タイミングを狙った投資は失敗するか (実証分析)

投資のタイミングを計るのは難しい。

プロでも難しいのだから個人投資家はなおさら難しい。下手にタイミングを取ろうとすると高値で掴んで底値で売ってしまうリスクがある。だから値動きを気にしない長期投資がいい。

というのは、よく聞くお話です。

今回は長期投資とタイミング投資について


長期投資がいいとすすめるのは


長期投資をすすめる人の事情を考えてみます。

まず、投信会社ですね。
投信会社はストックビジネスなので、とにかく資産残高が重要です。理想的にはドルコストでの毎月積み立てです。毎月一定額を追加購入してくれるお客さんは、投信会社にとっては上客です。

あと、FPや経済評論家の一部もそうです。
売り買いのタイミングは当たることもあれば外れることもあるので、外した時に恨みを買ったり、評判が落ちるのを嫌がるわけですね。そういう人々は買うときも売るときも適切なタイミングを語るのを避けます。

長期投資なら始めるタイミングを気にしなくていいでしょう。
売るときについては、お金が必要になったときに売ればいいじゃないですか。

こんな感じです。買うときも売るときも突っこまれにくい口上を使うことが多いですね。


投資の目的は


私の投資の目的は投下資本を増やすこと、プラスのリターンを得ることなので、投資の入り口と出口は極めて大事だと思ってます。

ただ、毎日相場を見ている必要はありません。

長期投資じゃなければデイトレーディングか、みたいな極端な話をするつもりはありません。入り口と出口を気にしない長期投資ではなくて、数年単位で来るマクロ経済の循環に乗る中期投資です。

ざっくり言うと、たとえば日経平均が10,000円割れて相場の雰囲気が真っ暗なときに投資を始めて、日経平均が20,000円を超えて相場の雰囲気が強気なときにリスク資産を落としていくという投資法です。(日経の水準はあくまで目安です)

これなら毎日相場を見る必要はなく、数年タームで資産をホールドしておけます。

入り口と出口を考えた中期投資です。


タイミング投資は成功するか、失敗に終わるか


さて、実はここからが本題。メインの実証分析です。

入り口と出口を考えた中期投資は成功するか。

言い換えれば

タイミングを狙った投資は失敗するか。

実証分析の期間:2005年1月から2015年6月
使用データ:日次データ
対象ファンド:データが揃う国内株式のインデックス投信(末尾記載の18ファンド:対象ファンドの元本額は1兆~1.5兆円ありますので、ある程度は集団の投資行動をトラックしていると考えていいでしょう)
集計:元本額の増減

実証分析の目的:日経平均の1,000円刻みの価格帯で、元本の増減額を計測することで、インデックス投資家の投資行動を推測する。

仮説A:タイミング投資は成功する
仮説検証A:1,000円刻みの価格帯で、低い価格帯で元本が増え、高い価格帯で元本が減っていれば、仮説は支持される。(投資家はうまくタイミングを取れた)

仮説B:タイミング投資は失敗する
仮説検証B:1,000円刻みの価格帯で、低い価格帯で元本が減り、高い価格帯で元本が増えていれば、仮説は支持される。(投資家はタイミング投資で失敗した)

仮説AとBは表裏一体です。


さて、結果


まず、投信の元本の推移と日経平均株価の推移です。

投資のタイミング 小黒とら

2007年から2013年にかけて大きく買って、最近は売り越しですね。

これを日々データで元本の増減を集計したのが以下の図です。

投資のタイミング 小黒とら

これを見ると、日経平均が7,000円から9,000円の時に大きく買い越しているのがわかります。

12,000円と18,000円のところで大きく売り越しになっています。

この図を見ると、低い価格帯で元本が増え、高い価格帯で元本が減っています。過去10年の個人投資家は、わりと上手くタイミングを計れていたと言っていいのではないでしょうか。


まとめ、のようなもの


タイミングは難しい。本当に難しい面もあります。

でも、投信会社やFPや経済評論家の中には、個人投資家にタイミングのことに触れて欲しくないインセンティブを持つ人がいます。

タイミングは難しいから、長期投資ならタイミングを考えずにいつ始めてもいいという人は、本当にそう思っているのか、そう言うことが自分にとって都合がいいからそう言っているのか、ですね。

少なくとも、過去10年くらいのインデックス投信の元本変動を見ると、個人投資家はうまく底値を拾って、うまく売り上がってるように見えます。

専門家の見解より、名もなき個人投資家の集団の方が一枚上手ですね。


集計対象ファンド


0831185A MHAM株式インデックスファンド225
47311988 日経225ノーロードオープン
29311041 ニッセイ日経225インデックスファンド
4731102B DIAM 国内株式インデックスF
64311024 DC日本株式インデックスファンドL
0331298B 三菱UFJインデックス225オープン
03313039 三菱UFJ DC国内株式インデックスファンド
04311031 DCダイワ 日本株式インデックス
25311986 JA TOPIXオープン
59311991 しんきんインデックスファンド225
0131202A 野村 国内株式インデックスF(確定拠出年金)
7931198B 三井住友・225オープン
58311997 りそな・日経225オープン
0231104B 年金インデックスF日本株式(TOPIX連動型)
0131401B トピックス・インデックス(確定拠出年金)
79312032 三井住友・日本株式インデックス年金F
0331402B 三菱UFJ DCトピックスオープン
49314019 東京海上セレクション・日本株TOPIX

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
512:

>>長期投資をすすめる人の事情
販売会社である銀行や証券会社もそうですね。
信託報酬は販社の取り分が結構多いですし、預かり資産が極端に増減するよりも安定していてくれた方が売上げの読みがしやすいです。
分配金についても同様の事が言えると思っています。


2015.06.20 11:50 ニャーゴ #- URL[EDIT]
515:

私は、ドルコストを始めてすぐに出口で悩み始めました。
正直、今でも入口より出口を重視するべきだと思っています。
入口を軽視しているわけではないですが、自分なりにいろいろ眺めていても、自分の上げ下げに対する直感と相場がほぼ一致しないもので(^_^;)
少額のドルコストを続けながら、チャンスでドン!の方が初心者向きなのではないかと思ったり。

しかーし。
知識の差はあれ、銀行定期ならまだしも、上がったり下がったりする物を
入口出口いつでもOK♪ほったらかしでいいよ♪と
言い切ってしまうのは、やっぱり腑に落ちないですねぇ。
もちろん、読めないからと言って、タイミングを逃すのももったいないけど、それも所詮は結果論。
タイミングを間違えて、大きく減らす方がよっぽと罪な気がします。
だって、銀行定期だけで老後を迎える人の方が多いんだもの。
投資などの対策をしてないと老後が大変ですよーって言うのもわかりますが、
それって、殖やせてこその話ですよね?
定年後に張り切って参戦して、数年で大きくしよう!なんて、証券会社のカモでしかないと思います。
超大手証券会社のセミナーに参加した際に、毎月分配型の仕組みについて質問したら、以後、一切声が掛からなくなりました(笑)
最初に毎月分配型を買った時は、ラップ口座だの、これからの資産運用だの、毎週のようにお誘いがあったのに。
あと、売却の電話をした時に、必ず専門の担当さんに電話を回されて、どうして売却するのかを訊かれるようになりました。
なぜ?(笑)

2015.06.20 19:51 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
516:

これ、もし日経平均2万円から上離れしたら大半の個人投資家が買い遅れ涙目になりませんか?
実際、1万2千円と1万8千円の価格帯ではそういう事が起きていますよね。
高値でも確信を持って買い向かえるごく一部の個人投資家と、淡々と買い増していくインデックス投資家が勝ちっぱなしな状況が続いています。
日本の個人投資家は逆張りに偏りすぎです。逆張りが悪いとは思いませんが、バランスが悪いと感じます。

2015.06.20 21:02 さいもん #- URL[EDIT]
518:

逆張りのタイミングを狙いすぎて、
アベノミクス相場の美味しいところを逃しまくった私が通りますよ。
(ノ◇≦。) ビェーン!!

タイミング投資、積み立て投資、
どちらのメリット・デメリットも分かるんですが、
その成否は投資家さん個人個人のメンタルに大きく拠ると思っています。
どちらも合う人には合うし、合わない人は避けた方が良い。
あくまで一般論では、積み立て投資の方がベターだと思いますが。

2015.06.21 08:39 mushoku2006 #/EliecKQ URL[EDIT]
519:

※512:ニャーゴさん
そうですね。販売会社の信託報酬もそれなりに高いですね。販売会社は販売手数料でも信託報酬でもダブルでおいしいですね。

2015.06.21 09:22 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
522:

※515:みみんさん
少額のドルコストを続けながら、チャンスでドン!って、いいですね。上がり局面ではドルコストをやっていることで多少の満足があり、下値でドンと買えればいいリターンが期待できますからね。
出口入口は大事ですよね。減らして終わるのは避けたいですね。ほったらかしでいいよ♪と言い切るのは、それはそれで一つの運用方法なんでしょうけど、出口をどう考えているのかが私にはちょっと腑に落ちないです。
売却理由を聞かれるのは・・・ 現金化するには理由があるってことで、オレオレ詐欺の対策かもしれませんね。(笑)

2015.06.21 09:55 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
523:

※516:さいもんさん
日経平均2万円から上離れしたら大半の個人投資家が買い遅れ涙目になりますね。だいたいにおいて、利食いは先走る傾向がありますから。日経平均2万円は高値圏だと思いますが、もうはまだなりで、もう一吹きあるかもしれませんね。
上値を追っていく順張りは、トレンドがある局面では強いですね。私も「always long on the top」の精神で乗せていったこともあります。ただ、強気で攻めていく場合でも、淡々と買い乗せていく場合でも、大事なのはトレンドが変わった時に適切に対応できることでしょう。利食いなり、ロスカットなり、ポジション調整なり、そういうことで、増えたポジションをどう整理するかですね。
たしかに、日本の個人投資家は逆張りに偏りすぎですね。おっしゃるようにバランスが悪いと思います。

2015.06.21 10:04 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
525:

※518:mushoku2006さん
コメントありがとうございます。
アベノミクス相場の美味しいところを逃したのは残念でしたね。(^_^;)
でも、またチャンスは来ると思います。
そうですね、タイミング投資、積み立て投資は、投資家のメンタルによって合う、合わないはありますね。

2015.06.21 10:29 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
526:

ここ10年の日経225ですとちょうど鍋底カーブになっていますから ドルコストで運用した人はラッキーだったと思います。

ETF1321 10年 Yahoo! ファイナンス
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=1321.T&ct=z&t=ay&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v

2015.06.21 13:33 Tansney Gohn #SNAM66t2 URL[EDIT]
527:

※526:Tansney Gohnさん
そうですね。ドルコストでコツコツやってきた人はいまは良い状況ですね。ドルコストの積み立てって、出口をどうするのだろうというのが率直な疑問です。

2015.06.21 16:23 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
529:

> 出口をどうするのだろうというのが率直な疑問です。
そうですね。。 分割で買い 分割で売るのは良いと思います。
一括だとバクチ度が高くなりますから。
あと、やはり中期的なファンダを読んで世界的な資金が移動する先のウェイトを上げることと、年齢に応じたリスク設計にすることなどでしょうか。
1つのアセットに関しては入り口出口ありですが、全体では出口なしで良いと思います。

2015.06.22 06:50 Tansney Gohn #SNAM66t2 URL[EDIT]
532:

※529:Tansney Gohnさん
中期のファンダメンタルズを読んで、マネーフローを読むことが大事ですね。あとはリスク管理ということですね。

2015.06.22 13:22 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する