インデックス投資 バイ&ホールドと利益確定の比較 中央値と最頻値

前回記事「インデックス投資、途中で利益確定したらこうなった」の続きです。

バイ・アンド・ホールドと利益確定を入れる投資法の比較をまとめました。

今回は、「自分にとっての」投資法について


バイ・アンド・ホールドと利益確定


前回までに使った図を棒グラフにしました。

バイアンドホールド 小黒とら

横軸の単位は百万円。出来上がりの金額は500万円単位で括ってます。5000万円以上は省略しています。

赤が30年1本勝負のバイ・アンド・ホールド戦略の出来上がりの分布です。緑色は利益確定を入れながら運用したケースです。ともに投下資金は1800万円です。

試算の前提は前回記事をご覧ください。

さて、この結果から何を考えるか・・・


数字の確認


シミュレーション結果を数字で確認しましょう。

期待値(平均値)
バイ&ホールド戦略:2,917万円*
利益確定を入れる戦略:2,198万円

最頻値(500万円単位の括り)
バイ&ホールド戦略:1,500万円
利益確定を入れる戦略:2,500万円*

中央値
バイ&ホールド戦略:2,232万円
利益確定を入れる戦略:2,400万円*


期待値を見ますか、それとも最頻値、中央値?


期待値(平均値)で見ると、バイ・アンド・ホールドが優れています。

でもね、と。

期待値(平均値)って、ミスリードだったりしますよね。

よくあるのは年収の分布です。少人数の高年収の人がいることで、全体の平均が高く出ます。貯蓄額の分布でも同じですね。

だから収入や資産の分布を見るときは、平均だけでなく、どの層が多いのか(最頻値)、どこが中間点か(中央値)も見た方がいいわけです。

で、最頻値と中央値を見ると、利益確定を入れる戦略の方が優れています。


シミュレーション結果からわかること


バイ・アンド・ホールド戦略の結果は年収分布に似た形です。

つまり、「多数の低」と「少数の高」で、「全体としては」高くなっています。

それに比べて利益確定を入れる戦略は、高収益を追わない代わりに出来上がりの分布が比較的狭い範囲に収まる戦略です。

投資の結果は、「分布のどこか一点が実現する」わけですから、分布の形状も重要ですよね。


大事なこと


大事なことは、「自分にとって」どういう投資がいいのかを考えることです。

バイ・アンド・ホールドでいくのもいいですし、必要に応じて利益確定させるのもいい方法です。それぞれにメリット・デメリットがあります。

メリット
バイ・アンド・ホールドは、利益確定戦略より高いリターンが狙えること
利益確定を入れる戦略は、手堅くリターンを狙えること

デメリット
バイ・アンド・ホールドは、最終局面で暴落に会うとダメージが大きいこと
利益確定を入れる戦略は、短期的にすぐ利食うと上昇が取れないこと

自分がいいと思う戦略のメリット、デメリットを押さえておくといいでしょう。投資本やマネー雑誌では、自分が推したい戦略や金融商品のメリットだけを取り上げて、推したくない戦略や商品のデメリットだけを強調するケースもあります。要注意です。

メリット、デメリットの両面から考えるようにしたいですね。

2015/10/11 追記
利益確定戦略について
含み益が50%を超えたときに利益確定します。だから利益確定の頻度は高くありません。
30年間で平均すると1.5回でした。30年の投資期間で1回か2回という程度です。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1097:

いつも思うのですが、利益確定といっても
それが一番ベストな時期の利益確定かを
考慮していないので意味が無いと思います。
ちなみに利益確定の決め方はどうなっているのでしょうか?

利益確定時期が確実にわからないのだからバイアンドホールドが
一番優れているという結果になると思うのですが

2015.10.11 10:09 あかいろ #- URL[EDIT]
1098:

※1097:あかいろさん
コメントありがとうございます。
説明不足な点がありましたので本文でも補足説明しました。
利益確定の判断は「含み益が50%を超えたとき」という機械的なものです。ベストな時期でなくてもいいんです。十分な利益が取れている時に売って、それでまた1から積み立て投資をするという考え方です。
詳細は前回記事をご覧ください。
http://investoronline.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

バイアンドホールドが一番優れているかどうかは、バイアンドホールドの弱点も考慮して総合的に判断することになります。投資で何を重視するかにもよるので、結論は人によって異なりますね。

2015.10.11 14:12 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1099:

初めまして。
参考になりました。

私たちの大多数が取れる値は中央値、又は最頻値です。

こういった平均に騙されないようにするにはいいシュミレーションですね。

バイアンドホールドで如何にリスクを防げるかということを考えるよりも、健全なのかもしれませんね。

2015.10.11 18:40 ニシ #- URL[EDIT]
1100:

訂正
リスクを防げるか→リスクを小さくするか

期待リターンは高く、ボラは小さくが理想なのですけどね。
過去のデータで分かるのはリスクくらいですから。

2015.10.11 18:45 ニシ #- URL[EDIT]
1101:

はじめまして
いつも楽しみに読ませていただいています。
最後の記述の含み益50%が30年に1.2回て相当少ない確率ですね。
勿論積立てしながらなので少なくなるのでしょうけど…ということは今50%利益出てれば即売りが正解のように思いました。
あとは売却の割合ですね。
半分位は売ってもいいんでしょね。

2015.10.11 21:04 とま #- URL[EDIT]
1102:

こんばんは
50%が30年で1回か2回とは意外な感じです。
個人的にはリーマンショックの1年前ぐらいから積立始めた外国株インデックスはは50パーをかなり超えています。
暴落時から積み立て開始すればかなりのパフォーマンスが期待できますね。
だだ、その積立ファンドも確率的にはそろそろお別れ時期かもしれません。
元に戻れば時間の無駄かもしれません・・・
基本的に現金は減らないし腐りませんから(笑)

2015.10.11 22:36 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1103:

※1099:ニシさん
コメントありがとうございます。
中央値と最頻値にも目を向ける必要がありますね。リスクを考えて出来上がりの分布を計算すると、期待値(平均値)だけでは不十分なことが分かります。

2015.10.12 08:51 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1104:

※1101:とまさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
利益確定の水準を高めに取ったので頻度は低くなってます。一度も利食えない可能性もあります。
現状の株価は、日経平均では18年ぶりの高値、米国のナスダックは15年ぶりの高値、NYダウもS&P500も史上最高値圏にいます。
○○年ぶりの高値圏で、この先は米国の利上げがあるかもしれませんし、その前に世界景気の減速感が強く感じられるようになるかもしれません。
そうですね。半分くらいは売ってもいいと思いますね。

2015.10.12 09:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1105:

※1102:yazirobe777さん
利食いのチャンスは意外に少ないんですね。ドルコスト平均での積み立て投資は上昇局面で買い上がっていくことになるので、それが影響しているのかなと思ってます。
いい時にお別れできたら、しばらくすればまた再会できますね。

2015.10.12 09:14 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1106:Forbesの記事にもありますね

とらさま、ためになる記事をありがとうございます。
Forbesの記事にも同じようなものがありました。
http://forbesjapan.com/translation/post_9235.html
「「一度買ったら動かすな」というのもまた損をする可能性がある。」
初心者が犯しやすい間違いのひとつです。

2015.10.12 16:49 通りすがり #TXgVPc.w URL[EDIT]
1107:

※1106:通りすがりさん
「『常にお金を動かし続けろ』というのは犠牲の大きい軽率なアドバイスだが、『一度買ったら動かすな』というのもまた損をする可能性がある。」
売買の頻度が高すぎてもダメ、低すぎてもダメってことですね。高すぎず低すぎずのところがいいんでしょうね。

2015.10.12 21:01 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1111:こんにちは。

初めまして。
コツコツ積み立てインデックス投資については、中年になってから始めてもなあ…と躊躇してたら、出遅れた感のある主婦です。

中途売却については、金額が大きくなった頃、定年後、暴落したら若い時に思っていたより精神的ダメージが大きい気がします。(最近、ちょっと考える。)
病気になる割合も上がるし、入院したら暴落…とか二重に体に悪そう。
絶対、売却しないのも頑なですね。

目標の額になるまでは頑張る、のは有りだし、若くて資産形成期中の方は心配し過ぎる必要はないですが。

老後の取り崩しは使う時に使う分だけ解約すればいい、とのアドバイスを見ましたが、積み立てオンリーで使う時に初めて下ろす、って預金じゃん!?て思いました。
税金を考えたら一番お得ですが。
そんな低リスクって考えていいんですかね?

まず自分の生活設計を立て方針を決めて投資を続けたら、年齢が上がったその時その時に自然と、どうしたいか決まるかもしれません。

現金が安心フゥーとか、世界経済の成長の中にずっと居続けたいとか、自分なりのスタイルで。

2015.10.13 15:37 みずほ #- URL[EDIT]
1115:

※1111:みずほさん
コメントありがとうございます。
金額が大きくなった頃に暴落したらショックが大きいですよね。そういう事への想像力が必要で、絶対に売却しないというスタンスは自ら選択肢を狭めていると思います。
いろんなアドバイスをする人がいますが、受け手の状況(年齢など)を考えないアドバイスはあまり有効じゃないですね。
人生も投資も思うようにいかないもんですね。試行錯誤です。だから、その時その時に自然体で考え直していいんだと思います。

2015.10.13 22:12 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する