子供の株式投資の記事を読んで 投資教育について考える

私は必ずしも、投資は若いうちから始めた方がいいとは思いません。しかし、投資の学習は若いうちから始めた方がいいとは思います。

今回は投資教育についてです。


子供が株式投資


5月5日の子供の日、日経ウェブ記事に「1.2兆円流入も 子どもNISAが未来開く」というのがありました 。[外部記事]

日経らしく筆が走ってる内容です。

親と一緒に株式の銘柄選択をする12歳の子供や、親と一緒に投資セミナーに参加する8歳の子供の例が書かれています。小学校3年生のころ、父親の戸棚にあった証券関連の本を読んで興味を持って株式投資を始めたという話も載っていました。

記事によると、12歳の子が「広告にすごくお金をかけてるね」とか言って、「テレビCMを観る時は株主目線のチェックが入る」んだそうです。


日経記事への反応


小学生くらいの子供が株式投資をすることについて、何もわからない子供のうちから株式投資なんて・・・という批判が一部には出ています。[外部記事]

確かに、12歳の子供が「株主目線のチェックが入る」なんていう記事を目にしたら、う~ん、そんなチェックを入れるより前に学ぶべきことはあるでしょう・・・と言いたくなるのはよくわかります。

子供の分際で、利いた風な口を抜かすな!

って感じでしょうかね、違うかな。(^^;)

まあ、ともかく、これは子供が悪いんじゃなくて記事のノリが良すぎるんでしょうね。


私の考え方


私の考えとしては、小学生のうちから株式投資をするのは問題があります。それは、金融は虚業で、子供にはまず実業の尊さを教えるべきという価値観からではありません。

世の中には実業が主で、金融は従属的な産業という考え方がありますが、金融の社会的意味は別の機会に考えたいと思います。

小学生の株式投資に話を戻します。

問題は、投資は自己責任だということです。

私が思う自己責任とは、自分の判断で行動を起こし、その結果を丸ごと受け入れることです。小中学生では自分の判断を下すには未熟だと思いますし、結果を丸ごと受け入れることも難しいでしょう。

投資に失敗しても、最終的には親がサポートしてくれる環境で株式投資を続けると、変な負けグセがついてしまう恐れがあります。親が損失補填をしないという厳しい教育方針ならそれもいいのですが、そうすると子供は投資の興味を失ってしまう可能性があります。

いずれにしても親がしっかりとした投資の考え方を持っていないと、変なクセを付けただけの単なるマネーゲームで終わってしまう気がします。

いきなり実戦で入るより、高校生くらいの時からしっかりと経済や金融について学ぶべきでしょう。


投資を始める前に


いきなり株式投資を始める前に、金利、為替レート、株価、企業価値の動き方などについて体系的な勉強をすべきだと思うのです。

独学でもちゃんとした本を読めば、ある程度は学べます。

残念なのは、基礎的な学習を抜きにして、マネー雑誌や著名投資家の投資法をなぞる本を読んだり、投資会社のセミナーに行ってしまうことです。

堅い本を読まないうちに読みやすい本を読むと、分かった気になってしまうだけです。投資会社のセミナーは、顧客に投資してもらいたいという意図がありますので、投資させるための話術でできています。

投資についてきちんとした知識を持っていれば、投資させるための話術も見抜けます。


まとめ、のようなもの


生兵法は怪我のもと。

と言うと、えらそーに思われるかもしれません。でも、はやり、順番としては座学が先で、その後に実戦でしょうね。

習うより慣れろ。

自転車の運転やスポーツは理屈抜きに練習を積む方がいいでしょう。下手に考えすぎるよりは、とにかく実践することで上手くなれます。

しかし、投資の世界は自転車の運転ではなく、兵法に似ていると思うのです。

いーから、とりあえず相手の城に乗り込んでみ。やればできるから。がーっと走って、ぐいっと突っ込めば相手は引くから。え?引かなかったら? そんなのまずは乗り込んでからの話だ。ほれ、やってみ。

じゃなくて

状況を確認して、リスクを見積もって、最適な戦法を考えて、セカンドベストの戦法も代替案で持っていて、想定外のことが起きたときの退却路のことも考えて、戦闘後のことも考えて、それで踏み切るかどうかを考える・・・

でしょう。

そこまでしても結果は不確実ですけどね。

ともかく、若いうちから始めるのは座学です。実戦より先に。その方が実りが大きく、怪我も少なくて済むはずです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
262:

こんばんは
投資教育については日経はやや煽り気味(笑)
投資は人によって極端にバイアスがかかりがち…まず子供より大人(世間)の教育が必要な気がします。
投資の前に経済を体系的に学べれば周り道でも結局はいい結果をもたらすと思います。ただ何から学ぶかが難しい所です。
投資と兵法は確かに相性がよく、孫子とかの言葉を当てはめると当てはまるものもあり、だめなものもありで面白いです。
(○兵は国の大事なり→投資は国の大事なり ×兵は詭道なり→投資は詭道なり(イン○イダー取引のことかな?))

2015.05.08 01:53 yazirobe777 #- URL[EDIT]
263:

日経ヴェリタスの記事だからああいうトーンになっちゃうんでしょうかね。さりげなく某投信会社のステマも入ってますし(笑)
私も子供の時から始めるよりは「急がば回れ」だと思います。

2015.05.08 06:55 nana #- URL[EDIT]
264:

※262:yazirobe777さん
まず子供より大人(世間)の教育が必要というのは同感です。
きちんとした知識を持っていれば、いい加減な情報には惑わされないですからね。

2015.05.08 09:55 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
265:

※263:nanaさん
あの記事は疑問を感じますね。
それこそ準備期間を含めた長期的な視点が重要ですね。

2015.05.08 09:57 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する