一度でも逃げたら、もう終わりだって・・・ そんなことないでしょ 

4月の新入社員の入社が過ぎて2週間。五月病にかかる前のタイミングですね。

「逃げで辞めるな!」――ワタミ・渡邉美樹氏の新入社員に贈る言葉、という記事を見かけました。[外部記事]

労働観や人生観は人それぞれなので、そういう考え方もありだと思います。

ただ、私は逃げてもいいんじゃない?という考えです。


ワタミ・渡邉美樹氏の言葉


元社員の人が書いた記事です。そこでの渡邉氏の言葉を孫引きします。

人と比べて自分を見るのではなく、昨日の自分と今日の自分を比べなさい。昨日の自分より少しでも成長していればいい。


そうですね。「人と比べて自分を見るのではなく」という点は賛成です。

他人と比べるから自分がつらくなるってことはよくあります。だいたいにおいて自分より優れた人と比べますから。

昨日の自分と今日の自分を比べるというのは、善し悪しでしょうね。向上心の源泉ではあるけれど、これもまたプレッシャーになり、自分を苦しめるもとになりかねません。

昨日の自分と今日の自分を比べたとき、たとえ成長していても、「あ~、成長が足りない。もっと成長しきゃ、もっと、もっと・・・」となりかねないです。成長に対するプレッシャーです。

そもそも成長って、なに?

という思いもあります。


逃げるな!という強迫観念


別の言葉を引用します。

一度でも逃げたら、もう終わりだ。理屈なんかいらない。


そういう考え方もありだと思いますが・・・

私は、

逃げた者は、もう一度戦える

という考え方です。

紀元前384年頃 - 紀元前322年の古代ギリシャの政治家、デモステネスの言葉です。

いまのギリシャはグダグダですが、古代ギリシャは哲学、政治、文化とも素晴らしいものがありますね。なんでいま、こんなにグダグダなんだろうと思うくらいです。


まとめ、のようなもの


さて、逃げた者は、もう一度戦える。

逃げて生き延びる者には、また戦うチャンスがやってくるということです。

私が思うに、本当に大事なことは、逃げないことではなく、生き延びること。そして、もう一度戦う勇気を持ち続けること。

戦うというのは、気合を入れて頑張ることだけじゃなくて、穏やかでスローな生活を送ることも立派な戦いだと思うのです。世間のいろんなノイズに惑わされず、自分の生き方を肯定するのは、それは一つの戦いですよね。

逃げたら終わりだ、じゃなくて、逃げたところからまた新しく始まることもあるでしょう。

人間万事塞翁が馬ですから。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
178:

「撤退」を「転進」と言い換える先人の知恵に学びたいものですw

2015.04.15 15:26 retire2k #- URL[EDIT]
180:

※178:retire2kさん
転進、いいですね。w

2015.04.15 21:10 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
182:

>逃げたら終わりだ、じゃなくて、逃げたところからまた新しく始まることもあるでしょう。

その通りです。ワタミは従業員の離職率が高いから、逃げるな!と言ってるのかもしれません。逃げるが勝ちです。www

2015.04.16 09:01 nana #- URL[EDIT]
183:

※182:nanaさん
逃げるが勝ちですね。w
逃げるが勝ちだし、去る者追わずです。

2015.04.16 18:56 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する