兜神社に願掛けに行ってきました

investorPhoto_005.jpg

証券界の守り神とされる兜神社に行ってきました。

兜神社は平将門の兜が祀ってあるそうで、だから兜神社なのですが、明治になって東京株式取引所が設けられるときに、取引所関係者一同の信仰の象徴および鎮守として兜神社が造営されたため、いまでは「証券界の守り神」となっています。

証券界の守り神というのは、東証のHPにも書かれています。

さて、今日から日本の株式市場も始まりました。

すべての投資家がうまくいきますよう、東証公認の守り神に、しっかり願掛けしてきました。

 

管理者にだけ表示を許可する