シャープの優先株発行と、明日からの株価について

シャープの第三者割当による種類株式の発行に関するリリースを読みました。

今日はいい天気で外に出かけてたので、ついさっき読み終わったところです。

今回はシャープの今後についてです。


リリースの概要


一読した感想は、既存株主にそれなりに配慮した感があるというものです。配慮というのは、優先株の普通株式を対価とする取得請求権に100円のフロアーを付けたことです。

減資&優先株発行前の純資産額は445億円で、1株当たり純資産(BPS)は18円です。簿価ベースの解散価値を考えたら、1株18円の評価ですから、それに対して100円の下限を付けたのは配慮と言えるでしょう。

と、ここまでは配慮。


この先は既存株主には厳しい話


この先は既存株主には厳しい話です。

おそらくですが、この先しばらくは普通株の配当は無配か、あってもごく少額でしょう。

なぜなら、優先株のB株には年7%、A株にはTibor+2.5%で、この配当が優先するからです。では、優先株の配当の後で、余った分を普通株に配当するかというと・・・

リリースには

「当社は、本計画の実行による内部留保資金の積み上げを行い、金銭を対価とする取得条項を用いてA種種類株式を取得することにより、普通株式を対価とする取得請求権による希薄化が顕在化することを可能な限り回避することを目指しております」


とあります。

同じことはB種株についても書かれています。

これの意味することは、優先株の配当をして、その後の残った利益は内部留保に回します。それで優先株を金銭で取得します。それが既存の株主にとって希薄化を避ける道です。ということです。

なので、シャープの優先順位としては、

1. 優先株への配当
2. 内部留保の蓄積(B株、A株の金銭取得のため)
3. 普通株への配当

です。

で、問題は2


金銭を対価とする取得条項


A株B株とも、優先株に関する「金銭を対価とする取得条項」が付いています。

これはシャープが強制的にお金で優先株を買い取れる条項です。優先株を買い取れば普通株への転換がなくなり、普通株の希薄化が避けられます。

で、この取得条項ですが、取得価格は110%です。主力銀行の2,000億円、JISの250億円に対して、買い取り金額は2,500億円程度ですね。

まずは、シャープは必死に内部留保の蓄積に励むでしょう。

主力銀行もJISも、優先株の配当と内部留保の蓄積を優先させるプレッシャーをかけるでしょうから、一般株式への配当はあまり期待できないと考えた方がよさそうです。

ま、一読しただけのざっくり感想なので、誤解や読み落としがあるかもしれません。


まとめ、のようなもの


リリースをざっくり一読した感じでは、主力銀行とJISで資本を作ったものの、それを元手に利益の蓄積が最優先。なので、普通株の配当は期待しにくいということです。

普通株は配当も期待できず、BPSは実質ゼロに近い株です。

となると明日からの株価は・・・

私なら下を見ます。

当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが。(^^;)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
302:

こんばんは
読むのに労力がいる文章ですね…
株主でもなければ最後までは読めません。
既存株主は長期にわたり辛抱が必要ですね。
自分が株主ならば即時撤退か、将来、他の株で利益が出た時の税金を減らす用途に使うかぐらいですか…う~ん…

2015.05.14 23:59 yazirobe777 #- URL[EDIT]
303:

読むのに労力がいる文章ですね…
株主でもなければ最後までは読めません。
→リンク先のリリースです。失礼しました。

2015.05.15 00:02 yazirobe777 #- URL[EDIT]
304:

※302:yazirobe777さん
そうですね。既存株主はかなり長いこと辛抱が必要になりそうです。私も、株主なら即時撤退です。
補足のコメントもありがとうございます。(^^)

2015.05.15 20:32 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する