元もウォンもいらないから、円とドルが欲しい

為替市場で中国の人民元と韓国のウォンが弱いですね。

その他の新興国通貨も弱いので元とウォンに限った話ではないのですが、東アジアで見ると円の強さが際立ちます。

今回は、為替市場から投資を考えます。


リスクオン・リスクオフ


市場のニュースを見ていると、リスクオンとかリスクオフという言葉を目にします。

リスクオンはリスクを取っていくことで、強気ですね。
リスクオフはリスクを落としていくことで、弱気です。

で、いまは、市場全体としてはリスクオフです。リスクの高いものを売っていく流れです。


リスクの高いものと低いもの


市場がおかしくなってくるとリスクの高いものを売って、リスクの低いものに入れ替える人が増えます。

株式を売って預金に逃がすのもそうです。

で、為替におけるリスクオフの局面では、信用リスク(カントリーリスク)の高い国の通貨が売られて、相対的に大丈夫な国の通貨が買われることになります。

利上げしている米国のドルが強くなるのは分かりますが、それ以上に円が強いのは、日本の対外的な支払い能力の強さによるものです。相場が不安定なときに円が強くなるのは、日本は対外純債権国で、かつ、経済の基盤がそれなりに強いことの裏返しです。

日本の場合、財政の巨額赤字とか少子高齢化が言われますけど、そういう次元とは別に国際競争力では十分に強いんです。慢心はいけませんけどね。

リスクオフになると、元やウォンは売られても円は買われる。そういう傾向があります。


円が買われると


円が買われて円高になると、日本株は弱くなります。

必ずしもそうとは言えないのですが、傾向としては円高=株安です。

円高になると日本の輸出産業がダメになって・・・という説もありますし、国際的な裁定取引(international arbitrage)の影響という見方もあります。

ともかく円高になると日本株は売られやすいとは言えますね。

あと、円高になると日本ではインフレ期待が弱まって、デフレ圧力が強まります。円高デフレという言葉もありますね。原油価格が安くなっているので、ますますデフレ気味の世の中になるかもしれません。

デフレ環境下では企業業績は上がりにくいですし、投資意欲も弱まります。株式市場に悪い影響がのしかかってきます。


まとめ、のようなもの


リスクオフの局面では、為替は円高になって日本株は下落しやすいです。

グローバルな国際分散投資をしていても、円高に進めば外貨資産は目減りしますね。

為替市場を見ていると、なんとなーく、中国と韓国、その他の新興国で不安を感じます。中国の輸出企業は、貿易の受け取りに人民元ではなくドルを求めるというニュースもあり、また、韓国が日本との通貨スワップを求めているというニュースもあります。

元、ウォン、その他の新興国通貨の弱さが気になるんです。

日本株は、年初から急に下がったので反発はあるんでしょうけど・・・

出てくるニュースは明るいのは少ないですね。

過去記事
中国はどのくらいヤバいのか
米ドルが強くなると困ること

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1593:

こんばんは
元もいらなきゃ~ウォンもいらぬ~~
わたしやも少し背と円が欲しい~~~
見たいな感じですか? (笑)
日本にいると円は生活費、国債は価値がないように思えますが、世界的には悪くないのでしょう・・・
最近少し日本国債を見なおしています。

2016.01.12 21:41 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1594:

※1593:yazirobe777さん
玉川カルテットですね。
小さいころテレビでやってましたね。(笑)

円は世界的には悪くないんでしょうね。国際的には安心できる通貨ですから。

2016.01.12 22:09 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する