99%減資と100%減資の違い

このチャートは、シャープでしょ。

204_Sharp.png

99%減資のニュースが伝わって初めての取引でした。かなりシャープです。


99%減資と100%減資の違い


シャープは99%減資、JALは100%減資でした。

99%減資と100%減資の違いですが・・・

残念ながらどっちも大差ありません。100%減資は完璧に無価値、99%減資はほぼ無価値。それくらいの違いでしょう。

99%減資の場合、会計上は「資本金」を減らして、「剰余金」に振り替えます。資本金の額を減らすから「減資」なんですね。資本金を減らした分、剰余金が増えるので株主価値は変わりません。(無償減資の場合)

減資しても、1株当たりの純資産価値(BPS)は変わりません。

それなら株価にはニュートラルではないかと思うかもしれませんが・・・

後々、大規模な増資が行われるという見込みが立つので、結局、既存株主の価値は大幅に毀損することになります。それを織り込んでの今日の下落なんです。

シャープは実質的に債務超過と言われていますので、債務超過であるなら100%減資でも99%減資でも、既存株主にとってはどちらも終了宣告です。

100%減資は会社更生などで法的にも破綻処理が進む場合。99%減資は、法的には生きている企業を生きた状態を保ちながら再生させる方法。株主にとってはどちらにしても株主責任は避けられません。

余談ながら、ここまで書いて気がつきました。
我が家のTVはシャープの液晶テレビ。いま使っているPCは東芝のダイナブックです。どちらも旬な企業でした。(^^;)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
286:

ロイターの記事の通りだと、価値の希薄化は相当な規模ですよね。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0Y005C20150509

2015.05.12 08:00 Colorless Freedom #- URL[EDIT]
287:

※286:Colorless Freedomさん
かなりの希薄化になりそうですね。

2015.05.12 19:50 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する