投資環境が不透明 ブレーキ踏むのはいかがでしょう

しばらく前から中国の株式市場が不安定です。

中国株だけでなく、東南アジア(タイ、マレーシアなど)の新興国の株式も弱含みです。世界的な景気減速懸念が台頭しつつあるように思えます。

そこで、今回はちょっとした投資アイデアです。


日本株に慎重


日本株の見通しについては、過去記事「日本株の先行きに慎重」で書きました。

基本的にはこの時の見方と変わっていません。日本の景気は踊り場局面にあり、中国をはじめとした新興国も景気減速懸念が高まっています。

となると、この先は少し慎重に見たほうがいいでしょう。

日本株は今期も増益を見込んでいます。予想外の景気腰折れとなって、利益の見込みが下方修正となると株価は調整せざるを得ないとみています。これについては、過去記事「日経平均はどこまで下がるか?」で書きました。

ご興味あれば過去記事もご覧ください。


さて、投資アイデア


私はいま、先を少し慎重に見ていますので、それに沿った投資アイデアです。

ポイントは、いったんブレーキを踏みましょう、ということです。

3年前に投資を始めて、これまで毎月50,000円をリスク資産に積立投資してきたとしましょう。そうするとリスク資産は下図のように積み上がっているはずです。(評価損益を除いた、ざっくりのイメージ図)

積立投信 小黒とら


で、投資アイデアというのは、たいしたことじゃありません。

積み上がったリスク資産の一部を、安全な預金に振り替えませんか?

ということです。

積み立てをやめるのではなく、これまで積み上がった分の一部を預金に振り替えることで、リスクを落としながら、積み立てを継続するという考え方です。

コツコツ積み上げるのはリスク資産だけじゃなくていいはず。

預金とリスク資産の合計が、コツコツ積み上がっていけばいいのではないでしょうか。


積み上げるものは


積み上げていくものはリスク資産だけじゃなくていいはず。貯蓄と投資の合計で考えるべきです。

一部分を預金に振り替えて積み立てを続けた場合のイメージ図は以下です。

積立投信 小黒とら

こういうやりかたでも貯蓄と投資の合計額は積み上がっていくわけです。

いったんブレーキを踏んで、青いゾーンを増やして、それで・・・

相場が下がっていくなら
青い部分でガードがかかって、追加的な積み立てで買い下がることができます。下値では、青い部分をオレンジに振り替えてもいいでしょう。

相場が上がっていくなら
青い部分では相場の上昇は取れませんが、残ったオレンジ部分と追加的な積み立て分がプラスに働きます。この場合、預金に移したことで、相場の上昇を取れる分は少なくなりますが、損をするわけではありません。


私の考え方


株価の動きはランダムだから相場の将来は予想できない、将来を予想してそれに対応しようとするのはナンセンス、という考え方があります。経済や企業の成長の果実を得るために、超長期の投資をするのがいい、という考え方につながります。

でも、私はそういう考えではありません。

将来が予測できる!

というつもりでもありません。誤解のなきように。

いまは株価が高値圏にあると思っていますし、マクロ経済はおいしい時期は過ぎて、景気の減速を気にしないといけない時期に差し掛かってます。中国を筆頭に、新興国が債務を拡大することでグローバルな好景気を実現してきましたが、そろそろ限界かも。

そういう株価のバリュエーション、マクロ環境、景気循環、マネーの動きなどを考えると・・・

株価がランダムで予想できないとしても

リスクを積み上げることには慎重にした方がいい、と判断しています。


まとめ、のようなもの


株価は高値圏で、経済が減速するリスクが高まっている、だからリスクを落とす。

私はそう考えています。

株価がランダムで予想できないとか、そういうことはあまり気にしません。株価の将来の居場所が的確に予想できないとしても、ここ数年で積み上げた利益を固めて、リスクを落とすという判断は取れます。

もちろん、私の判断が裏目に出ることに備えてすべては売りません。コアの部分は残します。

リスクを落としていったん逃げておけば、また戦えますからね。

相場は無くなりませんから、いつでも抜け出て、いつでも再入場が可能です。

中国の懸念がなくなって、日本の景況感も回復し、新興国の株価も持ち直すようなら、私は見通しを強気に変えるでしょうけど、いまのところは弱気です。

まあ、当たるも八卦、当たらぬも八卦です。

いま取っているリスク量が適量なのか、積立投資をやっている人は今後増えてくる分も考慮して、いったん考えてみるのもいいのではないでしょうか。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
844:

私がそんな感じになっていますが、一部の方々は投資は長期ですると複利で上がるって信じていますから、投資の絶対額が減るような方法は取りたくないんじゃなかろうか?って思っています。

私としては、今回の記事のように危なそうと思ったら、一部でも全部でも安全資産に退避させてもいいと思うのですけどね。みんな強欲だから^^;

2015.08.20 21:13 煙々 #- URL[EDIT]
845:

※844:煙々さん
多くの経済評論家やFPは超長期のバイ・アンド・ホールドをすすめますが、それが本当にいい戦略なのかをゼロベースで見直してもいいんじゃないかなーと思いますね。
危なそうならいったん引くのは大切だと思います。^^

2015.08.21 12:37 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する