労働で得た報酬は、不労所得よりも価値が高いのか

労働で得た報酬は、不労所得よりも価値が高いのかというテーマです。雑誌「エコノミスト」の2月24日号にあったコラムですが、興味深いので紹介します。

ネズミの餌を2つ用意します。

Aは、皿に入った餌。ネズミは何もしないで餌を食べることができます。
Bは、棒を押すと餌が出てくる仕掛け。ネズミは「棒を押す」という作業が必要。

AもBも同じ餌です。違うのは、Aは労せずして手に入る餌、Bは棒を押してでないと手に入らない餌という違いです。

さて、ネズミはどう行動するか?


棒を押すネズミ


実験すると、棒を押す頻度の方が高いそうです。ネズミは労せず手に入る餌よりも、棒を押す作業によって得る餌のほうが価値が高いと判断するからです。専門用語では「コントラフリーローディング効果」といいます。

コントラフリーローディング効果は、犬でもサルでもキジでも、魚類でも、動物界に普遍的にみられる現象です。もちろんヒトもそうです。

労せず得た報酬よりも、苦労して得た報酬の方が心理的な価値が高いということですね。

もちろん、みんながみんな棒を押すわけではなく、同じネズミでも棒を押す時もあれば何もしないで餌だけ食べる時もあります。ただ、傾向として棒を押して餌を得る頻度が高いのです。

何もしないで餌がもらえるならその方がいいじゃん

と、簡単にはいかないんですね。生物は複雑です。


ヒトの場合


仕事一筋できた人は特にそうですが、定年になると、仕事がなくなった手持ち無沙汰からストレスを感じる「定年症候群」にかかる人がいます。

何もしないで年金を受け取って、悠々自適に過ごせばいいじゃん

と、簡単にはいかないんでしょうね。なんとなくわかります。


例外


ところで、コントラフリーローディング効果が観測できない動物がいるそうです。何もしないで餌を受け取って、悠々自適に過ごすことに何のためらいもない動物。

それは、ネコです。

何もしないで餌を受け取って、悠々自適に過ごすネコ。納得できます。

労働は大切ですが、もう少し、猫的生活にかじを切ってもいいかな・・・、なんて思ったりしてます。

要はバランスですかね。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
 
249:

ぬこに一票!
素晴らしい生き物ですね。
猫的に生きたいな。

2015.05.04 01:32 招き猫の右手 #- URL[EDIT]
253:

※249:招き猫の右手さん
猫は素晴らしい生き物ですね。ネット上に猫の画像があふれているのは、みんなが猫的生活を送りたがっているからかなーと思ってます。

2015.05.04 17:58 小黒とら #j72wRO66 URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する