米国ハイイールド債券の今後の見通し 見直し?

2月に「米国ハイイールド債券の今後の見通しと、相場情報を見るときの注意点」という記事を書きました。

今回はそのアフターフォローです。
なお、米国ハイイールド債券に絞りますので、為替のことは考慮していません。その点はご注意ください。


米国ハイイールド債券の現状


米国ハイイールド債券の今後の見通しの基本感は変わってません。要注意だと思ってます。

米国ハイイールド債券 小黒とら

黄色い線がハイイールド債券、緑が投資適格社債の動きです。

2月にハイイールド債券は上昇したのですが、それでも頭が重たい印象です。投資適格社債の動きと比べると、ハイイールド債券の重たさが気になります。

利上げが見えてきたところで、ハイイールド債券には警戒的になってる投資家が多いのではないでしょうか。


ハイイールド債の投資タイミング


ハイイールド債の投資タイミングを考える前に、一言。

ハイイールド債券のように、高いインカムゲインの入る債券は長期投資に向いていると思っています。クーポンのクッション効果があるので超長期で保有することに分があるからです。

それでもタイミングを考えずに投資するのはお勧めできません。

では、ハイイールド債の投資タイミングをどう考えたらいいか。

それは、ハイイールド債券と国債利回りの差(=スプレッド)が大きいときです。逆に、スプレッドが小さいときは割高です。スプレッドが大きいときから小さくなる局面(=スプレッドが縮小する局面)が投資妙味の高い時期で、逆にスプレッドが小さいときから大きくなる局面(=スプレッドが拡大する局面)は要注意です。

ですから、米国ハイイールド債券の投信をどうしようか悩んだときは、投資信託の販売員にスプレッドの水準と方向性を聞くといいでしょう。

なお、ハイイールド債券の投資のベストタイミングは、市場がクラッシュしてスプレッドが跳ね上がった後、縮小に向かうときです。そういうのは利上げの最終局面に現れやすいです。

ということで、とりとめのない内容でしたが、米国ハイイールドは要注意という見方は変わってません。当たるも八卦、当たらぬも八卦です。(^_^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 

管理者にだけ表示を許可する