボラティリティ要因で、+8.8%

といったところです。


整理すると


あくまで過去の事例ですが、相場が下落する局面では、

1. 各資産の相関が高まって、分散効果が減じられること
2. 各資産のリスクそのものが高まること

の2つの要因でポートフォリオのリスクは跳ね上がります。

ということで・・・

分散効果が必要になる下落局面で、相関が高まって分散効果が減じられる傾向があるのは皮肉なことですね。


分散効果の低減効果


数値のみですが、分散効果を定量化しました。

分散投資 小黒とら

左から、凪のときのポートフォリオのリスク(分散効果なし)、凪のときのポートフォリオのリスク(分散効果あり)、時化のときのポートフォリオのリスク(分散効果なし)、時化のときのポートフォリオのリスク(分散効果あり)です。

オレンジで示した数値は、それぞれ分散効果なしを100としたときの分散効果ありのリスク値です。オレンジ色の値が小さいほど、分散効果が高いことになります。

時化のときは相関が高まるので、分散効果はそれほど期待できません。100のリスクが89になる程度です。

それでもないよりはマシですけど、ね。


まとめ、のようなもの


今回は、相場下落局面での振る舞いを検証しました。

過去のリーマンショックの事例では、下落局面で各資産の相関が高まり、それぞれの資産のボラティリティが跳ね上がることでポートフォリオのリスクも高まりました。

分散効果が必要な下落局面ほど、分散効果は期待できないという皮肉な結果もあります。

うーん・・・

下落局面では相関が高まることと、ボラティリティが跳ね上がることは心しておいた方がいいです。分散効果はあるにはあるんですけど、過度な期待は禁物でしょうね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1804:

こんばんは

体感的には下落局面はまだしも暴落となると現金以外はダメな気がしていました。
実際、資産クラスごとに数値的に検証するとこうなるのですね・・・
キャッシュはキングとは言ったものです。
投資で利益が上がるようになると、現金は無駄のように思いがちですが、
現金は投資という冬山登山のザイルにあたるのでしょう。
投資は冬山登山に似ていると思います。困難な季節や高さ、ルートを制すれば栄光はありますが、遭難も多いですね。
私は酸素ボンベがいらないぐらいの山でいいと思います。

2016.02.22 21:45 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1805:

私もクッション材としては現金が良いと思います。
外債は為替でやられますからね、それに低利回りですし。

2016.02.23 07:30 Tansney Gohn #SNAM66t2 URL[EDIT]
1807:

※1804:yazirobe777さん
暴落のときはキャッシュですね。落ちるときはみんな落ちますからね。
私も酸素ボンベがいらない山がいいと思います。登山は生きて帰って来るのが最大の目標ですから、安全第一でいきたいですね。

2016.02.23 21:31 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1808:

※1805:Tansney Gohnさん
そうですね。外債は為替でやられますね。
リスクオフのときはだいたい円高になりますからね。

2016.02.23 21:32 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する