相場の底はどこだろう

なあ、とら、相場の底はどこなんだろうね?

ん・・・ そこじゃないですか。

お約束のベタな会話です。(^^;

今回は当たるも八卦、当たらぬも八卦です。


長期的には上がるとしても


長期的には株価は上がるとしても、この1、2年を見越した時はどうでしょう。

私が見ている指標の一つに景気ウォッチャー調査があります。

景気ウォッチャー調査 小黒とら

青線が日経平均株価(右軸)で、赤線が景気ウォッチャー調査です。

景気循環を考えると、そろそろ下向きかなーという気がしてます。リーマンショックのような明らかなイベントがあるか、それとも緩慢に下がっていくのかは分かりませんが、上値が重たくなったイメージを持ってます。

米国の利上げが終わるのが2017年で、そこから本格的な下げ局面かなーと思っていたのですが、思ったより早く下げ局面入りの可能性が出てきたと思ってます。中国、欧州、日本それぞれに重たい材料はありますから。


株価は企業業績が要因


株式投資は企業価値への投資で、企業価値は企業が生み出すキャッシュフローに依存します。

となると、株が上がるか下がるかは、企業がこの先もっと儲けるのか、それとも利益が減少するのかへの賭けと見ることもできます。

企業が儲けるためには、消費者の消費意欲や企業経営者の設備投資意欲が影響してきます。いわゆる「景況感」がいいときに消費も投資も増えて、企業の決算も良くなります。それが順回転する時期は株式投資にとっていい時期ですね。

株価は経済を先読みしますので、株価が若干先行するとしても、大きな目で見ればだいたい景気循環と株価のサイクルは似てきます。

で、先にあげた図では、そろそろピーク打ってきてんじゃないかなーって感じですね。

基本的には私は慎重姿勢です。


まとめ、のようなもの


景気循環的にはいったんのピークを打つのかなと思ってます。

だから、相場の底はどこだろうね?に対する本音の答えは。

もうちょい先じゃないでしょうかねー

ってとこです。

腰を据えた投資で、含み損の拡大や含み益の減少を許容できる人は、肉を切らせて骨を断つという意気込みで買い下がっていってもいいのかもしれません。

私は、切らせる肉にあまり余裕がないので、買い下がり戦略は取りません。円預金に積んでいって、ある程度下がったらその分を株に移そうと思ってます。変則的な積み立て投資です。

いまの状況なら買うのをそれほど急がなくてもいいのかなと思ってます。

当たるも八卦、当たらぬも八卦です。では良い週末を!

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1057:波の下にも都ありとは・・・

こんにちは
グラフ化すると分かりやすいですね。
グラフでは株式は割高に見えます。
(グラフは基準によってかわるので難しいのですが・・・)
やはり景気指数の落ち込みにあってくるのでしょうか?

では良い週末を!

2015.10.03 11:45 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1058:

※1057:yazirobe777さん
こんにちは
いまの状況だと株式はやや割高な気がします。ポイントは翌期以降の企業業績ですね。業績が減速することで、株価が割高になっていく可能性の方が高いのかなと思ってます。
良い週末を!

2015.10.03 19:13 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する