「格差拡大の根本的な力r>g」だから、労働者より資本家になったほうがいい?

「格差拡大の根本的な力r>g」という言葉は、トマ・ピケティの「21世紀の資本」の最初の方に出てきます。

ピケティの本の大事なところは、長期的にみると、資本収益率(r)は経済成長率(g)よりも大きいということです。これまでのところ私はそう理解しています。

そうであるなら、労働者ではなく資本家になりましょう。

ピケティの本から学ぶことは、逆説的ですが「r>gであるなら、労働ではなく投資で稼ぐ方がいい」となります。


ともかくr>g


先に言っておくと、私はまだピケティの「21世紀の資本」を完全には読み切れていません。ですから理解不足のところがあります。

さて、ともかくr>gです。

たとえば、GDP(g)成長率が1.5%くらいしかないのに、資本収益率(r)が4%や5%もあるという世界です。

経済成長の恩恵を賃金として受け取ると考えれば、労働者の所得は(g)に沿った伸びしか期待できません。一方で資本家は(r)のペースで富が増えていく。そうであるから長年の蓄積で格差が拡大する。となります。

だから資本家になりましょう。働くより投資で食べていく方がいいです。
もちろん極論です。(笑)

リスクも考えましょう。


リスクの違い


企業に雇用された労働者の所得は、おおむね守られています。雇用されている限り、不況で会社が赤字であっても給料は受け取れます。減ることはあってもゼロになることはないでしょう。それは景気変動やビジネス上のリスクは企業が負っているからです。

労働者の所得はリスクの少ない債券投資のようなものです。

一方で資本家は、資本をリスクにさらすことで利益を得ます。景気変動の波をかぶりますし、競合他社の出現などのビジネス上のリスクも負います。うまく時流に乗ることも大事になります。

資本家が得るリターンはリスクの大きい株式投資のようなものです。


ある意味では合理的なのでは


r>gという不等式は、そのままリスクの不等式にもなります。rのリスクの方が大きいのでリターンも大きい。その点では「r>g」は必然といえるのではないでしょうか。

ですので、トマ・ピケティの「21世紀の資本」を読みながら考えていることは

1. 資本収益率(r)が経済成長率(g)よりも高いのであれば、労働ではなく投資で稼ぐ方がいい
2. でもそれは、リスクの違いを反映しているのではないか
3. そうであるなら、r>gはリスクの対価と考えられる

ということです。

まだ読み終わっていないので、そのうちまたピケティの「21世紀の資本」について書くかもしれません。

21世紀の資本

新品価格
¥5,940から



 

管理者にだけ表示を許可する