2016年日本経済 浜矩子氏襲来の年になる!?

今日のタイトルは、高橋乗宣氏と浜矩子氏の共著である「2016年日本経済 複合危機襲来の年になる!」から取りました。ほとんど勢いで付けちゃいました。

ボジョレーヌーボーの品評や、映画のアルマゲドンシリーズと似たようなエンタメ性が受けてます。

ここ数年はシリーズ創設者の高橋乗宣氏の影が薄くなって、すっかり浜矩子氏のキャラが前面に出ている気がしますね。

で、今回は、キャラを立てることの重要性についてw


キャラを立てる


浜矩子氏に限らないお話しです。

メディアで取り上げられるのは、キャラが立っている人か、キャラが立っているストーリーが必要なのかなーと思います。

キャラが立っているストーリーだなーと思ったニュースを引用します。

孫疲れ高齢者 時間とお金すり減らすも感謝されず不満を感じる [外部記事]

平均寿命100才時代に近づく今、孫ができても、人生はその先20年30年と続く。老後の習いごとや友人との交流を楽しむシニアが多いなか、「孫のせいで老後の時間がなくなった」と嘆く声も多い。(略)

私はハンドバッグだけ抱えて家を飛び出し、6時40分くらいの新幹線で東京駅から京都駅に向かいます。8時過ぎに娘の自宅で孫を受け取り、娘は会社に直行。私は小児科に飛び込み、孫の熱が収まるまで3日ほど娘宅に泊まり込みます。


あの・・・ 

「平均寿命100才時代に近づく今」ですか。そうですか。

いや、あの・・・

まあ、いいや。


野暮を承知で


野暮だってのは承知してるんですよ、こういう記事を真に受けるのは。

でもねー

ついでにもう一つツッコミ。

6時40分くらいの新幹線で東京駅から京都駅に向かって、8時過ぎに娘の自宅で孫を受け取るのは無理です。

ムリムリ、ぜったいムリ。

西村京太郎氏のミステリーでも無理。

東京と京都は、新幹線のぞみで約2時間20分ですから。


エンタメ系の読み物?


先にあげた記事はツッコミどころ満載ですね。

最近、ネット上の記事って、ツッコんでくれってオーラがプンプンの記事が多い気がします。

それはそれでエンタメ系の読み物として楽しめばいいんでしょうけど。

んー

やはり、ツッコむ方が野暮なんでしょうね。

平均寿命100才時代でもいいや。

で、私は寿命に関しては平均以下を目指したい。(^^;


で、浜矩子氏


来年、2016年は、そろそろ浜氏のご宣託が当たるかもしれないなーと思ってます。

バブルかどうかは別にして、世界的に調整局面入りもあり得るかなと思ってます。米国の金融緩和が長く続いていたので、世界各地に(特に新興国に)低金利のドルでの負債が増えてますからね。

来年は浜矩子氏が注目される年になるのかな・・・

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する