謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません

安倍首相の「戦後70年談話」です。

4つのキーワードである「植民地支配」「侵略」「痛切な反省」「お詫び」は盛り込まれました。

そのキーワード自体はあまり意味がないと思ってます。

意味がないというのは、単語は文脈の中で意味を持つと考えるからです。つまり、全体の内容の中で単語は生きるのであって、単語だけにこだわるのは意味がないってことです。

それより談話にあった以下の内容、

あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。


こちらの方が重要かと。

いま生まれた子供が30歳になった時、戦後100年です。

いま生まれた子が30歳ともなると、社会の第一線で世界の人々と付き合っていくわけです。そのとき、100年前の戦争のわだかまりを持つのはやはりおかしなことです。

謝罪はいつかは区切りをつけるべきです。

戦後70年、日本は良き敗者(Good Loser)でした。

他国がどう思うかを過度に気にすることなく、日本人が日本人として、区切りをつける時期と考えていいんじゃないでしょうか。


先の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない。

同感です。

過去は過去として向き合い、そのうえで現在と未来に生きるべきです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
813:

4つのキーワードで話をまとめろってテーマ落語みたいで笑っちゃいました。
しかし中韓の成り立ちはそもそも反日が基礎ですから、100年だろうが200年だろうが、いくら謝っても、よしこれで許す、はありえないでしょうね。
どこかでバシっと切らないといけませんが、日本人がこれまで彼らを甘やかしすぎたのかもしれません。

2015.08.15 00:48 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
815:

※813:招き猫の右手さん
そうですね。謝罪は、する側の誠意だけじゃ成り立ちませんね。受け入れる側の問題でもあるわけですね。
ともかく、日本はこれまで誠意をもって謝罪と賠償をしてきたわけで、謝罪だ賠償だという話はあの戦争には何ら関わりのない世代にまで持ち越す話じゃないと思います。

2015.08.15 10:01 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
817:

こんばんは
4つの言葉すべてネガティブワードですね。
謝罪する運命も重い言葉です。
永遠に縛られるのはつらいことですね。

でも
日本は良き敗者(Good Loser)は良いフレーズだと思います。
これで行きたいと思います。

2015.08.15 21:56 yazirobe777 #- URL[EDIT]
818:

※817:yazirobe777さん
はい。日本は良き敗者だと思います。
謝罪はどこかで区切りを付けるべきだと思います。永遠に縛られるのはつらいですね。

2015.08.15 23:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
821:

敗者であることと悪者であることは一致しません。
同一視する人が日本にはたくさんいて困ります。

2015.08.16 10:10 なすび #- URL[EDIT]
822:

※821:なすびさん
同感です。
敗者であることと悪者であることは一致しませんね。

2015.08.16 10:29 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する