積立投資は、肉を切らせて骨を断つ戦略だと思います

相場が下落局面にある時期だから、積立投資が生きてくる。

たしかにその通りなんですよね。

ただし、積立投資は、肉を切らせて骨を断つ戦略なので、肉を切らせる痛みに耐えなきゃいけません。

今回は、肉を切らせる痛みについて


相場は循環する


株式市場はある程度サイクル性のある動きです。

2000年(1999年末)からの動きが青線、それに加えて、この先の相場は2007年からの相場を繰り返すとして線を伸ばしたのが赤線。

積み立て投資 小黒とら

もちろん、株式市場が過去とまったく同じ動きを繰り返すことはないでしょう。だから将来の予測というよりは、あくまで考え方を整理するための仮置きの話です。

さて、2年前の2013年末から、ドルコスト平均法で日経平均に積立投資をしているとしましょう。

スタート時点の株価は16,291円です。


投資家の持ち値


2年前から積立投資している人の持ち値は緑色のようになります。

積み立て投資 小黒とら

それで相場が繰り返すとしたら、2016年の8月に含み損に転落します。

その時の日経平均株価は16,569円です。

スタート時点の株価より、含み損転落の株価の方が高いのですが、それは上昇局面で買っていった分、取得単価が上がっているからです。

ただ、その後の下げ相場で取得単価の引き下げは可能です。

で、問題は損益がどうなるかです。


積立投資の損益状況


毎月5万円の積み立てで試算しました。コストは考慮しません。

2年前から積立投資をしているとして、ずっと続けると仮定します。途中で止めたり、増額や減額や取り崩しはしません。

結果は!

積み立て投資 小黒とら

2007年以降の相場を繰り返すとしたら・・・

5年以上、水面に潜ったままです。

しかも、下落局面というのは、先月買った分が今月は含み損になり、今月買う分は先月分と合わせて来月にはさらに含み損が重なることになります。

なので、図を見ると含み損が拡大していくことがわかります。


ドルコスト平均法は初心者向き?


含み損が拡大していく中で、毎月資金を突っ込んで、5年以上の含み損に耐えて、それで相場が上昇に転じたらプラスになります。

まさに肉を切らせて骨を断つ戦略です。

ドルコスト平均法は、肉を切らせる覚悟のある人がやるべきでしょう。自分がどこまで肉を切らせて大丈夫なのか、相場がどのくらい切り込んでくるのかの見積もりも必要です。

下げ相場で安く買えるのがドルコストの積立投資。

それはその通り。

で、含み損が拡大しながら買い続けていくことはあまり意識されないですね。心理的には重たいやり方ってことは意識しておいた方がいいでしょう。


まとめ、のようなもの


積立投資は、意外と重たい戦略です。

で、下げ相場で上手くいっていないときは、いったん投げて、メンタルリセットすることも大事だと思うんです。

重荷の全部でなくても、一部でも、ちょっとでも荷を下ろすと少しは楽になります。

下げ相場でどんどん積み上げて苦しむよりも、いったん投げたり逃げたりしてもいいと思うんですよ。その分のエネルギーは別に蓄えておいて、投資するつもりの分を安全な預金に積んでいって、調子が良くなったらそれを携えて参戦すればいいんですから。

投資はいつでもできます。

だから、いつも全力でやっている必要はないんです。

ときにはさぼってもいいんです。肩の力を抜いてやりましょう。何事も、ね。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1627:

日本人って「いつも全力で」「逃げない」のが
美徳とされているような気がします
それは私たちアラフィフ世代の感覚でしょうか?

2016.01.18 22:41 ともみ #- URL[EDIT]
1628:

こんばんは
今後の予想?仮置き??がありえそうで少し衝撃的なんですが・・・(笑)
積立なら今の痛みが後の資産になるものでしょう・・・だから、上がって良し、下がってなお良しと思えないといけませんね・・・「肉を切らせて骨を断つ」は本当に真理です。
個人的には今積立は個別にほぼ最低(月500~2000円 忘れない程度)にして様子見ですが、初心者向きと言われる「ほったかし簡単的」なら積立額はいじらないものなのでしょうか?・・・
う~ん、それもきびしい気がしますね。・・・

2016.01.18 22:47 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1629:

こんにちは、小黒さん。

僕は積立を続けていますけども、その状況で金額を変えていますし、プラスであれば一度売却して次の機会に備えるのも一つの手だよな・・と試行錯誤しながら投資を続けています。

他に何か熱中できることがあり、メンタルが強靭な方であればいいのでしょうが、いくら自分の中でこのくらいなら耐えられるなんて言っても実際になってみないとここ数年で投資を始めた人って掴めないだろうなぁ。。と感じています。

そんなことを書いている僕もまだまだ未熟者ですけど(笑)

2016.01.18 23:03 ふわわた #- URL[EDIT]
1630:

一番いいのは、下降局面を見定めて資金を撤退した後で、再び上昇局面で投資を再開するのが一番だと思うのですけどね。波がある程度規則性があるのなら、それって読み取れないものかどうか?それが一番知りたい話ではあります。

戦略的撤退!投資の世界でもアリですよねぇ。。。

2016.01.19 00:02 煙々 #- URL[EDIT]
1631:

やはり、景気の悪い時に買って良い時に売るのが正解ですね。
積み立てる場合でも、穴の空いたバケツのようなアセットクラスへもお金を放り込むのはもったいないです。

竹中正治さんの「今こそ知りたい資産運用のセオリー」光文社 がなかなか良かったです。

2016.01.19 08:39 Tansney Gohn #SNAM66t2 URL[EDIT]
1632:

今後下がっていくのか上がっていくのか
よくわからないから積み立てしてるってのが大半なわけですし。

積み立てを続けるのなら積み立てが含み損になったら
積立額を減らすとか積み立て間隔を伸ばすとか
そんな工夫が必要なのかもしれませんね。

でも経験上含み損の時こそがっつりと買いたいですが(笑)

2016.01.19 09:50 塩蔵 #- URL[EDIT]
1633:

※1627:ともみさん
逃げずに頑張るのを美徳と感じる人は多いと思います。
耐えることに美を感じるんでしょうね。
世代間ギャップはありそうですけど。(^^;)

2016.01.19 21:05 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1634:

※1628:yazirobe777さん
歴史は繰り返す、かもしれませんね。
つらくて寒い冬を乗り越えれば春が来ますから、肉を切らせながら頑張るのはありなんでしょうね。

2016.01.19 21:12 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1635:

※1629:ふわわたさん
そうですね。メンタルが強靭な方には向いていますよね。あとはサラリーで補てんできる人でしょうか。
投資は難しいですね。だから私もつねに試行錯誤です。

2016.01.19 21:17 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1636:

※1630:煙々さん
波はあると思うんです。上手く乗れるかどうかは微妙ですけど。
ピンポイントで当てるのは難しいから、おおまかに高値圏、安値圏の判断ができてそれに合わせて投資額を増減させればいいのかなと思ってます。
戦略的撤退!投資の世界でもアリです。
逃げるが勝ち。この言葉は心に刻んでます。(^^)

2016.01.19 21:21 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1637:

※1631:Tansney Gohnさん
投資の基本(理想?)は、安いときに買って高いときに売るですね。景気の悪い時に買って良い時に売るのが正解だと思います。
竹中正治さんの本ですね、見つけたら読んでみようと思います。

2016.01.19 21:23 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1638:

※1632:塩蔵さん
そうですね。今後下がっていくのか上がっていくのか、よくわからないから積み立てしてるってのが大半の人だと思います。
投資歴の浅い人も積み立てしていると思うんです。だから、意外とつらい時期を過ごす可能性もあるんですよというのを知っておいてほしいとも思います。

2016.01.19 21:29 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する