数学が苦手でも 気軽に読める数学の本

今日は文庫本を片手に外出しました。

暇つぶしに読もうと思っていた本ですが、面白い部分があったので紹介します。


ゼータ関数


数学の本です。

とはいっても文庫本で軽く読める本なので、数学が苦手な人でも大丈夫です。逆に、数学が好きな人には物足りない内容かもしれません。

私にとっては、へぇ~、そうなんだ・・・という驚きのあった本です。

何が面白かったかというと、ゼータ関数というものです。

ゼータ関数とは、以下の式で表される関数 ζ のことです。

0889bd7c89a4cbd65441a880fd20e61d.png

え?( ゜_゜;)

というわけで、この式はこけおどしです。気にしなくて大丈夫です。


ゼータ関数の意味


わかりやすい具体例を出すと

ζ(2) = 1/1 + 1/4 + 1/9 + 1/16 + 1/25 ・・・

というように、1の2乗の逆数+2の2乗の逆数+3の2乗の逆数+4の2乗の逆数・・・というように、自然数の2乗の逆数を足していくものです。足すのは無限にです。

さて、ζ(2) ですが、自然数の2乗の逆数を無限に足していくとどうなるか

それは、1.644934066・・・

で、この数値が何を意味するかですが

実は、この数値を6倍して平方根を取ると、πになるのです。円周率です。

自然数の2乗の逆数を足していったら、円周率が現れるということです。


で、なんで円周率?


自然数の2乗の逆数を足していったら円周率が現れる理由ですが、それはわかりません。数学者は理解しているでしょうが、本には書いてなかったし、たとえ書いてあっても私には理解できないかも。

もっというと、ゼータ関数にはπが出てくるだけでなく、すべての素数とも関係しているとのことです。

奥が深すぎて、へぇーそうなんだ・・・です。

なぜそうなのかはわかりませんが、自然数と円周率と素数がつながってるんですね。


知的好奇心


こういうことを研究している数学者の頭の中って、ぶっ飛んでる感じがします。

アンドリュー・ワイルズ氏がフェルマーの最終定理の証明を完成させるまでのドキュメント本があるのですが、その本を読んだ時も数学者ってぶっ飛んでる感がしました。

数学や物理学の本を読むと、もっともっといろいろなことが知りたくなります。

Smart-and-Practical-Balcony-Storage-Ideas-Pictures-23.jpg

完璧リタイアしたら、午前中は体を動かし、午後はこういうところで読書がしたいものです。写真引用元

東京じゃ無理ですね・・・ 「人生の楽園」に踏み出すべきか・・・ (-_-;) 

- - -
本を紹介します。こちらはあまりおすすめではありません。

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険 (角川ソフィア文庫)

新品価格
¥802から




こちらの方が面白いです。人間ドラマなので数学が苦手でも楽しめます。こちらもゼータ関数が出てくるので、ゼータ関数と円周率と関係があると書いてあったかもしれませんが・・・覚えてません。モジュラーとか、谷山志村予想といった言葉は覚えてるんですけどね。

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

新品価格
¥853から



ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
 
126:今日も長話。

とら先生…。
数学が苦手な人でもとありますが、シグマを見た途端、目眩がした私はどうすればよいでしょうか?(涙)
(シグマは三菱のギャランだけにしてください)

うちの息子たち、バリッバリの理系でして。
うちの高専は、高校1~3年生だけ夏休みに読書感想文の宿題があるんですよ。
この母、実は、中学からずっと夏休みの感想文、作文系を有料で引き受けておりまして(笑)
本気で書いた日にゃ、全国レベルで入選とか特選とかね(笑)
高専でも引き受けてたんですが、なんたって、指定本を読んでも読んでも意味がわからない…。
『ポアンカレ予想?なんだそりゃ?』
書き出しから悩むこと6年(3歳違いの息子たち)、一度も賞状どころか、不可ギリギリの点数で面目ないったら…(涙)
文才女王の栄誉を返上した、苦い思い出でした(笑)

話は変わりますが、先日の報ステ、肝心なところでうたた寝しちゃいまして。
古賀氏には古賀氏なりの正義があったんでしょうけど。
我が同郷の安倍政権にNO!を突きつける意見もあれば、『世界が日本をうらやむ日』という本が売れていたりしますしねぇ。

とら先生と私は、お寺がどうの死がどうのというところで、思想が似ていたりしますが、それを読んで『とんでもない!』と思われる方も多々いらっしゃいますよね。
私の友人にも、『戒名なんて坊さんの適当な…(云々)』と思う友人に対し、お父様は『100万増しで格の高い戒名をつけてもらってくれ!』という考えで、長年ぶつかってます。
特にお金持ちというわけではないので、友人の『もったいない!冗談じゃない!』といい気持ちも重々わかるし、お父様の思いもわからないこともない。
(理解はできないけど。苦笑)

同じ思考の人間がより集まってると、井の中の蛙になりかねないし、他人の正義が受け付けられなくなりそうですよね。
(給食費を支払いを拒む親が増えて問題になりましたが、これも元々は、義務教育なんだから給食費も込み込みでよくない?みたいなことが他のママさんたちにも支持されたんでしょうね。PTA役員を10年以上やらされましたが、こういう同思考の一団は本当に厄介なんです。正義を振りかざすだけで、人の意見を受け止めようとしないから)
特に、企業内だと中間管理職で翻弄されまくりの我が世代だと、脳の柔軟性が一番大切だと思います。
ここで威張り散らし、頭ごなしOKな立場だと、年を取って、マナーやルールを守れない頑固ジジババが出来上がってしまうのではないかと。
(私のパート先のお客様にも結構おられます。若者の方がよっぽどちゃんとしてますもん。おらおら!とワガママを通そうとするジジババを諌めるのがこれまた、同年代の良識あるジジババだったりするんですけどね)

なんの話でしたっけ?(笑)
4月27日運用開始のニッセイTOPIXインデックスファンドが楽しみだー!って話だったかな?(違)
あ、数学でしたね。
苦手意識を克服するのは並大抵ではない!ってことで(笑)

2015.03.29 08:06 みみん #yLibkmaY URL[EDIT]
127:

※126:みみんさん
全国レベルで入選とか特選とか、すごいですね。私は読書感想文は苦手でした。苦労した思い出があります。

脳の柔軟性は本当に大事ですね。自分と意見が違っても、それはそれとして相手の意見を尊重できるのが望ましいですよね。私は自分はお墓にこだわらないですけど、お墓を大事にする人の考えは尊重します。(重松清さんの「送り火」という本で、お墓のことが出てくるんですが、それを読んでじーんと来ました。)

同じような考え方の人が集まると、思考が強化されますね。集団心理ってやつです。個人に柔軟性があっても、集団になると柔軟性が欠けることがあるので、厄介ですね。

ニッセイTOPIXインデックスファンドは人気のようですね。

ということで、実は私は高校の時は数学が苦手でした。数論とかまったく興味がなかったのに、食事の嗜好が変わるように興味の嗜好も変わるんですね。興味が出てきたとはいえ、苦手意識があることには変わりないですが・・・(泣)

2015.03.29 10:49 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する