金融商品の中で、手数料が際立って高いのが保険

主要な金融商品の中で、手数料が際立って高いのが保険です。たとえば、投資信託は3~5%ですが、損害保険は30~35%です。ひとケタ違います。皆さんの払う100円の保険料のうち、30~35円が手数料として取られているということです。[引用元]


ウェブ記事からの引用なんですが、たしかに保険のコストは高いです。

大手生保の保険料は米国の2倍もするとも書いてありました。日本の生保は保険の勧誘には、かなりのコストをかけてますからねー。勧誘員の報酬もそうですし、生命保険の社員の報酬も含んだ値段設定になってるのが生保の保険料です。

金融商品としてみた場合、生保も損保もかなり割高です。

もちろんそこには金銭に換算できない「安心料」という精神的な面もあるんですけどね。


たとえば海外旅行保険


ウェブ記事には保険料の高止まりの原因の一つとして、プーリング(リスクの度合いに応じて保険集団を分ける)方式が硬直的とありました。

リスクをちゃんと分けてない、どんぶり勘定なわけです。

リスの小さいものには安い保険料、リスクの高いものには高い保険料で細分化すると、リスクに応じた保険料になるのですが、どんぶり勘定の場合、どうしても割高になります。

たとえば海外保険旅行です。

サイトが使いやすかったので損保ジャパンを例にします。

保険料を抑えたいPAタイプ
傷害死亡・後遺障害 1,000万円
治療費用 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品損害 30万円
救援者費用 1,000万円

この保険に対して支払う保険料についてです。

通常、海外旅行の行先によってリスクは違いますよね。それに旅慣れた人か、初めての海外旅行なのかによっても違います。まあ、後者の要素は測りにくいので除くとして、少なくとも目的地によってリスクは異なるはずです。

病気になる確率は旅行先の衛生状態などにもよりますし、事件に巻き込まれて傷害を負う確率も旅行先によって異なるからです。

シンガポール、タイ、フィリピン。これらの国の保険料は1,680円で全部一緒です。

う~ん、感覚的にはシンガポールのリスクは相対的に低く、フィリピンは高いと思えます。シンガポールに行く人は割を食ってるんじゃないかと・・・

さらに、ドイツとイタリアは1,710円です。メキシコと「その他中南米地域」は1,790円です。その他中南米地域には治安の悪いコロンビアやブラジルも含まれます。そういう国が1,790円でドイツが1,710円というのはリスクに合わない値段設定のような気がしますね。


どんぶり勘定


どんぶり勘定なのは海外旅行保険だけじゃないです。火災保険、自動車保険、生命保険もそうです。

日本の保険業界は長いことぬるま湯体質でした。逆ザヤで苦しんでいたというのは割り引いても、保険分野に関しては日米交渉で、米国の攻勢に日本は防戦一方でした。日米保険協議のことです。

生損保業界では、日米保険協議の結果をを米国の政治的圧力に日本政府が屈.したと見る向きが多いのですが、逆側から見ると、それだけ攻め入るすきのある非効率な業界だったということでしょうね。

保険は商品性がわかりにくいということもあって、価格の面で競争原理があまり働いていません。消費者が割高なサービスを受けているという点では、保険商品も投資信託も同じような面がありますね。

保険会社がもう少し保険料の透明性を高めてくれるといいんですけどねー。

以前も書いたのですが、金融商品として保険を分析する際に保険のコストなどの情報が見当たらないのです。ただ、まあ、漠然とですが、保険料は高い気がしますね。精神的な安心感を得るための値段も含まれてるんでしょうね。

参考過去記事
FPが保険をすすめる理由 販売インセンティブと保険のコストについて

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
195:

昔保険を売っていたので、よくわかります。
予定事業費率が滅茶苦茶高いんですよね。

日米保険協議の結果、生保死亡保障の第一分野、損保の第二分野には入って来ない代わりに第三分野のガン保険をアメリカンファミリーなどに独占的にやらせるという非常に歪な決着のさせ方をしましたね。
結果的にその第三分野が一番伸びるところだったわけで、やはりこここもアメリカにしてやられる日本の構図があるのでした。。。

2015.04.23 00:51 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
197:

※195:招き猫の右手さん
お詳しいですね。
アフラック!というアヒルのCMをよく見かけますね。私は保険にはあまり詳しくないのですが、第三分野の医療保険、介護保険って、アメリカンな人たちがぐいぐい市場を開拓した感じがあります。需要を作り出したというか・・・
公的医療保険がプアな米国の保険会社だから、マーケティングが上手いのかなーなんて思ったりしてます。

2015.04.23 12:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
206:

あと、意外に知られていないのが、アメリカ人はがん保険などには入らない、ということです。
あんな誰でも罹患するものに保険に入るのは本来バカバカしいことなのです。
しかし日本人はそこは無知ですから、米政府の協力のもと、日本を主戦場と定めて乗り込み第三分野の特権を得てぼろもうけしているのです、
ちなみにアフラックは日本法人は無いんですよね、日本支社です、ようは出張所扱いなんですが、なんと本体の米アフラック本社よりもずっと利益が多いのです。
ほんと日本人って・・・カモですよね。

2015.04.25 00:20 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
209:

※206:招き猫の右手さん
出張所が本社よりも稼いでいるってのは驚きです。
下世話な話、利益に対する税金を日本は取れているのだろうか・・・というのが気になります。
それとアメリカ人はがん保険などには入らないという話も、なるほど!と思いました。

2015.04.25 11:00 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する