「投資行為を投資のプロにお任せするのが投資信託」は、ミスリードでは?

とても気になる記事を見かけました。投資行為を投資のプロにお任せするのが投資信託だと言っている記事です。[外部記事]

記事の内容を批判するつもりはありませんし、「それは間違ってる!」と否定するつもりもありません。ただ、ちょっとそれではミスリードでは・・・と思ったのです。

今回は、投資信託はどこまでプロにお任せなのかについてです。


気になる記事の引用


気になった部分を引用します。

株投資と投資信託の根本的な違いとは

株投資と投資信託の根本的な違い。それは、投資行為を自分でするか他人がするか。投資行為を自分でするのが株投資、投資行為を投資のプロにお任せするのが投資信託。これが根本的な違いになります。

株投資は、自己資金10万円で買える銘柄探しや買い時・売り時をすべて自分でリサーチします。すべて自分でリサーチするとなると、ある程度の時間と手間がかかります。そんな面倒なのは嫌だというならば、投資信託にご注目。投資信託は10万円以内で買える投資信託商品の売買を含め、すべて投資のプロに運用してもらうわけです。

- -

何が気になったかというと

「投資行為を投資のプロにお任せするのが投資信託」という表現です。

部分引用なので慎重な方は記事全文をお読みいただけたらと思いますが、全体のトーンとして、投資信託なら丸投げでOKみたいなニュアンスに仕上がっています。

あの・・・

こういう感覚って、「置くだけで」「吊るすだけで」OKの空間用虫よけ剤に似ている気がするんです。

蚊がいるときに殺虫スプレーをまいたり、蚊取り線香をたいたり、そういうアクティブな行動が面倒くさいから、蚊がいてもいなくても、とりあえず吊るしておけば大丈夫だろう。広告でもそう言ってるし。みたいな感覚です。

空間用虫よけ剤は「表示根拠が不十分」として、消費者庁が措置命令を出しています。


間違ってはいないけど、正しくもない


話を投資信託に戻します。

「投資行為を投資のプロにお任せするのが投資信託」というのは、間違ってはいないけど、正しくもないと思います。

ポートフォリオの構築と管理(銘柄選択、銘柄の入れ替え、売買の執行)は、投資のプロがやってくれます。その点に限れば、プロにお任せで間違いありません。

でも、

投資行為を・・・お任せする、と書くのはミスリードです。

投資行為というのは、どの投信を買うか、いつ買うか、いつ売るかも含めた行為です。いつどの投信を買うか、売るかを決めるのは投資家ですので、その意思決定にはプロは関与しません。

つまり、投信の場合、投資行為の一部だけをプロにお任せすることができるのです。一部だけです。

どの投信を買うか・・・投資家
いつ投信を買うか・・・投資家
投信の中でのポートフォリオ運用・・・プロ
いつ投信を売るか・・・投資家


初心者向けにしては言葉足らずかも


投資の初心者向けの記事なので、なおさら、もうちょっと丁寧に説明した方がいいのでは・・・と思ってしまったのです。

あの記事を読んだ初心者の方が

そっか、投資信託ならすべてお任せで大丈夫なんだ。プロが何でもやってくれるんだ。

と誤解しないかなー と、ちょっとした老婆心(老爺心?)です。


まとめ、のようなもの


投資信託なら丸投げでOKみたいなニュアンスの記事をときどき見かけます。今回たまたまリンク先の記事が目についただけです。

投資信託を過信しない方がいいでしょうね。

日本株の投資信託を買うのも、個別株を買うのも、TOPIXのETFを買うのも、投資家が抱えるリスクは実態としてはあまり変わりません。

私だったら、初心者に対してはTOPIXのETFをおすすめします。投資信託より低コストで値動きがわかりやすい、しかも銘柄選択の面倒さもありません。

ともかく、投資信託なら面倒なことはプロに丸投げでOKさ、みたいな感じからは抜け出るべきだと思うんです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
179:

元記事を拝見しましたが、ひどく乱暴ですね。

そもそも10万の資金で投資してみたらと勧めるのは・・・

それはさておき、私は投信は、選択するために知識が必要で、まぐれも無く、リターンが小さい割にリスクが大きいので難易度が高いと思っています。

実際、インディックス投資家の皆さんはそれなりに知識も経験も収入もおありです。

10万で投信やっても得るものは無いと思いますね。

一方で株式も選択が難しいし、あえて行うなら、10万以下無料の松井証券で管理人さんが言われるETFでしょう。

もう一つ、おすすめするとしたらFXです。

FXはリスクが大きいといわれますが、レバレッジを掛けなければ値動き自体は株価指数よりはるかに小さいです。

為替は一日中動きますし、世界に目を向けるので経済の勉強にはもってこいです。

100通貨(ドルなら1万2000円位)単位で、取引したら、勝っても負けても100円程度、10ポジションまでしか持たないと決めたら、大負けはないはずです。

いかがでしょうか?

2015.04.15 20:59 しらいゆうき #- URL[EDIT]
181:

※179:しらいゆうきさん
そうですね。FXはレバレッジを掛けなければ値動きは株よりは穏やかですし、グローバル経済に目を向けるので経済の勉強にもなりますね。

2015.04.15 22:21 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する