「長期運用だから」と言うが、短期でも「損は損」だ、という考え方

GPIFが7~9月期の運用実績で約8兆円の損失となりました。

正確には7兆8,899億円です。

スーパーの値札のようですね。

8兆円なら大きいけど、7兆8,899億円ならチョットお得かも。

なんて心理は・・・ 働かないでしょうね。

ともかく、今回はGPIFの運用から長期投資を考えます。


短期的な損であっても、「損は損」


山崎元氏のダイヤモンドオンラインの記事を引用します。[外部記事]

短期的な損であっても、「損は損」であり、その後に必ずそれが取り戻せるという保証はないのであって、「長期、長期…」と言い募るのは、不適切だ。


このポイントは興味深いです。

この考え方をもとにして、長期投資を検討しましょう。

前提を整理します。

長期投資を前提にします。長期投資がいいか悪いかの議論は置きます。

また、GPIFや個人といった投資主体の違いは問いません。長期投資の「基本的な考え方」を検討するので「GPIFの長期投資」、「個人の長期投資」といった使い分けをする必要がないからです。


さて、論点です


長期の投資家は、

1. 投資のリターンを得るには長期が必要。だから、短期的な動きに一喜一憂すべきでない。
2. 短期的な損失が取り戻せる保証はない。だから、長期、長期…と言い募るのは不適切。

さて、あなたはどちらの考えに近いですか。

どちらが「正解」というのではなく、どちらが自分にとって「しっくりくる考え方」か、という問題です。


一般的には、気にしない派が優勢


長期投資だから、四半期の損益に一喜一憂しない。

投資のリターンを得るには長い期間が必要だ。腰を据えて長期投資を続けるのみ。

こういう考え方が一般的ですよね。

先ほどの選択では、多くの人は「1」の考えに近いのでないでしょうか。実際、投資の指南本やネット上の記事で、評論家やFPは短期的な利益や損失に一喜一憂すべきでないと言います。


短期的な損失が取り戻せる保証はない


四半期の損益に一喜一憂しない、とは異なる意見もあります。

短期的な損失が取り戻せる保証はない。

だから、長期、長期…と言い募るのは不適切。

こういう考えもありますね。

今回、山崎氏はGPIFにこの考え方をあてはめています。


大事なのは、そのときどきで・・・


投資家は、短期の変動をどう考えるべきか。

「一喜一憂しない」でも、「長期、長期…と言い募るのは不適切」でも、どちらでも自分のしっくりくる考え方でいいんだと思います。

私の場合、4~5年の投資期間でトレンドを考えます。それで、大きなトレンドの中にある(と私が思っている)ときの短期的な変動なら、一喜一憂しないように努めています。

で、私が思う、一番マズイ考え方は・・・

ケース・バイ・ケースで使い分けること

です。

人間なのでそのときどきで考え方にブレはあります。「ブレ」や「変化」はいいんです。

「使い分け」でなければ。


まとめ、のようなもの


長期投資において、短期的な変動をどう考えるかは永遠のテーマです。

短期的な変動に一喜一憂しない。
それは、長期的な保有で果実が取れることへの期待が背景にあります。

短期的な損失が取り戻せる保証はない。
となると、長期的な保有でもマイナスのままということもありえます。

長期投資、あなたならどう考えます?

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1391:

長期投資ですけど、
四半期の損益どころか、
日々の損益に一喜一憂してしまいますね。
一喜一憂せずにすむような強いメンタルがあればいいんですけど、
残念ながらそうではないので。

というか、
まったく一喜一憂しない人のメンタルが私には理解できないです。
そんな心境になれるの?
すごいな、(; ̄Д ̄) マジですか?
という感じですよ。

2015.12.02 20:07 mushoku2006 #/EliecKQ URL[EDIT]
1392:

ケース・バイ・ケースでの「使い分け」・・
してしまっているかも・・
一喜一憂・・結構しています
相場のサイクルで考えれば、
たぶんこの先は弱気でいたほうがいいような気もしますが、思いのほか強い相場に、利益確定した後
「早く降りすぎ?」と思う今日この頃です

とらさんのように信念を持って立ち向かいたいものです


2015.12.02 22:24 ともみ #- URL[EDIT]
1393:

こんばんは
新聞でも読みましたが、多分8兆円の損失は現在では戻っていて、利益が出てそうな気がします。

運用銘柄が下がって損失が発生した場合は銘柄についての理解度が重要で、分かっていないと損が発生したになりますが、良く理解しているなら絶好の買い場と思います。
スイング的な1週間と5年前後を見る場合は対応が異なるかと。
自分の場合は短期的な変動はチャンスと思える投資を心がけていますが・・・
今回のテーマは難しいですね。

2015.12.02 22:49 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1394:

とら様、こんばんは。

GPIFの件ですが、私は『その程度の損失でよく収めたなぁ』と感心しました。
金額だけ見るとたしかに大きいですが、パーセンテージだと納得できますし、
それ以降に、どれぐらい取り戻せているかの方が興味津々です。


私は、中長期に懲りて短期(数日単位)に方向転換、試行錯誤の最中ですが、
以前より投資を楽しめているし、感情も上下の振れ幅が確実に小さくなりました。

なので、どちらを好むかはメンタルや経験の影響は、かなり大きいように思います。

今後の課題は、大きく下げた時にどうするか…ですね。

数年単位で上昇を大きく取りたい気持ちも捨て切れませんが、
底もてっぺんも大間違いして、頭を抱える昔の自分の姿が走馬灯のように…(涙)

2015.12.03 00:25 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
1395:

『50年あれば、期待リターンにほぼ収束する。』ですねぇ…。

『期待値』という概念に誰も触れていないですよね。

最初の20年は期待リターン通りの収支ではなかったので、期待値が貯まっている。
だから、今からの30年でその貯まった期待値が放出される。

という考え方をしている投資家さんがあまり見受けられないような気がします。

2015.12.03 19:18 そう #- URL[EDIT]
1397:

※1391:mushoku2006さん
私も一喜一憂します。だから私の場合、本文で一喜一憂しないように「努めています」と書いてます。努力目標です。(^^

2015.12.03 21:16 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1398:

※1392:ともみさん
使い分けというよりは、心のブレなだけかもしれませんよ。
私も一喜一憂しますし、早く降りすぎたかもとか思うときはあります。まあでも、おおまかに、そこそこ上手くいっていればいいかな、と思うようにしています。

2015.12.03 21:21 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1399:

※1393:yazirobe777さん
そうですね。今回のテーマは投資スタイルによっても異なりますからね。どのくらいの投資期間で利益を考えるかで、短期と長期も異なりますからね。
大事なのは自分なりの考えでやっていくことでしょうね。

2015.12.03 21:23 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1400:

※1394:みみんさん
GPIFはパーセンテージだと納得できますね。
自分の投資では、やはり自分のスタイルに合ったやり方がいいと思うんです。長期でやりたい人は長期でやればよく、短期的に積み重ねていく人は短期的にやっていいんだと思います。
ある人にとっていいことが、自分にとっていいこととは限らないですし、自分にとっていいことは時間を経ると変わるかもしれません。だから頑なにならないのが大事ですね。

2015.12.03 21:28 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1401:

※1395:そうさん
長期投資の期待値と、オーバーシュートとアンダーシュートの関係ですね。長期の投資を考える上では興味深いテーマです。

2015.12.03 21:32 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する