タイミング戦略とリスク管理にどれほどの違いが

このところ相場が揺れてますね。

世界的に株式市場が軟調ですし、中国では人民元の動向も危うい感じがしてます。

少しずつこれまでとは違った風が吹き始めたのかもしれません。いまのうちにじっくり自分の投資スタンスを見直してもいいでしょう。

今回は、リスク管理について


考え方の整理のために


いつ投資するか、いつ手仕舞うか。これはタイミングのお話です。

ただ、これってリスクの方に目を向けて表現を変えれば、「いつリスクを増やすか、いつリスクを落とすか」というリスク管理の話になります。

そこで、ね。ちょっと考えてみましょう。

相場は予想できないんだから、タイミングをあれこれ考えても意味はない。タイミングのことを考えるのは○○のすること。長期的な視点を持っていれば短期的な動きに一喜一憂することはない。淡々と積み立て投資をしていくのみ。

というと、なるほど!と思いますね。

でもね、と。次のはどうですか?

相場は予想できないんだから、リスク管理をあれこれ考えても意味はない。リスク管理のことを考えるのは○○のすること。長期的な視点を持っていれば短期的な動きに一喜一憂することはない。淡々とリスクを増やしてしていくのみ。

というのは、ん?と思いませんか。

表現の仕方によって受ける印象はだいぶ違いますね。

あ、○○に入る言葉はネガティブな単語を適当に入れてください。(^^;


タイミング戦略とリスク管理


タイミング戦略とリスク管理は深く考えると別の点もあるのですが、今回はわりと浅く考えましょう。どちらもやることは投資量のコントロールなので、共通しているということで。

でね、と。

ここで考えたいことは、「相場は予想できないんだから、□□をあれこれ考えても意味はない」についてです。

相場は予想できないから、相場がどうなるかを考えても意味がない。
相場は予想できないから、タイミング戦略を考えても意味がない。
相場は予想できないから、リスク管理を考えても意味がない。

んー

そういう達観した心はありだと思います。そういう考え方で投資に臨むのは一つの哲学ですから。ただ、私はそういう考え方はしていないし、人にはコア戦略としては勧めないというだけのことです。


相場はまったく予想できないか


相場がまったく予測できないと考えるなら・・・

それって、どの目が出るか分からないルーレットに賭けているのと、本質的なところで何が違うんでしょう。

ギャンブルは期待値がマイナスで、投資は期待値がプラスという話もあります。となるとギャンブルと投資を分けるものは、賭ける対象がネガティブサムか、プラスサムかの違いってことでしょうか。

んー

あるいは、ね。

いやいや、運に賭けるのがギャンブルで、自分の判断に賭けるのが投資だよ。

という考え方もありじゃないでしょうか。


自分の判断に賭ける


私は、株式市場は世界経済の動きにやや先行して動くと考えます。

となると、世界経済の先行きを予測し、世界の金融や政治の動向も見て、いまの株価水準が割高なのか割安なのかを考え、それで、ポートフォリオのリスクを見積もって、いまの投資量が適切なのかを判断することになります。

その判断が、もっといけるぜ!ならリスクを積み増して果敢に攻めればよく、まーまーかな、なら現状維持でしょうし、この先雨が降りそうだ、ならリスクを落として雨に備えることになりますね。

これはリターンから見ればタイミング投資ですし、別の面から見ればリスク管理です。

判断は頻繁じゃなくていいんです。

そういう判断をするかしないか、ですから。


まとめ、のようなもの


アベノミクスのアゲアゲ相場も変わりつつあります。

タイミングに賭けた投資にはネガティブな印象を持つ方も多いのですが、別の角度から見るとリスク管理です。タイミング投資もリスク管理も、狙いとしては大きな違いはありませんね。

やられは少なく、リターンは大きくを狙うという点で。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1557:

こわいですね・・
ジェットコースターのてっぺんにいる感じです

ただちょっと安くなると「買いたい虫」が
騒いでしまいそうで(-_-;)
どこが底だかわからないので
良いタイミングまで傍観者でいられるかどうか
自分との戦いでもありますね

2016.01.06 22:00 ともみ #- URL[EDIT]
1558:

こんにちは。
今日もよく下がりましたねぇ。
(私はひたすら傍観中です)

仕事が休みだったので、下の子の就職準備をしてきました。
(今回はスーツを2着追加購入)
なかなかのお値段で、母の財布は空っぽです(T^T)

そろそろ相場が上昇に転じてくれないと、
本当に枯渇しちゃいそうです(苦笑)

冗談はさておき。
投資信託を卒業してから、事あるごとに不思議に思うんですが…
投資信託派に損切りという考え方が薄いのはなぜでしょう?

個別株やETFより、投資信託の方が
リスク管理が難しく、かつ、重要に思えるんですが…。
(意味が伝わりにくかったらごめんなさい)

2016.01.07 16:51 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
1559:

※1557:ともみさん
どこが底だかわからないですよね。
待っているのもつらいものです。つい早く降りたり、早く買ったりしちゃいますよね。
自分とのたたかいですね。それが一番難しい。(^^;

2016.01.07 20:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1560:

※1558:みみんさん
お母さんは大変ですね。(^^)
投資信託派に損切りという考え方が薄いのはなぜなのか、私も少し不思議に思ってます。おそらく投資の指南書の多くに損切りとかリスク管理の話がないからだと思います。
やられを少なくして致命傷を負わないことが大事だと思うんですけどねー。

2016.01.07 20:20 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する