日韓関係の冷え込み 外務省のHP変化に思うこと

私のブログではめずらしいことですが、今回は政治の問題についてです。

外務省ホームページの韓国を紹介する内容から「自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する」という表現が削除されました。

旧:韓国は、我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国であり、近年、両国の関係は、一層の深みと広がりを見せている。

新:韓国は、我が国にとって最も重要な隣国であり、近年、両国の関係は、一層の深みと広がりを見せている。

変更は3月2日


けっこう辛辣ですね


う~ん、かなり辛辣です。

「自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する」という表現が抜けるのは重たいですよ。表現を抜いたということは、暗に、基本的価値を共有していないと言っているようなんですから。

やりますね・・・

たしかに、ここ数年の韓国の言動を見ていると、日本と価値観を共有する隣国というよりは、日本に反目する隣国という振る舞いですからね。

財務省は日韓のスワップを更新しなかったし、日本政府として韓国に対して堪忍袋の緒が切れかかってるということかなー


米国の発言


シャーマン米国務次官の発言が少し話題になりました。日中韓の三カ国にある歴史認識をめぐる摩擦に失望感を示した発言です。

実は、そのときシャーマン次官は、「中国と韓国は『いわゆる慰安婦(so-called comfort woman)』問題で、日本と口論してきた」と述べていたんです。

韓国がロビー活動してきた「性奴隷(sex slavery)」という表現は使いませんでした。

戦後70年を目前に、日本はいろいろ水面下でロビー活動しているのかな・・・という気がしなくもないです。


いつまで過去に囚われればいいの


日本は反省し、賠償し、法的責任も取り、戦後の70年を過ごしてきました。その間、平和国家として世界の平和に貢献し、貧困の軽減にも貢献し、まさに、よき国として行動で示してきました。この70年間、まさに模範的な国家といえるでしょう。

戦争犯罪を裁くという表現があります。

仮に、戦争が犯罪だとして、戦争を起こしたことが犯罪なのか、戦争に負けたことが犯罪なのか、それは置いておいて、ともかく犯罪だとしたら、もういいんじゃないでしょうか。

仮にです、仮に、国際社会に対する犯罪だとして、でも、法廷で裁かれ、責任者は処罰を受けて、賠償も行い、70年かけて国際社会に対して多大な貢献もしてきました。

もう、刑期満了でしょう。

終わったこととして、区切りをつけて前に進むべきですよ。「なかったこと」にはできませんが、「終わったこと」にはできるはず。お互いに成熟した精神性を持っているなら、終わったことにできるはずです。

終わったことにできないと、お互いつらいと思うんですよ。


とりとめのない話でした。
(難しい問題なので、異論反論はあると思います)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
 

管理者にだけ表示を許可する