サザエさん一家の遺産相続 相続税について

6月14日のTBSテレビでサザエさん一家の遺産相続が取り上げられました。[外部記事]

私は番組を見ていないのですが、番組の中で「波平が死亡すると、相続税の支払いには不動産の売却が必須である」となったそうです。

え?

今回は相続税について


相続税の改正 2015年


2015年1月1日から相続税が改正されました。

相続に関わる基礎控除額が、それまでの5,000万円から3,000万円に引き下げられるとともに、法定相続人1人あたりの控除額も、それまでの1,000万円から600万円に引き下げられました。

あわせて、高額の遺産に適用される税率も引き上げになってます。(1人あたり、2億円以上を相続する時の税率なので、一般の人はあまり影響のない部分ですが)

相続税の税率は以下です。

相続税 小黒とら

さて、これでサザエさん一家の相続税を考えます。


法定相続の割合で相続した場合


冒頭にリンクした記事によると、磯野家の総資産は約1億4,157万3000円です。東京都世田谷区桜新町の土地、家屋で1億2,300万円、その他に金融資産が2,000万円くらいあって、合計1億4,200万円です。

ということで、1億4,200万円を丸ごと、波平さんだけが所有しているとします。

磯野家の土地、家屋がフネさんとの共有だったとか、波平さんに隠し子がいるとか、波平さんがひそかに遺言を残していたとか、そういう家庭の複雑な事情は考えないことにしましょう。

また、不動産の評価について、「小規模宅地等の特例」も考慮しません。適用されないとして話を進めます。

単純化のため、「遺産1億4,200万円」で夫が亡くなり、妻が1/2、残りを子供が均等に分割するという法定の割合で相続するケースを考えます。

妻の配偶者控除は考慮しますが、子供の未成年控除は考慮しません。

果たして、TBSの番組であったように「波平が死亡すると、相続税の支払いには不動産の売却が必須」なのか?


一次相続と二次相続


一次相続とは、波平さんが死亡し、遺産が配偶者であるフネさんと子供に渡ることです。それに対して、二次相続という言葉があり、二次相続は、フネさんから子供に渡ることです。

二次相続で世代間の資産移転が完了します。

相続税を考える場合、特に資産家の場合は、二次相続まで考えたトータルのプランニングが重要になります。一次相続のすぐ後で二次相続が発生することもありますので。

今回は二次相続までを考えた相続プランまでは踏み込まず、普通に相続した場合を考えます。


まず、一次相続


遺産:1億4,200万円。
被相続人:磯野波平
相続人:磯野フネ(妻)、サザエ(子)、カツオ(子)、ワカメ(子)
相続割合:法定割合

計算式は以下の図

サザエさん相続税 小黒とら

結果は、課税計算額は、1,190万円です。

そのうち、フネさんの課税額680万円については、配偶者控除が受けられますので納税はゼロです。

磯野家の全体で見ると、サザエ、カツオ、ワカメの3人の納税額510万円が納税すべき金額となります。

510万円なら、波平さんの残した金融資産で納税できるでしょう。


続いて、二次相続


間もなくフネさんも亡くなったとします。

波平さんに先立たれ悲嘆に暮れて、間もなくフネさんも亡くなったというシナリオでも、波平さんの没後、フネさんが生き生きと人生を楽しんで大往生を遂げたシナリオでもいいのですが、ともかく3人の子を残してフネさんも亡くなったとします。

フネさんの遺産額は、波平さんの死亡時に受け継いだ7,100万円(1億4,200万円の半分)とします。

遺産:7,100万円。
被相続人:磯野フネ
相続人:サザエ(子)、カツオ(子)、ワカメ(子)
相続割合:法定割合

計算式は以下の図

サザエさん相続税 小黒とら

結果は、課税計算額は、230万円です。

これくらいの納税額なら払えますでしょ。


トータルの相続税 納税額


一次相続(510万円)と二次相続(230万円)の合計額は、740万円です。

磯野家の金融資産は2,000万円くらいあるそうですし、普通に納税は可能なはずです。

う~ん、「波平が死亡すると、相続税の支払いには不動産の売却が必須」というのは、どうしてなんだろう・・・?

今回は考慮しなかったけど、「小規模宅地等の特例」だって使えるはずだし、手元に納税資金がないとしても、世田谷にあれだけの不動産を持っているのだから、マスオさんとうまくやって不動産を担保に銀行からお金は借りられるでしょう。

磯野家の不動産を売らなきゃいけない理由が見当たらないです。

ま、売らなきゃいけないとした方が番組的には盛りあがるのかもしれませんが・・・ 番組がどういう作りだったのか興味があります。


おまけ、のようなもの


法定分での相続の場合、一次と二次の合計額は740万円でした。

これを、一次の時点でフネさんが4,800万円を相続し、子供が1人あたり3,133万円を相続すると、一次相続の納税額は724万円になります。

二次相続時点では遺産総額がフネさんの4,800万円ですから、ちょうど基礎控除額の範囲内なので相続税はゼロです。

つまり一次と二次を合わせて724万円です。

法定割合のときは、740万円でしたので、26万円ほど負担が軽くなります。

このケースは差があまり出ないのでいい例ではありませんが、遺産の額や法定相続人の数などによっては、法定割合以外の割合で相続した方が負担が軽くなるケースがあるという一例です。


すみません、最後に一言


私は税理士資格を持ってませんので、その点、ご承知おきください。正しいと思える情報と合理的と思える方法で試算しましたが、誤りがある可能性があります。

テレビで大々的に不動産の処分が避けられないというからには、それなりの根拠があるのだと思いますが、私にはどうも違和感が残ったので記事にしてみました。私の認識違いがあれば教えていただけると助かります。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
508:まったくのお門違いだったらごめんなさい!

「配偶者の税額軽減の特例」で1億6千万円まで相続税の納付が不要であれば、一次相続では一旦フネさんに集約してはいかがでしょう。

もし、フネさんが遺族年金だけできっちり生活してくれて、波平さんの遺産のほぼ同額が、サザエさん、カツオくん、ワカメちゃんに二次相続になるとしたら…。
2,000万円を分けるのは簡単ですよね。
不動産は成人しているサザエさんが相続するとしたら…。
サザエさんはカツオくんとワカメちゃんに約4,000万円ずつ払わなくてはならなくなるから、家の売却が必要になるとか??
文筆するとか共有名義にするなら、これまた別の話になりますけど。

まったく自信はないですが、相続税が資産内で賄えそうだとすると、私の知識ではそれぐらいしか思いつかなくて…(^_^;)

昔、『渡る世間は鬼ばかり』で、二女の嫁ぎ先のラーメン屋がこんな感じだったような。
ラーメン屋の価値が1億で、それを長男が継いでいるので相続はしたけど、妹二人が3,000万円ずつくれとしつこかった話があったので、それに近いのかなと思いまして(^_^;)
でも、あの時のラーメン屋は、先代が亡くなっただけで3兄妹の母親は存命だったんです。
その時の母親の取り分は?と訊かれると、まったく記憶にないんですけどね…( -_・)?

2015.06.18 16:27 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
509:

※508:みみんさん
なるほど。それぞれ子供(サザエさん、カツオくん、ワカメちゃん)が財産分与を主張すると、不動産を処分してお金で清算しなきゃいけないってことですね。
相続税の問題というよりは、財産分与の話として不動産の処分が避けられないということ・・・
う~ん、資産を持っている家は、それはそれで大変ですね。

2015.06.18 21:19 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
510:

こんばんは
確かに財産を綺麗に分けるには家を売ることになるかな?
こうなると下手に持家の価値が上がると困ることになるんですね。
不動産に集中した資産状況って現実多いでしょう。
…勉強になりました。

2015.06.18 22:54 yazirobe777 #- URL[EDIT]
511:

※510:yazirobe777さん
そうですね。財産分与を考えると不動産処分ということなんだと思います。元の記事は相続税の支払いには不動産の売却が必須ということなので、納税負担の問題かと思ってたのですが・・・まあ、元記事の内容だけではよくわからないですね。^^

2015.06.19 22:48 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する