このペースで破綻が続けば、2016年にはさらに増える可能性がある

米国の石油・ガス会社の10-12月期の破綻件数が増えています。[外部記事]

原油価格の下落が、米国の石油・ガス生産会社にとって財務面で大きな負担になっているためデフォルト件数が増えています。今回のタイトルはその記事から取りました。

今回は、ちょっと暗いお話しです。


懸念すべきニュースが増えている


最近、ちょっと警戒的なニュースが増えてます。

今回のニュースは原油価格の下落が、米国のエネルギー関連企業の重石になっているというものです。米国のシェール革命は大々的に喧伝されてきましたから要警戒です。

投信でも、資源やエネルギー関連で、シェール、エネルギー、インフラ、MLPなどのキーワードが入ったファンドも多いですし。

シェール革命の名の下に、エネルギー関連企業の株式にお金が入ってますし、ハイイールド債券ファンドを通じて社債にもお金が流れました。そのため、エネルギー関連企業は好況を謳歌してきました。

で、ここへきて流れが変わりつつありますね。


エネルギーセクターは苦しい


ハイイールド市場でエネルギーセクターは大苦戦です。

生活必需品の食料品セクターと、エネルギーセクターの明暗はハッキリしてます。それにクレジット格付けの違いでもBB格とCCC格で違いが拡大しています。

で、いまハイイールド市場で何が起きているかというと・・・

質への逃避ですね。

リスクの高いエネルギー関連企業や、破綻懸念の高い格付けが避けられて、生活必需品やハイイールドの中でも相対的には格付けの高いBB格へお金が移動しているとみられます。

で、こういう局面でいろいろなレポートを読むと、格付けの高いものを選択していますとか、個別銘柄の選択がより大事になりますとか書かれています。

ただ、ねー

ハイイールド市場全体が、グラグラ揺らいでいるように思えるんです。

この先、エネルギー関連企業の破綻が増えれば、ハイイールド市場全体がより不安定化するんじゃないかなーと思います。市場全体が不安定になったら、個別銘柄の選択の効果も限定的だろうなーと。

ちなみに、冒頭に引用したニュースでは、多くの米企業の生産コストは国際的な競合企業よりも高いと書かれていて、「このペースで破綻が続けば2016年にはさらに増える可能性がある」とのことです。

原油価格と、米国のエネルギー関連企業の信用リスクは相関が高そうですね。要警戒です。


他にも警戒が必要なこと


米国を離れて、もう一つの懸念材料です。

「中国企業3社、社債償還に応じられない恐れ」というニュース。[外部記事]

こちらも信用リスクが関係したニュースです。

中国の企業3社が、景気の減速や過剰生産能力や営業赤字を理由に行き詰っています。中国でもデフォルト率が上昇しそうです。

こちらも米国のエネルギー関連企業と同じように、過剰な生産能力と商品価格の低下に苦しんでます。

この先、待ち受けているものはデフレ的な経済でしょうかねー


警戒モード?


米国のエネルギー関連企業も中国企業も、一部の新興国も、みんながみんなバランスシートの調整が避けられないかもしれません。

バランスシートの調整とは、過剰生産力の廃棄であったり、人員や借入れの圧縮であったり、まあ、要は「リストラ」です。

世界的な量的緩和で一部にバブル的な要素が生まれて、中国ではそれが弾けているわけです。中国のバブルが弾けたのは中国当局も認めているので、この先はバブル処理が続くんだろうと思ってます。

米国は米国で、自国の期待インフレ率と潜在成長率からみて、現時点でのゼロ金利は緩和的すぎるので少しずつ締めにいってます。

債務の高い新興国は、この先ちょっと大変になっていきそうです。

経済の方向性を考えると、やはり警戒モード入りですね。


まとめ、のようなもの


デフォルト率って、ある程度のトレンド性があるんですよね。

動きに慣性が働く感じで、一度上昇し出すとしばらくは上昇の方向で進んでしまうという流れです。

で、やはり思うのは・・・

ハイイールド債券(新興国債券も)の警戒的な見方は始まったばかり

ということです。

2016年は2015年よりもシビアな投資環境になる気がします。

外れたほうがいい予測ですね。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1499:

こんばんは
ハイイールドに関しては織り込み済みとも第二のリーマン化とも言われていますね。判断は難しいのですが、どちらも起こりえると思います。 シェール関連は無謀な投資で破綻する所もあってリグの稼働は減っているようですが、一部は生産性が向上して原油安にも適応可能のようです。
いずれにせよ過剰なリスク展開は無謀かと思います。一部は残しても良いですが、増やすのは無謀でしょう。

2015.12.26 20:59 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1500:

※1499:yazirobe777さん
こんばんは
ハイイールドの判断は難しいですよね。だいぶ織り込まれている気はしますが、おそらくこの先の世界経済は減速方向でしょう。そうするとやはり環境としては厳しくなりますね。
おっしゃるように増やすのは危険でしょうね。いまはキャッシュポジションを多めに持って様子を見るのがいいと思ってます。

2015.12.26 23:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1501:

こんにちは。自分も投資に興味を持ち、成績はあまりよくないながらもゆっくりと運用を試みています。インターネットでネットサーフィンをしていたら、偶然ブログに行き当たりました。相場についてよくわかるブログで、勉強になりました。
ハイイールド債は自分も興味があったのですが、なかなか投資インするタイミングがここ2、3年なく待っていました。
23日に自分もブログに考えたのですが、米国ETFのJNK投資をこのタイミングで少額始めることにしました。ハイイールドのBoAメリルリンチ指数などで見てみても、全体の米国10年債に対するイールドスプレッドは6%を超え、一時7%に達しています(JNK事態の分配利回りも6%越えてきました)。JNK,HYG等のリーマン時の下落率も40%程度、BoAメリルリンチ指数の長期での推移を見てもドットコムバブル破裂時も4割までは下落していません。小黒とらさんも考察されているように、自分も米国株指数はどうしても割高にみえて、来年あたり、下落する可能性も十分あるように考えています。12月に入り、昨年高値からは現在JNK、HYGは20%ほど下落しており、ここからゆっくり買い下がり始めてみようと思っています。米国株下落もほとんどまだなく、まだ待ったほうが良いかなとも迷いましたが、利回りも考え、中長期に持つ気で自分はイールドスプレッド、全体の下落率から、ここ数年での買いイン開始の判断としました。底を見た後の回復期の投資が良いことが書いてありましたが、常に底にいるときに底はわかりにくいもので、ハイイールド債について小倉とらさんの投資方針、イールドスプレッド、利回りなどの判断基準等あれば教えてもらえればと思いメールしました。

2015.12.27 06:07 くたびれ父さん #- URL[EDIT]
1502:

※1501:くたびれ父さんさん
コメントありがとうございます。
ブログを拝見しました。ハイイールド債は「炭鉱のカナリア」ですね。
ハイイールド投資についてですが、イールドスプレッドはだいぶ拡大しましたが、ベースの米国債利回りの上昇余地があるため、金利リスクの点でハイイールドの利回りが落ち着くのはもう少し先かなと思ってます。
また、信用リスクの点でのハイイールド債の判断は、イールド水準と将来デフォルト率の読みだと思いますが、金融が締まり出した影響が現れるのはこれからで、実際のデフォルト率がどのくらいに高まるかが不透明なので慎重に見ています。
相場の特性の点では、ハイイールドと株式の相関は高く相互い影響し合うので、株式の下落につられてハイイールドのもうひと押しがあるかもと思ってます。

ただ、ハイイールドは成長の果実を取る株式とは違って、定められた金利を取る債券への投資なので、イールド水準が妥当と判断して長期で耐え切れば報われる可能性は高いと思います。たしかに底はわかりにくいですね。
ところで、くたびれ父さんさんのブログのきれいなビーチ画像に癒されました。(^^)

2015.12.27 12:18 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1504:

こんにちは

前の方コメントを拝見して自分も米ETFのJNKを保有していることを思い出しました(笑)
数年前から買い持ちで結構、安定していましたが、最近は急落していますね。
だだ、毎月の配当がで痛みが緩和してくれます。
基本は忘れていた資産なのですが、気がつけば毎月の配当金が積み上がってるので、売らずに忘れ続けたい(保有し続けたい)と思っています。嵐が去ったら買い増しも検討したいです。
そのうち配当金の合計が投資資金を上回ってくれればラッキーなのですが、XOMを買ったりしています・・・(大笑)
今後も記事を参考にバイアスを修正したいと思います。
期待しております。
良い週末を!

2015.12.27 15:00 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1506:

※1504:yazirobe777さん
ハイイールド債券は目先は警戒的に見ているのですが、長期で耐えればその間のインカムが積み上がるので長期投資が報われやすいと思います。前から投資していて、この先も投資し続けるつもりなら目先の嵐を乗り切るというスタンスもいいんでしょうね。債券投資と長期投資は相性がいいと思いますので。

2015.12.27 21:51 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する