日経平均 ザラ場で20,000円超え 私は少し利食い売り

今日は寄り付きから日経平均が元気でした。

TOPIXが重たいわりには日経が強めだなーと見ていたのですが、終値では20,000円には乗せられなかったですね。ちょっと失速気味でした。

とはいえ15年ぶりの20,000円です。

菅官房長官も思わず漏らしていましたが、本当に「よくここまできた」という感じです。

米国を牽引役とした世界的な景気回復のなかで、日本は2年前にいいタイミングで強烈な金融緩和を行いました。日銀の金融緩和によって円安、株高、デフレ脱却の流れをつかんだことが、今日の日経平均20,000円につながっていると考えるのが妥当でしょう。

2年前の異次元緩和は、やってよかったか、やるべきでなかったかの二者択一なら、私はやってよかったと思っています。


ちょっとした懸念


米国の財務省は半年毎に「為替報告書」を議会に提出します。

為替報告書は、「Semiannual Report on International Economic and Exchange Rate Policies」なので、為替だけでなく国際経済(各国の経済)についてもレポートしています。

その報告書の中で日本について以下のように指摘しています。

・金融政策に過剰に依存している
・財政政策は「緊縮的」(2015年度予算で公共投資などの政府支出が減少)

「急速な財政健全化を早期に強調しすぎると、日本の景気回復や改革に水を差す」という指摘もありました。


単発エンジンでの飛行


むかしは三発エンジンを積んだ飛行機がたくさんありました。ロッキードのトライスターとか、マクドネル・ダグラスのDC-10とか、ボーイングの727とか。

アベノミクスは三本の矢です。「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」の3つのエンジンを積んでいる飛行機のようなものかと。

ただ、いまのところは「大胆な金融政策」のエンジンしか機能していないような気がします。

「機動的な財政政策」は、無い袖は振れないってのもありますし、建設現場での人材不足もあって思うように効果が出ていません。

「民間投資を喚起する成長戦略」は時間がかかるでしょう。労働慣行や社会保障制度、社会構造が変わるには時間がかかります。

というわけで金融政策に過度に依存していますね。しょうがないんですけど。


日経平均が20,000円になったので一部収穫


ともかく日経平均20,000円にワンタッチしました。

単発エンジンでの飛行がいつまで続くか・・・という思いもあるので、今日、少しリスク資産を売却しました。

リスクアロケーションの変更というか、まあ、リスク管理による売却です。相場に対してはまだ少し強気ですが、でも少し降りておこうかな、というやや矛盾した投資行動です。

常に相場を見ていられて気力が続くなら、「always long on the top」のスタンスで攻められるんですけど、そこまでじゃなくていいです。この2年である程度いけたので、早めに一部を収穫しました。

まだ畑には野菜が残っているので、この先にもう一伸びがあっても収穫の楽しみが残っています。ゆっくりタイミングを見て収穫していくつもりです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
160:

パチパチパチ!
私も御祝儀に乗っかって、ニッセイ日経225を少しだけ売却しました♪

買い始めて日が浅いので、ホテルのランチが頂けるかなーぐらいのかわいい利益でしたが……いいんです、銀行定期に勝てれば(笑)

でも、これで外国株式インデックスを買うか、電気代の支払いに当てるか、必死に悩んでる私が一番かわいいです(笑)

2015.04.10 20:17 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
161:

※160:みみんさん
利食い千人力ですね。
そうそう、銀行定期に勝てれば上出来ですよ。利益の使い道を考えるの楽しいですよねー
私は今日の利食いで週末においしいものでも食べようと思います。何を食べようかな・・・(^^)

2015.04.10 20:49 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する