金融庁がブレーキをかけ始めましたね

金融庁、不動産融資急拡大で一部金融機関からヒアリング [外部記事]

これは・・・

宴の終了を感じさせるニュースです。

今回は、この先について弱気のお話です。


金融当局と不動産


過去記事「先行きの不動産市場の動向については、注視していく必要がある」でも書きましたが、金融当局(金融庁や日銀)が不動産融資にヒアリングをかけて来たら要注意です。

金融庁や日銀にとって、バブルといえば不動産バブルです。株のバブルよりも実物資産である不動産の方をより重視しています。一般国民への影響度が大きいからです。

4月の段階で日銀は少し警戒していました。

で、「米国の利上げが見えてきました この先の投資環境について」でも触れましたが、最近、日銀は不動産業向け融資が増えていることを気にしてます。

日銀が追加の金融緩和に動けないのは、不動産業向け融資が増えているからだろうと私は思っています。


マクロ・プルーデンス


日銀は物価の安定と金融システムの安定を政策目標にしてます。

マクロ・プルーデンスという考えですね。だから、いまのように不動産向け融資が増えている状況では、いくら期待インフレ率が低下しているとはいえ、追加金融緩和には動けません。

日銀の政策は難しい局面ですね。

当面は金融庁と日銀は「ヒアリング」という名の行政指導をするんでしょうね。個別銀行に。


一部でブレーキを踏み始めたかな


市場が崩れるのは金融のスタンス変更からですね。

ジャブジャブにイージーマネーを流していた局面から、低クレジットの先には融資が流れにくくなるのが転換点です。

米国では利上げが見えてきて、日本では不動産向け融資の増加に懸念が示されました。

で、資源価格やエネルギー価格の下落。新興国のスローダウン・・・


まとめ、のようなもの


不動産融資急拡大で一部金融機関にヒアリングは気になるニュースです。

慎重にならざるを得ない局面に入ってると思います。

ま、あまり楽しくない話題でした。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1442:

過去のバブルの時のような過熱感は感じられませんが
都心の新築マンションの信じられないような
値段を見ると、一部では不動産バブルが生まれて
いるのでしょうか?
この先超高齢化社会と人口減をむかえるこの日本に
バブルが生まれることが理解できません
成熟という、ゆったり枯れていく社会を
望んでいたんですけれど・・・

2015.12.10 22:37 ともみ #- URL[EDIT]
1443:

あのバブル崩壊も日銀の総量規制からでしたね。三重野だったかな。

2015.12.11 00:19 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
1444:

こんばんは
確かに気になる記事ですね。
そろそろ最後の乾杯の前ぐらいでしょうか?
結構、いい宴会でしたね・・・
2次会はどうしましょうか?(笑)

2015.12.11 01:34 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1445:

※1442:ともみさん
あまりバブル感は無いのですが、一部では不動産が活況みたいです。
それはそうと、ゆったり枯れていくっていいですね。ゆったり静かに、おだやかに時が過ぎていきながら、それでそれなりに不安と不満がないのが理想です。

2015.12.11 20:26 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1446:

※1443:招き猫の右手さん
そうですね。総量規制が80年代のバブルを終わらせましたね。あのときは急ブレーキを踏み過ぎたと思います。

2015.12.11 20:27 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1447:

※1444:yazirobe777さん
結構いい宴会でした。私は十分楽しみました。
2次会は遠慮しておきます。胃腸は大事ですから。(^^;

2015.12.11 20:29 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する