長期投資を考えるために 日米で実質株価指数を作ってみました

投資は長期投資でというのは聞きなれた言葉です。

でも、本当にそれでいいのかな・・・

ということで長期投資については過去にもいくつか記事を書いてきました。

今回は、これまでとは少し違った視点を加えての再検討です。


実質の株価推移を考える


もはやデフレではない、という言葉もあるようです。日本はデフレ体質から脱却しつつあるのかな・・・と期待しています。私はデフレよりマイルドなインフレの方がいいと思ってます。なぜマイルドなインフレの方がいいかというと、その方が経済が好循環になりやすいと思うからです。

ま、ちょっと話題がずれるのでインフレはこのくらいにして、実質ベースで見た株価の推移に話を進めます。

実質 = 名目 - インフレ率

です。

なので、月次の実質リターンを、月次の株価リターン - 月率インフレ率 で計算します。


株価指数の実質化


名目リターンからインフレ率を引いて、指数を実質化したのが以下の図です。

実質株価指数 小黒とら

この実質株価指数は、MSCIの株価指数を、世界銀行のサイトにあるGDPデフレーターを使って実質化したものです。どちらも現地通貨ベースの株価指数を使っています。

さて、この図から何を考えるか?


実質化した株価指数を見て考えたこと


投資において大事なのは、考えることではないでしょうか。

最後の最後は、当たるも八卦、当たらぬも八卦で、エイヤッとやるにしても、考えた上でのエイヤと考えずにエイヤでは、それこそ長期的に結果が異なると思うのです。

考えた努力は、いつかどこかで何らかの形で報われると信じたいですね。

で、上の図から私が考えたことです。

それは、やはり長期投資は注意した方がいいなぁ~ということです。


まとめ、のようなもの


株式に投資する目的は、最低限のラインとして、インフレ率よりも高いリターンを得てインフレによる目減りを防ぐことだろうと思います。

インフレ率控除後の株価指数を見ると、90年以降は日米で指数の動きが似通っています。しかも、どちらもトレンドよりはサイクル性が高い感じです。

90年代以降の動きをみると、長期的に投資していればインフレに勝って資産形成ができるかどうかは、投資のタイミングが大きく影響するというのが私の考え方です。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
335:

アクティブファンドのファンドマネージャーが考えてないことはないと思っています。それこそ、一般の個人投資家なんかより、常に考えているとも。
その考え抜かれているファンドが、常に儲かっているかといえば、そうでもない場合も多いと考えるのなら、考えるのは重要だと私も思いますが、考えても仕方ないといったこともありそうです。

後、本記事とは関係ありませんが、このグラフを見ると、どこをどのように見れば、複利になるのか?と(笑。長期投資で複利を前面にメリットと押し出している方々は、何を根拠に言われているのかな?と疑問に思ったりします。

2015.05.23 21:41 煙々 #- URL[EDIT]
336:

※335:煙々さん
そうですね。考えても考えなくても、結果が伴うとは限らないですね。考えても仕方ないことはあるでしょうね。
重要なのは、自分がどう考えるかだと思うのです。考えて、自分なりの投資のスタンスを決めていれば、外野の声に惑わされることはありません。後悔という心理的な要素も加味すると、自分で考えた人と、そうでない人の差は出るでしょうね。

投資について長期で複利で・・・と言う人は、どこまでちゃんと考えているのだろう・・・とか、あ、それってポジショントークだな・・・思うときがあります。

そういう意味では、これまでに流布している投資の常識やセオリーは、ゼロベースで自分の頭で考え直した方がいいと思うのです。投資は自己責任ですから。

2015.05.23 22:30 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
337:

投資は人より2倍考えれば10倍儲かるといいますね。
長期投資もタイミングが重要で、確かに考えなしに長期投資は優れているとは言い難いと思います。
(DCとかは長期止むなしなんですが…)
事前に十分考えて、大きなブルなりベアなり起こった時に
自分の考えたプランを機械的に行えればベストかと思います。
でも、いざという時は想定どうりに動けないもので、最近のブル相場には魚に逃げられぱなしです。

2015.05.24 00:13 yazirobe777 #- URL[EDIT]
338:

※337:yazirobe777さん
そうなんですよね。長期投資は優れているとは言い難いと思います。マクロ経済的には成長率は低下、インフレ率も低下し、市場間の共変動が増す中で、長期投資のままでいいのかなという思いがあります。数年単位で来るサイクル性に乗る「中期投資」という考え方もあると思うのです。
DCは長期のポジションで、別枠投資分を中期投資にするという考えもあるでしょうね。

2015.05.24 08:04 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する