相場下落の時に、余裕のある人とない人の違い

まだちょっと相場が不安定ですね。

早く落ち着いて欲しいなーと思ってます。

今回は相場の乱高下にも余裕のある人とそうでない人の違いについてです。


いつから相場に参戦してます?


このところの乱高下を目の当たりにして

投げた方がいいかな、いやいいや押し目買いのチャンス!

と心が揺れ動く人もいれば

静観

と、動かざること山の如しの人もいるでしょう。

その違いはどこから来るのか・・・

まあ、ぶっちゃけ、相場の参加時期の違いによる持ち値の違いかもしれませんね。


ケーススタディ


一般的なバランスファンドで試算しました。

毎月末にドルコスト平均法でバランスファンドに投資している人の2015年8月末時点の状況です。

1年前から投資している人は、マイナス1.2%の含み損状態です。
2年前から投資している人は、+7.1%の含み益です。
3年前から投資している人は、+18.8%の含み益です。
4年前から投資している人は、+33.1%の含み益です。
5年前から投資している人は、+40.6%の含み益です。

ま、以前から投資している人はまだまだ余裕があるんですね。


心の余裕


相場が下落すると痛いのですが・・・

それでも、「含み損が増えていく」のと「含み益が減っていく」のとでは、微妙に痛さが違うかもしれませんね。

長く投資をやっていて含み益のある人は、まだまだ余裕でしょう。

一方で、つい最近投資を始めた人は、このところの乱高下に心穏やかじゃないかもしれません。


とりとめのない雑感


相場の乱高下が気になるのはみんな同じです。

相場の動きへの感応度は人それぞれで違いますが、それは性格的なものもあれば、ゆるぎない信念かもしれませんし、これまでの投資状況による余裕度の違いかもしれません。

あるいは、持っている資産額や収入の多寡でも余裕度は違うでしょう。

だから、他の人が余裕でも、私は慌てふためいてもいいわけです。状況が違うんですから。

というわけで、良い週末を!

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
892:

資産額というより、ITバブル崩壊とかリーマンショックを経験して来たので、この程度の動きでは不感症になってしまいました。
米利上げ前にあるあるボラティリティくらいにしか思ってないです。
でもこれから大きく長く下げ基調になってくると焦りはじめるかなー。。。

2015.09.04 23:24 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
894:

こんばんは
少し前の日経2万円の頃はもう少し高配当株やREITを買っていればとか考えたのに、実際安くなると右往左往しています。(笑)
身勝手なものですが、最後は業績と需給なので業績を信じたいところです。まあ、需給が無茶苦茶で多少悪意を感じますけど。
良い週末を・・・

2015.09.05 01:01 yazirobe777 #- URL[EDIT]
895:

※892:招き猫の右手さん
そうですね。大事な要素を抜かしていました。相場の動きへの感応度は「経験」も影響しますね。
米国は超低金利が長く続いたことで安易な信用供与も起きていますから、その点では少しは引き締めたいんだと思います。これからはますます難しい相場になりそうです。

2015.09.05 18:30 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
896:

※894:yazirobe777さん
最近の相場はよく動きますね。需給が無茶苦茶だと落ち着かないですね。
来週はいい週にしたいですね。良い週末を。

2015.09.05 18:34 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する