1億総活躍社会 活躍しない2割がいい

安倍首相は、誰もが活躍できる「1億総活躍社会」の実現に向けて、担当大臣を新たに設置するそうです。[外部記事]

新設される大臣は

一億総活躍社会担当大臣

という名称になるんでしょうかね。言いにくいですね。


活躍しなくてもいいじゃない


日本の人口は1億2685万人です。(2015年9月1日現在概算値)

1億総活躍社会とは、まあ、「全国民が」活躍する社会ということで、2685万人は活躍しなくてもいいよという意味じゃないですよね。

それはわかっていながら、でも2685万人の方に立ちたいな。

みんなが活躍する社会って、それはそれで厳しい社会な気がしますね。

以前の記事「昔読んだ本の題名が思い出せない・・・」でも書きましたが、本当の無駄と、一見無駄に見ても実は心地よさを提供しているものって、意外と見分けがつかないのかも。

ちょっとした無駄と、少しのいい加減さ。それが心地よさを生むんだと思います。


効率性を高めると


効率性を高めることは基本的にはいい事でしょう。

でも、高め過ぎるのはどうかなーと思います。

歩くには2つの足をつける場があればいいわけです。だから高さ10メートルの平均台を2つ並べて置けば、それに沿って歩くことはできます。理屈上は。

でもね、と。

高さ10メートルで、足を置くだけのスペースしかない場所では平地の気分では歩けないでしょう。かなり緊張します。

でも、同じ高さ10メートルでも、十分な広さのある歩道橋のような場所なら普通に歩けます。

足の踏み場としてだけ考えれば一見無駄なスペースでも、そこに無駄なスペースがあるということが安心感につながっているんです。だから無駄じゃないんですね、本当は。

それに足を置くスペースはそのときどきで変わるので、ある時は必要なスペース、ある時は使われないスペースになります。同じスペースでもそのときどきで活躍している、していないが変わるわけです。


無駄を楽しめる社会


社会を構成する人間でも同じじゃないのかな。

一見活躍してないような人でも、本当は必要なんですよ。

みんなが活躍する社会って、効率的かもしれないけどなんとなく緊張感が高そうです。むしろ、活躍しないことをもっと許容できる社会を目指した方がいいんじゃないかなーと思ったりします。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
1019:

蟻の社会で働き蟻は死ぬまで一生懸命働いているイメージがありますが、
実はよく働いているのは全体の2割程度で残り8割はテキトウに働いているそうです。働いてないのもいるとか。
よく働く2割を巣から取り除いてしまうと、
残り8割の中から働く蟻が2割程度でてくるそうですw。

2015.09.28 22:17 塩蔵 #- URL[EDIT]
1020:

こんばんは
すぐに大臣をつくるのもほどほどにと思います。
省庁再編で昔に比べて大臣が減ったから作りたがるのかな?
昔、一億総火の玉とかいっていたけど、あれと変わらない気が・・・「貧すれば窮する感」があります。

もし、自分なら「一億総政治家社会」と言いたいです。
基本昼寝してたまにラクビーしてヤジを飛ばす・・・
なれたらなりたいですね(笑)

2015.09.29 00:24 yazirobe777 #- URL[EDIT]
1022:

※1019:塩蔵さん
組織や社会を維持するには、2割が頑張って8割がテキトウでもいいってことですね。
となると、1億が活躍する社会ってのは、ますます自然に反している気がしてきました。

2015.09.29 13:09 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
1023:

※1020:yazirobe777さん
基本昼寝してたまにラクビーしてヤジを飛ばす・・・
いいですねー。理想的です。(笑)

2015.09.29 13:11 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する