山崎元氏と吉永高士氏 「金融マンに人生相談」について

週刊東洋経済の吉永高士氏の記事に言及する形で、山崎氏がダイヤモンドオンラインに「金融マンに人生相談するな!」という記事を書いています。[外部記事]

その山崎氏の記事に対して、吉永氏が「『金融マンに人生相談』をしてはいけないのか」という反論記事を書いてます。[外部記事]

いやぁ・・・興味深いやり取りです。

今回は金融相談と手数料についてです。


流れを追ってみると


まず、流れを追ってみると

1. 「週刊東洋経済」6月20日で吉永氏が「米国『証券革命』の実情」という記事を書いた。
2. 山崎氏はその記事をもとに、ダイヤモンドオンラインに「金融マンに人生相談するな!」と題する記事を載せた。
3. その山崎氏の記事に対して、今般、吉永氏が「『金融マンに人生相談』をしてはいけないのか」を執筆した。

という経緯です。

吉永氏の3.の記事から引用すると

一方で、紙幅の都合で拙稿の中で触れなかったデータや説明を省いた部分については誤解されてしまったところもあり、その点については純粋に事実関係を補足したいと考えた。


ということです。


ゴールベース資産管理型営業


1. の東洋経済の元記事はウェブで探しても全部は読めないと思います。ただ、少し古くなりますし同じ内容とは言えないのですが、吉永氏は「月刊資本市場」 に記事を投稿していますので、こちらが参考になると思います。[外部記事]

さて、東洋経済の元記事と月刊資本市場の内容を読むと、「ゴールベース資産管理型営業」がいいか悪いかは、ニュートラルに考えていいんだろうというのが私の考え方です。

一般の人にとって、金融や資産運用のことはなじみが薄いですから、誰かそれなりの人に相談に乗ってもらうのは悪くないことです。

「ゴールベース資産管理型営業」とは、有意義な相談と助言をするために顧客のゴールベースで考えるということですね。で、ゴールはケースバイケースでしょう。10人いれば10のゴールがあるわけで、カスタムメイドの相談になるわけです。

そのようなサービスに対して、それなりのフィーが発生するのは当然のことだと思います。


吉永氏の反論


吉永氏のダイヤモンドオンライン上の反論は抑制された大人の対応で、「年1%超の手数料は、はたして高いのか」という論点は興味深い点です。

ただ・・・

1%以上の手数料を毎年払うようでは「資産運用落第者」だ
手数料の高いファンドは手数料稼ぎの肥やしに過ぎない

という人と、

1%を超える手数料でも、リーズナブルになるケースはあると考えている
最終的に顧客が決めて、しかるべき水準に収斂するものだと思う

という人とでは、おそらく議論は平行線かも。


まとめ、のようなもの


私としては、フィーはサービスの対価で評価すべきだと思ってます。

将来の家計のマネープランを予測してくれて、いまのポートフォリオを分析してくれて、その上で、よりよいポートフォリオを助言してくれるのであれば、それなりのフィーがかかる話でしょう。

もちろん自分でポートフォリオの診断ができて、自分でマネープランを管理すれば、自分でETFを組むことで格安に仕上げることもできます。

で、マネープランを金融マンに相談すべきか否かですが・・・

金融マンだからダメってことはないと思います。

金融マンじゃなくても、アフィリエイト目的で特定の金融機関や特定の投信を推す人や、保険の販売に精を出すFPはいるわけで、そういう人の意見を聞いたらその人の有利な方に誘導されるわけですから。

金融マンかどうかは関係ないです。

相談相手は、その人の言っていることをあなたが納得できるか、その人はあなたの立場に立っていると感じられるか、で決めればいいと思います。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
731:

とても面白い話題です^^
日米では、国家や金融に対する国民のコンセンサスが異なるので、なかなか議論がかみ合いませんね。
win-win目指しましょ、ということなんでしょうけど。
何しろ、日本では「ゴールベース資産管理型営業」以前に
まだまだ解決すべき問題多そうです。

個人的には、1%の手数料で、ETF以下の信託報酬で世界中の資産を取り込んだオリジナルファンド作ってくれて、
生涯にわたり目標とするベンチマークを超えてくれるなら(1%以上超えろとは言いません^^)、満足なんだけどwww
無理か・・・






2015.07.29 14:33 いろいろでセカンドライフ #- URL[EDIT]
732:

※731:いろいろでセカンドライフさん
はい。興味深い議論ですよね。
手数料をサービスに対する対価と考えることについて、国民性は日米でだいぶ違う気がします。
サービスに対するコスト意識が強いから、日本はデフレに苦しんでるのかな・・・と思うときがあります。(^^;

2015.07.29 20:42 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する