65歳でいくら貯金が必要か? 1億円です。 え?

老後破産、老後難民、老後破綻、老後貧乏・・・ 老後の不安を煽る記事だらけです。そういう記事をいくら読んだとしても、65歳時点で必要になる貯金額はハッキリしないでしょう。不安材料を言い出したらきりがないですから。

今回は、老後にいくら必要なのかを考えてみます。


「安心な老後」には、いくら貯金が必要なのか?


「安心な老後」には、いくら貯金が必要なのか、という記事が東洋経済オンラインにありました。[外部記事]

その記事を引用します。

私の計算では、定年を迎えるまでに最低でも5000万円は作っておきたいところです。それも1人あたりです。ということは、夫婦だと1億円になります。

「そんなに必要なの?」という声も聞こえてきそうですが、必要です。よく考えてみて下さい。歳を取ると行動範囲が狭くなるし、食べる量も減るから、おカネはあまり使わないのではないかと考えてしまいがちですが、そんなことはありません。


-
夫婦で1億円!

文脈からいくと「最低でも」1億円は作っておきたいということです。

最低でも1億円。

一瞬、まわりの空気が薄くなった感じがしました。ちょっと酸欠状態です。w

記事で書かれていたのは、家の修繕や医療や介護費がかかるので、定年を迎えてからも、いろいろとお金は必要だということでした。「3000万円程度の貯蓄だと、あっという間に食い潰してしまいます」とも書いてありました。

う~ん、老年になって3,000万円をあっという間に食い潰すというのは、どういうライフスタイルなんだろう・・・

多くのシニア層が3,000万円をあっという間に食い潰すなら、日本の消費はもっと活発じゃないかなー

ま、それはいいとして、取り上げたいのは「定年を迎えるまでに最低でも5000万円は作っておきたい」という点です。記事は、退職金を当てにしないで、定年時に5,000万円を貯める方法を述べています。


5,000万円の作り方


定年時に5,000万円を作るには、投資期間40年として、年4%のリターンで、毎月42,000円程度を積み立てればいいということでした。

え?

リスク資産の運用で、年4%を、40年間って・・・

年4%で40年の複利計算は、ちょっとバラ色のシナリオじゃないでしょうか。


かりに1億円あったとして


40年間、年4%で複利計算するのはバラ色のシナリオだと思うのですが、今回のところは、超長期にわたって年率4%で複利での運用が可能だとしましょう。

かりに65歳時点で、夫婦で1億円あったとします。

その1億円を年4%で運用しながら、100歳時点で使い果たすとします。35年です。

毎年いくら取り崩せるでしょう。

その答えは!

CMの後で

という、つまらない演出はさておいて、結果は、毎年535万円、月にすると44万円です。

65歳の時に夫婦で1億円あって、ずっと年4%で運用できるなら、毎月44万円を消費しても、100歳まで安泰です。もちろん年金以外にです。

逆に言うと、毎月44万円を消費しないと、100歳になっても使いきれずに余っちゃうのです。

年率1%の運用利回りなら月28万円。ゼロ%でも月23万円です。

本当に、夫婦で1億円も必要ですか?


私たちは老後のために生きているのか?


記事にあった「安心な老後」というのは、経済的に安心できるということで、要は、いくらお金があれば安心できるのかということでした。

でも、家の修繕や医療や介護などを心配し始めたら、いくらお金があっても安心できないと思うんです。そういう心配ばかりするより、気楽で充実した老後を過ごすことを考えたいです。

家の修繕が必要でも、必要最小限に抑えて、だましだまし住んでもいいじゃないですか。医療や介護だって、私なら70過ぎまで生きられたら、あとは払える範囲内での医療しか受けないでしょう。

公的年金(国民年金、厚生年金、国民年金基金)に入っていて、65歳時点で持ち家があって、3,000万円の貯蓄があれば、それほど恐れることはない気がします。


まとめ、のようなもの


大事なのは、老後の過ごし方ですね。

穏やかで精神的に充実した老後を、それほどお金をかけずに楽しむ方法を見つけましょう。私の場合、暖かい場所でコーヒーでも飲みながら、ゆっくり本が読めればそれで十分です。

あと、たまにゲートボールなんかで体を動かして、ほんのちょっと株式投資なんかして・・・

老後日記みたいなブログを書くのもいいかもしれません。


補足という名の蛇足
週刊東洋経済の最新版が「貧困の罠」です。まあ、こっちもかなり煽った内容です。私が今回取り上げたウェブ記事は、老後不安を煽るという東洋経済の戦略に沿った内容なのかもしれません。記事を書いた人もどこまで本気で1億円と言っているのか・・・

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
150:お邪魔しております

試算の仕方は色々あるかと思います。
持続的インフレ1.5%程度で現金の価値が減っていき資産運用を毎年1%程度の利益で運用し年金をある程度受給したと仮定すると現在40代の人が100歳まで生きるとなると私の試算でも65歳時点で1億3000万円以上必要な計算になります(100まで生きたくないですけど)。

2015.04.08 20:30 Colorless Freedom #- URL[EDIT]
151:

※150:Colorless Freedomさん
コメントありがとうございます。
そうですね。試算の仕方は色々ですね。1億3000万円あれば老後は安心でしょうね。
老後の問題って、どういう年金に入っているか、住む場所はどうか、健康状態はどうか、どういう生活を送りたいか、などによって幅がありますね。

2015.04.08 22:06 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]
156:

初めまして

>公的年金(国民年金、厚生年金、国民年金基金)に入っていて、65歳時点で持ち家があって、3,000万円の貯蓄があれば、それほど恐れることはない

私の目標も65歳で3000万円です。

>定年時に5,000万円を作るには、投資期間40年として、年4%のリターンで、毎月42,000円程度を積み立てればいいという

なかなかハードル高いですね(*^_^*)

39年積み立てて、40年目に積立投信が15パーセントの暴落したらショック死しますね(*^_^*)

人間の不安を煽られるとそれこそ1億あろうが2億あろうが不安になりますね。

むしろ、老後の心配をしながら年間生活するほうがリスクが大きいかもしれません(*^_^*)

2015.04.09 21:58 しらいゆうき #- URL[EDIT]
157:

※156:しらいゆうきさん
初めまして。コメントありがとうございます。

65歳で3,000万円でいいと思うんですよ。5,000万円とか、
1億円とか、あればその方がいいですが、無ければ無いなりに生活できる気がします。
老後の心配をしながら生きるのも、なんか味気ないですよね。ある程度の備えがあれば、あとは考え過ぎない方がいいのかもしれませんね。(^^)

2015.04.09 22:39 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する