仕組債 5%~6%、なかには9%以上の手数料

仕組債に関する記事を見かけました。

そこには「5%~6%、なかには9%以上の手数料を抜いているケースもある。」と書いてありました。[外部記事]

今回は見えるコストと見えないコストについて


仕組債はコストが見えない


金融庁が証券会社に対して「手数料の透明化」を打ち出したことで、コストの見えにくい仕組債を扱っている証券会社に衝撃が走っているというのが記事の内容です。

で、そこには仕組債の手数料について、「5%~6%、なかには9%以上の手数料を抜いているケースもある。」と書かれていました。

以前の記事「ノックイン型『仕組債』の価値評価 どれだけ抜かれているのか」で試しに計算した仕組債では、だいたい9.5%ほど抜かれていました。

ただ、この9.5%は価格計算上の抜かれ度合いです。仕組債の発行コストやアレンジャーのコストもありますので、証券会社が手にしているネットの手数料はこれより低いでしょう。

当初計算したときは、正直、9.5%は大きいなーと思ってました。でも、記事で「5%~6%、なかには9%以上の手数料を抜いているケースもある。」とあったので、まあ、そんなもんなのかなーという印象です。

で、思うんですけど・・・

仕組債のコストって見えないですね。


見えるコスト


仕組債の見えにくさに比べ、投資信託のコストはガラス張りです。

ファンドオブファンズ形式の投信では組み入れている投信のコストも考慮して、実質的なコストも開示しています。いいことですね。

で、投資信託のコストはよく見える。

だから投信のコストって話題になりやすいですね。


見えにくいコストは他にも・・・


コストが見えにくいのは仕組債だけじゃないです。

コストを広く考えて、本質的な経済価値に上乗せされて販売されている金融商品として考えると、保険商品もそうです。

過去記事「金融商品の中で、手数料が際立って高いのが保険

まあ、保険には安心料という精神的なものも含まれているとはいえ、割高なのは否めません。


ということで、言いたいこと


投信のコストは見えやすい。

仕組債や保険商品のコストは見えにくい。

でね、と。

金融庁は、見えにくいコストを見えやすくする方向でドンドンやってくれないかなー

と、ホントそう思います。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1075:

こんばんは
確かに仕組み債のコストは保険に比べればやさしい方かもしれません。手数料が分かると困る業界が多そうですね。化粧品の原料費は3%とか?(投資信託とは別の世界ですが・・・)
だだ、世の中だだは結構怖いもので適切な手数料はあるべきでしょう。

2015.10.05 23:02 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1076:

※1075:yazirobe777さん
こんばんは。
はい。適切な手数料はあるべきですね。同感です。
ちなみに、投信については、ときどき過激なコスト至上主義の考えを見聞きするのですが、私はコスト至上主義の考え方には違和感を持ってます。
保険について言えば、保険は価格競争が起きにくい業界なのかなと思っていて、手数料の透明性が高まることで適切な水準に落ち着くのが理想的だと思ってます。

2015.10.05 23:34 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1078:

保険はほんとボッタクリですね、予定事業費率とか余り話題にもなりません。
大手保険会社がゴールデンタイムにバンバンTVCMやってるけどあれもコストなんですよね、あんなもんいらない。
だからそういったことをやらないネット系の会社のほうがずっと安いコストで同じような保障が作れるんですが。

2015.10.06 23:24 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
1081:

※1078:招き猫の右手さん
保険はかなりボッタクリの印象がありますね。家計の事を思うと、経済評論家はもっと保険のコストを取り上げればいいのにと思います。

2015.10.07 20:18 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する