老後難民、老後破産がいやなら、今すぐ投資しなさいという脅し文句

NHKが老後破産や預金封鎖で不安を煽り、民放のテレビも老後不安を煽り、マネー雑誌やウェブメディアも老後にお金が必要だから投資しましょうと煽ります。

根っこには年金や医療介護の不安があるから、そういう記事が受けるのですが・・・

さすがに預金封鎖は煽りすぎですし、65歳の退職時の必要資金が1億円というのも、こちらも盛りすぎでしょう。

ここ数年、株式相場が良かったので「投資していれば成功していた」のです。だからマネー雑誌などでは景気のいい数値が躍るのですが、そういうときこそ冷静に考えた方がいいのではないでしょうか。

晴れの時は雨を思い、雨の日は晴れを思う。

明けない夜はないけれど、夜の来ない昼もないのです。


だいぶ飽和状態?


投資関連のビジネスモデルを考えます。

アベノミクス効果でここ2、3年は株式市場の調子がいいです。だから投信の設定も増えてます。以下は年別の設定本数です。本数なので金額ではないことに注意は必要ですが、ちょっとしたブームが起きているのは感じられます。

投資信託 小黒とら

2013年、2014年に設定された投信を濃い色にしました。NISAの影響もあるのですが、急膨張です。

金額で見ても、この2、3年間で、だいぶ集めたことが想像できます。

そろそろ集まりにくくなっているかも・・・

みなさん投資してますよ、投資しないと置いていかれますよ
老後難民、老後破産に陥らないように、今から投資しないと間に合いませんよ

こういう半ば脅しのセールストークが増えているのは、投資に向かうお金の勢いが衰えていることの裏返しかもしせませんね。


7%で30年複利?


あるウェブ記事では、月3万、5万、7万、利回り3%、5%、7%で、30年間積み立てたケースを載せていました。

7%、30年を複利で計算した図もあったのですが

7%という高利回りを、超長期で、複利で計算したら、とんでもない額になります。

リスク性資産の投資収益の見積もりを、あたかも定期預金の元加計算のように図示するのはマズイでしょう。30年間、コンスタントに7%で回せたら、みんなハッピーです。

まあ、ちょっと脱線ですが
30年間にわたって7%で回せるなら、年金財政も問題なく運営できるでしょう。老後不安なんて吹っ飛びますね。(^^;)

ま、なにはともあれ、
投資に関連したストーリーに老後難民や老後破産といった不安を煽るケースが増えている気がしてます。老後不安を煽った投資勧誘は、投資に向かうお金の勢いが衰えていることの裏返しかなーという気がしてます。

私は、リスク資産の積み増しは終わりました。もうこれ以上は投資を増やしません。基本は現状維持で、上がったらリバランスの売りを入れて、様子を見ながら下山の準備を始めます。当たるも八卦、当たらぬも八卦。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
 
90:

いつも楽しみにしてます。30年とかの長期の投資を複利でグラフ化すると、ぐぐっと資産が増えていきますよね。それって、そういうものなんですか?かねてから不思議に思っていました。

2015.03.08 15:23 nana #- URL[EDIT]
91:

※90:nanaさん
はい。そういうものです。ただし、ぐぐっと資産が増えるのは「利回りにブレがない」ことが前提になってます。
リターンがブレる株式や投資信託の場合は、実際の資産の増え方は、その時々の株価次第です。
利回りにブレがない場合、長く持てば持つほど、資産はぐぐっと増えますが、利回りにブレがある場合、長く持てば持つほどいいとは限りません。

2015.03.08 20:42 小黒とら #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する