2016年07月 の記事一覧

FXでは高レバレッジよりも恐い「海外の無登録業者」

FXはレバレッジを掛けるのが危険。

確かにそうなんですが、自分が理解して自分の納得のいく範囲ならレバレッジもいいと思います。リスク管理の問題ですからね。

ところが、FX取引にはレバレッジよりも恐い話があります。

今回は、FX業者の時事ネタです。


リディアリッチ


リディアリッチというFX業者がニュースになっています。

“英国の証券会社による運用を売りにした外国為替証拠金取引(FX)への投資を巡り、指定口座に入れた現金の引き出しに応じてもらえず、全額を失ったとする申告が31都道府県の約80人から寄せられ、計約8億3千万円に上ることが31日、被害者団体「リディアリッチ被害者の会」のまとめで分かった。

 投資を勧誘する会社は複数あり、いずれも香港や中国などの口座を使って高配当が得られるとうたう。被害者側は投資詐欺として警察に訴えるが、国境の壁もあり、海外口座を経由した金の流れの解明は難航しそうだ。”

[出典]

日本語のHPを用意して日本人のスタッフがいても、海外の無登録業者ですからね・・・

国境の壁は大きいです。

このリディアリッチのケースは詳細が分からないので一般論としてですが、投資詐欺事件で警察が動いたとしても被害の弁済はあまり期待できないでしょう。

はやり大事なのは事前の情報収集ですね。


海外の無届業者にご注意


金融庁も注意喚起しています。

金融庁:無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

重要な点を引用します。

“○無登録の海外所在業者との取引において、以下のようなトラブルになるケースが発生しています。

「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者と為替のバイナリーオプション取引を開始したが、出金を求めても応じてもらえない」
国内の業者からFX取引の自動売買ソフト等を購入後、海外業者の取引口座に入金して取引を開始したところ、「利益が出ているはずなのに、業者に取引口座からの出金を求めても応じてもらえない」

○海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録が必要です。登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)”


海外の業者でも、日本の居住者向けにビジネスをする場合は登録が必要です。

なので、FX取引やバイナリオプション取引をしようとする場合、取引業者が登録されていないとおかしいのです。

無登録業者は、業者の説明のいかんを問わず、警戒すべきです。


まとめ、のようなもの


FXでは高レバレッジよりも、取引業者の素性がリスクだったりしますね。

登録は金融庁のHPで確認できます。

金融庁:免許・許可・登録等を受けている業者一覧

FX業者なら「金融商品取引業者等」にあるはずです。

それはそれとして・・・

このところ為替がよく動きますね。明日からの相場も、円高、株安の流れは警戒した方がよさそうですね。日銀の緩和は弾切れ感がありますし、米国のGDPは弱かったです。欧州は金融機関の傷み具合が本当のところは分からないのが不安材料です。

なんだか、あまり良くない材料が増えてきている気がします。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

売り超 投資信託上位1000ファンド 7月の資金流出入動向

7月の投信の状況です。

2015年末で純資産総額の大きかった上位1000ファンドが集計対象です。

今月は基準価額は戻したものの、元本ベースでは資金流出でした。

戻ったところでは売るスタンスの人が多いのかもしれません。


資金流入の大きかった上位10投信:7月月間


Code ファンド名 元本(百万)
3231203C フィデリティ・USリート・ファンド 70,171
06311049 新光US-REITオープン (ゼウス) 46,604
4931112B 東京海上・円資産バランス 28,538
53311119 LM・オーストラリア高配当株 26,903
02313043 ラサール・グローバルREIT 16,221
01312056 野村インド株投資 14,887
04312047 ダイワ・US-REIT 13,918
04311045 ダイワJ-REITオープン 12,383
3531203A GS 米国REITファンド 12,046
04312045 ダイワ米国リート・ファンド 10,284


リート系のファンドが資金を集めました。


資金流出の大きかった上位10投信:7月月間


Code ファンド名 元本(百万)
0931105A アジア・オセアニア好配当成長株 -22,041
79312119 アジア好利回りリート・ファンド -16,748
0131410A ドイチェ高配当インフラ 米ドル -15,216
0131115A 野村ハイパーブル5 -13,685
0431307B ダイワファンドラップ 日本債券セレクト -12,528
0131613C 野村グローバル・ボンド・アクティブ -9,068
04313159 ブル3倍日本株ポートフォリオ4 -8,361
53311036 LM・オーストラリア毎月分配型ファンド -7,202
47311988 日経225ノーロードオープン -7,172
5831211A アムンディ・欧州ハイ・イールド債券 -7,145


分配金を減らしたファンドが資金流出です。

資金流入も資金流出も、上位に顔を出すのは分配金の要素が大きいですね。


カテゴリー別


投信集計 小黒とら

リート系が資金を集めた一方、その他のカテゴリーはおおむね資金流出でした。

上がったところは売っておく。そういう人が多かったのかもしれません。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

読書感想文 「ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行」 下川裕治作

今日は猛暑でした。蝉の声が夏を感じさせますね。

夏といえば読書感想文です。


鉄道旅行記


前半は、大変そうだけど乗ってみたいなー

後半は、こりゃ苦行だな・・・

と思った本です。

旅行文を書いたのは下川さんですが、旅行には中田浩資さんというカメラマンも同行しています。2人旅ですね。途中からは須賀務さんという方も加わっての3人旅になります。


62歳のバックパッカー


下川さんは62歳のバックパッカーという肩書です。

赤道直下のシンガポール・ウッドランド駅から、ロシアのムルマンスク駅(北緯68度58分)まで約1万8000キロの旅です。

経由国はシンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマー、中国、モンゴル、ロシアです。


前半だけでいいです(^^;


前半のシンガポール、マレーシア、タイ、ミャンマーまでは楽しみながら読めました。

タイの鉄道は乗ったことがあるんです。海外に行くとなぜか鉄道に乗ってみたくなるんです。にわか鉄ですね。タイの鉄道は時間が遅れるのは普通として、連結部分で排尿するおじさんはいるし、車内でおむつ交換や授乳するお母さんがいるしで、なんだか自由な感じでした。

ミャンマーと中国の国境越えは、パスポートを国境管理局に預けての日帰り入国しかできないと書かれていました。私はタイからミャンマーに行くときパスポートを預けての日帰り入国をしたことがあるので、ああ、あれと同じか・・・と納得しました。

前半のミャンマーまでは私も乗ってみたいなーと思いました。


後半は・・・


後半は中国、モンゴル、ロシアです。

ここからは、

ん・・・

寒そう

と思ってしまい、あまり興味をひかれなかったです。(^^;

でも、自然は雄大なんでしょうね・・・


アフィリエイトです


本を読んで旅行気分はいかがでしょう。後半部分を読むと涼しく感じるかも。

ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行 (中経の文庫)

新品価格
¥864から



ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

資金流出 投資信託上位1000ファンド 今週の資金流出入動向

今週(7月22日から7月29日)の投資信託は資金流出でした。引き続き国内株式の売りが出てます。様子見気分が強まっている感じがします。

2015年末で純資産総額の大きかった上位1000ファンドが集計対象です。

「資金」が元本の増減から推計できるキャッシュのイン・アウトの額です。
分配があればその分のキャッシュアウトも含まれます。


資金流入の大きかった上位10投信


Code ファンド名 元本(百万)
3231203C フィデリティ・USリート・ファンド 18,558
06311049 新光US-REITオープン (ゼウス) 12,677
4931112B 東京海上・円資産バランス 10,594
53311119 LM・オーストラリア高配当株 9,722
01312056 野村インド株投資 5,465
50311097 UBS公共インフラ債券円コース 3,849
4931109C 東京海上・ニッポン世界債券 3,667
0131313C 野村米国国債部分ラダーファンド A 3,629
02313043 ラサール・グローバルREIT 3,489
04311045 ダイワJ-REITオープン 3,434

ゼウスが2位に復帰です。


資金流出の大きかった上位10投信


Code ファンド名 元本(百万)
0131613C 野村グローバル・ボンド・アクティブ -9,065
0931105A アジア・オセアニア好配当成長株 -6,885
4931113C 東京海上・日本債券オープン -5,743
79312119 アジア好利回りリート・ファンド -5,219
0131410A ドイチェ高配当インフラ 米ドル -4,163
5831211A アムンディ・欧州ハイ・イールド債券 -3,715
0131413C 野村米国国債部分ラダーファンド B -3,309
53311036 LM・オーストラリア毎月分配型ファンド -2,777
42311081 ピクテ新興国インカム株式 -2,684
0131115A 野村ハイパーブル5 -2,681

分配金を引き下げた毎月分配型が多いですね。

アジア・オセアニア好配当成長株は7月に55円→35円。
アジア好利回りリート・ファンドは6月に200円→130円。
ドイチェ・高配当インフラ関連株(米ドル)は3月に200円→150円、6月に150円→100円。
LM・オーストラリア毎月分配型ファンドは7月に50円→30円。
それぞれ分配金を引き下げています。

カテゴリー別


カテゴリー別です。

644_investmenttrust.png

相変わらずグローバルリートは資金を集めていますが、全体としては資金流出でした。

様子見気分が強まってる感じがします。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

日銀のすごさを感じた今日の昼 (雑談ネタ)

今日は日銀の金融政策決定会合の日でしたね。

今日は用事があって神田周辺に出かけたのですが、ついでに日本銀行も見てきました。レトロな感じの建物が好きなんです。

歴史を感じさせる建物はいいですね。

ちなみに、日本銀行本店は重要文化財に指定されています。


今日の日銀


今日は日銀が注目された日です。

日本銀行 小黒とら

TBSの中継車です。

私が見たときはTBSだけですが、今日はたくさんのメディアが集まったようです。

さて、ここらへんは平和な感じでした・・・


緊張感のある場面


日銀には東西南北の4つの門があります。

本店の中央玄関受付は北門にあります。車寄せもこちらです。

で、今日の日本銀行本店北門の様子です。

日本銀行本店北口 車寄せ

本気警戒モードですね。

車の侵入防止柵が本気度を表しています。さすが日銀ですね、警備がしっかりしています。

下手に足を踏み入れると、シャー!って怒られそうです。

あ、

写ってないですけど、警察官がまわりにたくさんいました。

敷地内には足を踏み入れず、警備中の警察官に軽く会釈して撮らせてもらいました。

日銀って、やっぱすごいんだな・・・と思いました。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

グラウカス 伊藤忠の株価は最大50%下落するとのレポート

グラウカス(Glaucus)とは、米国のグラウカス・リサーチ・グループのことです。

「物言う空売り投資家」と言われています。

今回は、相場の潮目について


グラウカス


グラウカスは、伊藤忠の会計手法について、東芝を引き合に出して「同規模の会計スキャンダルを引き起こすことになると考えている」としています。[出典]

問題となっているのは、コロンビアの炭鉱への出資です。価値が著しく下落していたにもかかわらず、減損処理を意図的に回避し、2015年3月期の当期純利益を過大報告した可能性を指摘しています。

これに対して国内のアナリストは、次のように述べています。

“ 大和証券の五百旗頭治郎シニアアナリストは「グラウカスのリポートで指摘している3社の会計処理については、われわれアナリストも懸念していたところであり、それほど違和感はない」と指摘。その上で「解釈の問題であり、不正とまで言えるかどうかは疑問だ」と述べた。

 この日の伊藤忠の株価についてSBI証券の藤本誠之シニアマーケットアナリストは、リポートが嫌気される形で売りが先行したものの、投資家の多くはリポート内容の真偽に「疑心暗鬼」だと述べた。野村証券の成田康浩シニアアナリストは株価への「影響は一時的で限定されるだろう」との見方を示した。野村証は伊藤忠の目標株価を1900円としている。”

[出典]


モノを言う空売り投資家の手法


モノを言う空売り投資家であるグラウカスは、レポートを公表する前に伊藤忠の株を空売りしていたそうです。

先に売っておいて、悪い内容のレポートを公表して、株価が下落したところで買い戻して利益を狙う手法です。

マッチポンプですね。

で、このやり口に、東証のCEOは「空売りしてから公表するのは倫理的に疑問がある」とコメントしています。

たしかに。

扇動的なポジショントークと取れますからね。(^^;


相場の潮目


潮目が変わった。

そう言ったのはトヨタ自動車の豊田社長です。今年に入ってからの円高を受けて、2016年3月期の決算発表会での発言です。

たしかに潮目は変わったのかもしれません。空売りのアクティビストが活躍するのは、潮目が変わったことの一つの表れといえそうです。

グラウカスはまだ影響度は小さいですし、この先も小さいかもしれませんが、気になりますね。エネルギー関連投資の減損処理などの会計スキャンダルに付け込む余地があるのは、日本に限ったことではありませんから。

エネルギー関連はグローバルですし、欧州や中国の金融機関では不良債権の取り扱いにスキャンダルがあるかもしれません。

悪材料で儲ける人たちが活躍できる環境になってきた。

そう考えるのは悲観すぎ・・・と思いたいです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

高齢者は株式に投資すべきではないという通念は間違いだ、について

ダイヤモンドオンラインに山崎元氏の記事がありました。[外部記事]

そこで山崎氏は「高齢者だからと言って特別な運用をする必要はない」と述べています。私はその点は意見を異にします。私なら高齢者にあまりリスクを取らないように言います。

今回は、年齢と投資リスクについて


理論的に考えてみます


まず私が違和感を持った箇所を引用します。

“判断力さえ無事であれば、高齢者だからと言って特別な運用をする必要はない。株式でも投資信託でも、同じ時に同じ物を持っていれば、持ち主の年齢や体力に関係なく、リターンは実現する。「高齢だから配当・分配金などインカムゲイン中心の運用にすべきだ」、「高齢者は株式などハイリスクな資産に投資すべきではない」といった通念は間違いだ。”


さて、ここです。

同じときに同じものを持っていれば、同じリターンになるというのはその通りですね。この点は違和感ないです。

でもね、と。

だからといって、それが、「『高齢者は株式などハイリスクな資産に投資すべきではない』といった通念は間違いだ。」と言い切る根拠にはならないです。

1. 同じときに同じものを持っていれば、同じリターンになる。
2. 高齢者は株式などハイリスクな資産に投資すべきでないという通念は誤り。

もし、1が成立するとき、それなら必ず2も成立する、と言えるでしょうか。

そうじゃないですよね。

1と2は独立です。

だから、1が真か偽かに関係なく、2を独立で考えなくてはいけません。


若者と老人


2を独立で考えましょう。勤労世代と高齢者では違いがあります。

投資の点で大きいのはライフステージの違いです。勤労世代は資産を形成していく時期ですが、高齢者は積み上げた資産を取り崩していく時期です。

勤労世代なら、資産運用による損失があったとしても、働いて得る収入でカバーできます。これから稼ぐであろう収入がバッファーになってある程度大きなリスクが取れるわけです。

しかし、高齢者はそうではありません。現役時代のような定期収入のバッファーはありませんね。リスクを取って資産を形成していく世代でもなく、手堅く守りながら資産を取り崩していく世代です。

この違いは大きいです。

どれだけのリスクを取れるか、取るべきかに大きく影響します。


現実的に考えて


もし、私の親や知り合いのおじいさん、おばあさんが銀行や証券会社の社員から次のように言われたとします。

「とら婆さん、若い子もお婆さんも関係ないんです。同じときに同じものを持っていれば、同じリターンになるんです。高齢者は株式に投資すべきではないといった通念は間違いなんですよ。ジャンジャンバリバリで株式いっちゃいましょー」

って・・・

あの・・・、そんな乱暴なこと言わないでよ。って思いますよね。

理論的に考えても、直感的に考えても、高齢者はリスクを取るべきではないです。


おせっかいなひとこと


最近、以前からもそうかもしれませんが、「いや、そのりくつは・・・」というウェブ記事が気になるんですよね。

おせっかいかもしれませんが、真面目に家のお金のことを考えている人に伝えたいんです。

マネー雑誌とかウェブ記事とか、読みやすくて耳に入りやすい話の中には、必ずしも参考にならない話もあるってことを。

高齢者になったらリスクは控えめに。

私ならそう言います。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

円だけで暮らす私に、外貨運用は必要でしょうか

日経電子版に「円だけで暮らす私に、今なぜ外貨運用が必要なの?」という記事がありました。[外部記事]

外貨での運用をすすめる記事なんですが、正直なところ、ちょっとした違和感を覚えました。

今回は、外貨運用の必要性について


外貨での運用が必要な理由


外貨での運用が必要な理由として、まず、違和感のない方からいきましょう。

将来必要になるなら、いまのうちに外貨を手当てしておくという理由です。

たとえば1年後に海外旅行やご子息の留学があるとします。それに備えて、あらかじめ外貨を保有しておくことで、円安のリスクを和らげることができます。

かりに1年後に、1ドルが1,000円になっていたとしましょう。留学で当面1万ドルが必要だとして、いま買っておけば105万円ほどですが、1年後に1ドル1,000円でその時買うなら1,000万円が必要です。

将来、外貨を使う予定があるから、いま買うという選択肢ですね。

あ、念のためですが

1年後、1ドル80円でその時買うとしたら80万円で済みます。

円安のリスクをヘッジすることは、より安く買えるチャンスを放棄することでもあります。


購買力が低下する論


さて、ちょっと違和感を覚えた点に移ります。

円安で購買力が減っていくという考え方です。引用します。

“仮に、長期で円安が進んだと仮定します。すると原料やエネルギーを輸入に依存する商品やサービスの価格は高騰しますから、同じ額の円で買える商品やサービスは減少していくのです。
(略)
しかし、資産の一部を外貨建てで保有しておけば、円の購買力が相対的に減少した場合にも資産全体の購買力を維持することにつながるのです。”


よく聞くロジックです。

円安で輸入インフレになるから円の購買力が低下する、外貨を持っていれば円安による購買力の低下をヘッジできる、ということです。

でもね、と。

ちょっと違和感ありです。


輸入インフレ


円安が進めば、輸入インフレになるから円の購買力が低下します。

その点は日経に書いてある通りです。

ただ、外貨建ての価格が変わらなければ、です。記事はエネルギーに言及していましたが、たとえば原油価格は1バレル100ドル台のときもあれば20ドル台のときもあります。

輸入インフレや円の購買力は、少なくとも、外貨(現地通貨)建ての価格と、為替レートの2つの要素が関係します。

為替だけに目を向けるのでは不十分です。


そもそも円安が進むかな


日本は、政府部門は大赤字で国債発行残高が大きいのですが、国民(家計)は貯蓄超過で、国全体としては黒字。対外純債権国です。

しかも世界の中で低インフレの国です。

なので、対外バランスとインフレ格差(購買力平価)の2点だけを理論的に考えると、円安よりは円高を恐れるべきなんです。

実際、プラザ合意以降、趨勢的には円高で進んでいます。

一方、日本は労働人口の減少で貯蓄バランスが変わるところに、巨額の国債があるので、やがて円の信認が失われて、円の大暴落が来るという説は根強いものがあります。

でも人口動態と為替って、それほど相関はないと思います。

少なくともいまの状況で円安と決め打ちして、それに備えなきゃと思う必要はないでしょう。

円安も円高も、どっちもありうるわけですから。


考えたいこと


1. 円安になると
2. 円の購買力が低下するから
3. 外貨投資で備えましょう

こういう話は、

1. 円安にならない可能性や円高になる可能性(可能性を見積もる)
2. どのくらい低下するのか(影響度を見積もる)

その上で、

3. 本当に必要か

を考えるといいのではないでしょうか。

あ、

私は、外貨投資はやるもよし、やらないもよし、だと思ってます。

ご自身の考えや見通しにもとづいてやるのはよし。なんとなく不安になって始めるのは、わろし、だと思ってます。

関連記事
円だけで暮らす私に、外貨運用は必要でしょうか
投資はハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンではないのですか?
外貨建て投信でも、円高にとらわれた方がいいと思うのです

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

不安定化する世界 この1か月のテロ事件をまとめました

2016年のラマダン(イスラムの断食月)は、6月6日から7月5日まででした。

イスラム過激派組織のIS(イスラム国)が、ラマダン期間中のテロを広く呼びかける声明を出しているとの報道もあります。日本人も多く犠牲となったダッカのカフェ襲撃は、ラマダン期間中の7月1日に起きました。

今回は、このところ起きている事件について


不安定化する世界


シリア情勢は一向に改善しませんし、トルコではクーデター未遂事件も起きています。英国がEUの離脱を決めたのも、根っこには難民、移民問題があるからでしょう。

難民の背景にはシリアの内戦とイスラム国の勢力拡大があります。イスラム国の勢力拡大はイラクの崩壊がきっかけですし、シリア内戦はロシアが政府軍を、トルコや欧米が反政府勢力を支援していることで解決は見通せない状況です。

それに・・・

別の場所では中国とフィリピンの南シナ海問題があります。ASEANの中でもフィリピンやベトナムと、中国と経済的な結びつきが強いカンボジアとでは主張に隔たりが大きく、ASEANの分断は気になるところです。

EUにしてもASEANにしても、地域連合は難しいところはありますね。


さて、本題


前置きが長くなりました。

この一か月での自爆テロ、襲撃などの事件を集計しました。集計漏れはご容赦下さい。

テロ事件リスト 小黒とら

画像での貼り付けになります。画像クリックで拡大します。

バングラデシュで日本人が犠牲になる事件もありました。フランスのニースでトラック暴走によって77人を死亡させたり、ドイツのショッピングセンターで銃を乱射して9人を死亡させる事件もありました。

ただ・・・

この1か月でもっとも死亡しているのは、イラク、なんですよね。

次はアフガニスタンです。

シリアは内戦状態です。テロというよりは空爆などの「軍事攻撃」で被害にあっているので今回は対象外としました。


まとめ、のようなもの


最近、痛ましいテロ事件が続いています。

理想論かもしれませんが

世界が平和であること。
政府が機能し、職があり、命の心配なく生きていける社会であること。

テロ対策って、究極的にはそこからではないかと思うのです。

それだけでは解決しないにしても、です。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

ミケモフGO

ミケちゃんモフちゃんを探しに公園に行きました。

ミケモフGO、です。

でも、公園で見かけたのはスマホ片手にポケモンを探す人たちだけ。

カメラ片手にミケちゃんモフちゃんを探す私。スマホ片手にポケモンを探す人たち。はたから見るとどっちも同じですね。

結局、ミケモフちゃんは現れませんでした。

日を改めたらまた会えるでしょう。


ソルダム


夏は果物がおいしいですね。

この季節、プラムやソルダムがよく出回ってます。

今日はソルダムを買いました。

ソルダム 小黒とら

小さいころ、実家の近くに杏の樹がありました。たぶん杏です。勝手に取って食べてました。

いまから思うと、よくこんなところに・・・と思うくらいの狭い場所です。それでも実を付けるくらいに育つんですね。その思い出があるからというわけでもないのですが、杏や李(すもも、プラム、ソルダム)は大好きなんです。

皮ごと食べる派です。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ