2000万円が1666万円になるなら、何もしない方がよかった

積み立てでコツコツやるのは、基本戦略としてはいいと思います。そこにケチをつけるつもりはありません。

でも、そのコツコツが報われるかどうかは相場次第です。

日経ウェブ記事に「波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツ」というのがありました。[外部記事]

今回は、この記事を別の角度から読んでみました。


基本戦略を批判するものではありません


まず、最初に明確にしておくと、私は長期的にコツコツと資産を形成していくことは大事だと思っています。

ただ、リスク資産を淡々と積んでいけばいいと思っていないだけです。

私の考えについては過去記事「投資環境が不透明 ブレーキ踏むのはいかがでしょう」をご覧ください。預金とリスク資産の合計がコツコツ積み上がっていけばいいという考え方です。

で、リスクを取って投資するからには、預金を超えるリターンを取りたいです。預金で貯めていくのに比べて、投資もしておいてよかったねという結果を出したいわけです。


日経記事を斜めから読んでみましょう


さて、冒頭の日経のウェブ記事です。

「波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツ」というタイトルです。内容は分散投資と長期投資をすすめて、投資のコストも考えましょうというものです。

極めてオーソドックスな記事です。

それを読むと分散投資で、長期投資で、コストを考えて投資しようという気になります。

でもね、と。

ちょっと待って下さい。


記事から引用


記事にあった図表を引用します。

Nikkei.jpg

この図から何を考えるべきか。

私は、結局は相場次第ってことだよね・・・

ということを考えました。


ケーススタディ


ケース2のオレンジ色を見てください。

世界の経済成長にともなって長期的に上向いていました。でも、たまたま、投資の最終盤で急落に見舞われて、それで20年間の投資が水の泡になるわけです。

20年間、毎年100万円、累積で2,000万円の資金を投入して、換金する時は1,666万円。

マイナス334万円です。(>_<)

しかも、リスク資産の値動きを見ると、終値は20年前とほぼ同じ水準です。投資行動としては高値を買い続けて、高値掴みに終わったってことです。20年の投資期間のうち、15、6年までは上手くいって、遅くとも17年目で売っておけばプラスで終われたでしょう。

最後の3年間、投資し続けたことでマイナスに転落したとも言えます。


やはり出口は大事


私はこれまで出口戦略が大事だと書いてきました。

出口と表現すると、すべてを売ってもう二度と投資には戻らないイメージがあるかもしれません。言葉の使い方に思慮が足りなかったかもしれませんが、仮の出口とか、一時的な出口と考えていただけたらと思います。

嵐を避けるための一時避難と考えても結構です。

ケーススタディでは17年かけてせっかく資産を増やしたのだから、含み益のあるうちに利益を固めたいということです。もちろん、市場の下落を的確に予測するのは難しいです。だから利益を固めるのが早すぎたり、遅すぎたりします。

でもね、と。

早すぎても、遅すぎても、利益が取れる方がいいですよ。

相場と心中するよりは。


まとめ、のようなもの


コツコツ積み立てにしても、一括投資にしても、大事なのは高値圏では売って、安値圏で買うことではないでしょうか。

長期的にコツコツやって、20年で2,000万円投入して、ずーっとバイ・アンド・ホールドして、で、結局334万円の損。

何やってたんだろう・・・

利益を取るチャンスはいくらでもあったのに・・・

バイ・アンド・ホールドにはそういうリスクもあります。

利益を取るチャンスはいくらでもあったのに・・・という心理的なものは結構重たいですよ。(^^;)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
876:

今回の記事も面白いですね。私自身、同じ考えです。

1)先の記事にあったように、先進国の成長率が下がるなら、リスクの割りにリターンが少ない。
2)長期でみたとき、大きな利回りとなることが保障できないなら、早い段階で資産を形成するべき
の2つを考えています。

また、出口なんて、50歳とか60歳とかではなく、40代でできるくらい早めたほうが、全体としての投資のリスクは下がるのではなかろうか・・・とも。

長期が悪いと私も思いませんが、もう少しリスクを減らして早く資産形成時期を過ぎ去るくらいのが安全なような気がします。まぁ、全員が全員できることでもありませんけどね。

2015.08.30 16:19 煙々 #- URL[EDIT]
878:

※876:煙々さん
そうなんです。成長率が下がっていく世界にあって、長期投資がいい戦略なのかは疑問です。
バイ・アンド・ホールドの1本勝負ではなく、ヒット・アンド・アウェイを3回勝負した方がいいように思ってます。

2015.08.30 19:35 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
880:

こんばんは
出口戦略は重要ですが、どこが出口かの判断がとても難しいと思います。下手すると出口から入って、暴落にあい、入口から出て利益をとりそこないますね。(笑)
出口ない海は投資の世界も広がっているのでしょう。
積立投資は有効な方法ですが、今流布しているのは過去のデータの検証にすぎず、前の記事にあった通り、これから世界経済の鈍化が予想されると投資などせずに積立貯金が有効かもです。(失われた20年の世界版)
積み立てでコツコツ基本戦略は正しいと思いますがいくら正しくてもみんなが始めると残念ながら、その手法は有効性はなくなって行きます。難易度が高くても出口、入口を考えないと利益は上げにくいでしょうね。
でも、グラフのケース2でも1666万残るので積立行為をしなかったな何か他の無駄なものに使ってしまう恐れまあるのでいいかなとも思いますね。(笑)
自分なら年100万を現金40万、投資30万、相場下落用に30万といった使い方を提唱します。
投資行動は人生では大きい部分ではないと思いますが、毛嫌いしても将来の不安を払しょくできません。難しくて修練が必要でしょう。

2015.08.30 20:04 yazirobe777 #- URL[EDIT]
881:

※880:yazirobe777さん
出口の判断は難しいです。難しいから経済評論家やFPなどは出口を語りたがらないんだと思ってます。出口なんか気にしないでずっと積み立てをやっていればいいんだよという方が無難ですから。
年100万を40と30と30に分けるのはいいですね。

2015.08.30 20:34 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する