新国立競技場の白紙撤回に思うこと

新国立競技場の計画が白紙撤回されましたね。

で、舛添要一都知事

東京都の舛添要一知事は17日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の建設計画見直しについて「決める前にできなかったのか。あまり楽しい気分ではない。こんな朝令暮改をやるなと言いたい」と述べ、国の対応を批判した。
 
 都はこれまで競技場建設費のうち500億円程度の負担を国から求められていたが、知事は「(計画を)白紙からやり直すなら、われわれも(負担の検討を)ゼロからやり直すしかない」と語った。 

[外部記事]

一方で、猪瀬直樹前都知事

猪瀬直樹前都知事:「せっかくチーム日本で勝ったのに、チーム日本が解体されていくような、そういう残念な気持ちでいました。もっと早い時期に官邸は乗り出すべきだったと思います。遅すぎた決断ではあるけれども、その決断は評価したいと思います」 

[外部記事]

現知事は国の対応を批判し、前知事は「(遅かったけど)決断は評価したい」と述べてます。

私としては、前知事にカムバックして欲しいと思いました。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
695:

安倍政権って第1次政権の時に比べて問題のリカバリーが上手くなったと思います。問題が次から次へと起こるのは当然として致命的になる前に決断できている。

その点現都知事は観念的、硬直的で国政レベルの判断は任せられないですねえ…都政も心配です。

2015.07.17 21:01 さいもん #- URL[EDIT]
696:

※695:さいもんさん
同感です。いまの安倍政権は問題の解決能力が高いと思います。なんだかんだいって長期政権になってますしねー。
現都知事は政治家向きではないですね。

2015.07.17 21:23 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
697:

ぐだぐだ過ぎる舛添は、大嫌いです。
実姉の生活保護問題で拒否した話はあまりに有名ですし、婚外子が、3人もいるなんて、人間としてあり得ないと思っています。
政治を見れば、離脱した自民党から推薦を受け都知事になるのもおかしい話なら(いいたい放題やってましたから)、韓国との協調もありえない。国の仕事に知事がしゃしゃりでるなと言いたい。

昔、学者時代のころ、学者としてのTVの出演料が低すぎると言い、その頃からありえない人間だと思っています。
リコールされてしまえばいいのに。

2015.07.17 23:47 煙々 #- URL[EDIT]
698:

こんにちは
確かに唐突な気がしますが、
強硬採決のリカバリーでシナリオは出来ていたのでしょう。
首相は前回の腹痛で早退したイメージが抜けきらなかったのですが、ひ弱なイメージは改めた方がいいかもしれません。

2015.07.18 10:43 yazirobe777 #- URL[EDIT]
700:舛添氏には東京都や東京オリンピックへの愛情が感じられない

自身の感情,勘定で都政をやっているとしか思えない。 早くやめてほしい

2015.07.18 15:26 サンゴ #JalddpaA URL[EDIT]
701:

※697:煙々さん
舛添都知事はかなり個性的な方ですね。姉と弟の間に何があったのかは知りませんが、なんか釈然としないものがありますよね。舛添氏が公の立場にあるのだからなおさらです。
リコール運動が起きれば署名したいです。

2015.07.18 16:18 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
702:

※698:yazirobe777さん
新国立競技場の計画の見直しは、発表のタイミングを狙ってた感じがしますね。絶妙なタイミングでの白紙撤回だと思います。

2015.07.18 16:20 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
704:

※700:サンゴさん
たしかに、愛情は感じられませんね。
都知事は「公人」であるのに、「公」より「私」が先に来る印象があります。
舛添氏については、公の仕事には向いていない人なんだろう、他の分野のほうが才能を生かせるのでは、と思います。

2015.07.18 16:24 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
706:

言葉が正しいのかどうかわからないけど

「決める前にできなかったのか。あまり楽しい気分ではない。こんな朝令暮改をやるなと言いたい」
と言われない社会にしようとすると、情緒的で、完全に硬直化した社会になってしまいます。
国政や都政を預かるなら、楽しくないこと多いでしょうし、君子は豹変す、を実際行わなければならないでしょうし、感情をそのまま口に出すのはどうかと思います。

「(計画を)白紙からやり直すなら、われわれも(負担の検討を)ゼロからやり直すしかない」
に至っては、お前がやるなら俺もやる、型の発言で、都政を預かる方の発言とは思えません。
「計画が白紙になるのであれば、その進展を見ながら、新たな計画に沿って計画を見直すこともあり得ます」ぐらいにしておかないと、無用な感情の逆なでは何のメリットも無いように思います。

たとえ計画の白紙化が予定されたものであったとしても、よくぞ言えました。前時代の遺物と言える森氏達を懐柔しながらの手腕は、これまでの首相には見られませんでした(古い議員たちと敵対された方はいましたけど)。
金額的には500億円と、けして大きな額では無いですけど、国民へのアピール度合いは、集団的自衛権に比肩しますから。
ほんとは、比肩しちゃ困るんですけど、仕方ないです^^;

2015.07.19 11:59 いろいろでセカンドライフ #- URL[EDIT]
708:

※706:いろいろでセカンドライフさん
同感です。都知事という公人が個人的な感情を軽々に発言するのはどうかなーと思います。
負担のゼロからの見直し発言は、おっしゃるようにメリットは無いと思います。国と都が協力して進めるべきプロジェクトですから、なんで中途半端に対立姿勢にするんだろうと不思議な感じです。
森氏たちを抑え込んでの白紙撤回は、素直にプラス評価していいと思います。まさに猪瀬前知事の発言、「遅すぎた決断ではあるけれども、その決断は評価したい」が素直に入ってきます。

2015.07.19 16:47 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する