貯蓄平均 1,798万円

2014年の家計調査が発表されました。

1世帯あたりの貯蓄の平均残高は、1,798万円です。2年連続で増加しました。

株高の恩恵が出てますね。

普通と定期預金の合計で1,140万円、生命保険などが370万円、有価証券が250万円です。

有価証券をリスク資産とみなせば、家計におけるリスク資産の比率は14%程度です。貯蓄と投資の比率を見るとわりと安定志向ですね。

ちなみに貯蓄平均ですが

サラリーマン世帯の平均残高は1,290万円
シニア世帯は2,372万円

やはり、シニア世帯(世帯主が60歳以上で無職の世帯)の貯蓄額は多いです。

なお、貯蓄のある世帯のうち、中央値は、1,052万円です。

手っ取り早く見るなら:読売ニュース
じっくり見るなら:総務省の家計調査

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する