カテゴリ:悠々自適な息抜き の記事一覧

東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな (菅原道真)

梅の季節ですね。


紅梅


紅梅 小黒とら


白梅


白梅 小黒とら


紅白の梅


白梅は美しさと可憐さが、紅梅は暖かさと可愛らしさがありますね。

それぞれに魅力あります。

いい季節になってきました。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

週末の息抜き 三角形の面積の問題

おもしろい算数の問題を教えてもらいました。

三角形の面積を求めよという問題です。

今回は息抜きのお話しです。


まずは問題


まずは問題から

816_triangle.jpg
画像・問題出典

問題は「この三角形の面積を求めよ」というものです。

さて、いかがでしょう。


底辺×高さ÷2


三角形の面積なので・・・

10×6÷2 = 30

ではありません。


ひっかけ問題


10に対する垂直線が6で、かつ、∠ABCが90度

これを満たす図形はユークリッド空間(≒普通の平面)では存在しません。要はひっかけ問題なんですね。

ん・・・

そういう図形はあるのかな・・・と気が付けばOKですけど、まあ気が付かないですよね。


確かめました


816_triangle_01.png

この図形で(x)が変化すると角度が変わります。

xの変化による角度の変化はこうなります。

816_triangle_02.png

最大でも79.6度です。直角90度にはならないですね。

久しぶりに三角関数を学び直しました。


この問題


問題の引用元によると、この問題はマイクロソフトの入社試験に出されたものだそうです。

おもしろい問題ですね。

単純な面積の問題じゃないよね・・・と思って、わざわざ∠ABCを90度と指定していることに気が付くかどうか、ですね。

はい。

私は気が付きませんでした。それに気が付いても面積は出せません。(^^;

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

飛ばねぇカモメはただのカモメだ

「飛ばねぇ豚はただの豚だ」をパクったタイトルです。

勢いで付けました。

ちょっと反省してます。


春が近づいていますね


青い空、白い雲。そこにカモメです。

815_ogurotora_01.jpg

たぶんカモメです。


カモメのジョナサン


そういえば、かなり昔に「カモメのジョナサン」を読みました。

エサを取るために飛ぶのではなく、ただ純粋に飛ぶことを極めるのがジョナサンです。

リチャード・バックの「カモメのジョナサン」を読んだ頃、ヘミングウェイの「老人と海」、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」も読みました。あとオー・ヘンリーの短編小説も。「賢者の贈り物」とかです。

アメリカ文学ですね。

この中で「老人と海」、「ライ麦畑でつかまえて」、「賢者の贈り物」はよく覚えています。

でも・・・

「カモメのジョナサン」はあまり印象に残っていません。(>_<)

そのうち読み返そうかな。


読書の春


暖かくなったり日差しが強くなってくると本が読みたくなるんです。

理想的にはシャツ1枚で野外で。

早くそういう季節にならないかな・・・

雑談でした。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

断捨離ではなく、守破離を考えてみました

断捨離という言葉が流行りましたね。

入ってくる物を断って、いらない物を捨て、執着から離れるという意味です。断捨離はシンプルにスッキリさせる術に使われることが多いようです。

で、今回は断捨離ではなく「守破離」について


守破離


守破離は剣道、茶道、書道などの「道」の修行における到達段階を表します。(参考サイト

守:先人の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。書道なら楷書。真似る、模倣する段階。

破:殻を破る段階。いままで学んだことを基礎として、自分の知能や個性を発揮して新たな型を創造する段階。書道の行書。アレンジする段階。

離:型にとらわれることなく、自由自適に振る舞える段階。書道の草書。独創性の段階。

武道や芸術に限らず、多方面において示唆に富む考え方です。


たとえば


守の段階は教わった通りに実践します。

料理ならレシピ通りに作ります。勝手に砂糖を増やしたり塩を減らしたりしてはいけませんね。まず基本通りにできることが大事です。

で、考えながら料理していると・・・

いや、ここで砂糖を減らしてもいいよね

とか、

食材を変えてもいいよね

と思いますよね。

上手くいったらそれを採用すればよく、上手くいかなかったら基本に戻るのがいいですね。基本の上に、自分のアレンジを乗せることで一歩前進するんだと思います。


「守」で満足という考え方


一方で別の考え方もあります。

教わった通りのことができれば満足。私にとって料理は人生の一部でしかなく、他にもっとやりたいことがある。

なので、レシピ通りに作れればいい。それ以上のことを考えるのは時間のムダ。

そういう考え方もありだと思います。

そういう人は、料理に関しては「守」の段階に留まるのがいいんでしょうね。


自分はどっちなのかな


ある分野において、「守」の段階に留まる方が満足度が高い人もいれば、その先の段階に進みたい人もいますよね。

武道や芸術だけでなく、仕事や趣味、教育や生活様式、投資でもそうです。

留まるか・・・

進むか

ですね。


双方向


「守」で基本を極めてから「破」に進むべき。守も満足にできないうちから破に移ろうとするのは失敗の元。

そういう考えもあるでしょう。

でもね、と。

基本を一通り学んだあとは、破に移って上手くいったらそれを採用すればよく、上手くいかなかったら基本に戻るのがいいと思うんです。

つまり、双方向ですね。

進んでも不可逆的ではないので、いつでも初心に戻っていいんですよね。


思うこと


基本に留まるか。一歩進むか。

進んで初めて見えてくるものもあるでしょう。進んだことで基本の大事さが分かることもあります。

私は、いろんなことについて、できるなら「破」に進みたいです。「離」の境地に至れるかは分かりませんが、「守」から「破」に進むのは本人の意思によるところが大きいと思うんです。

まずは真似して、学んで。

そして、考えて、悩んで、殻を破っていきたいですね。

脱皮できない蛇は滅びる。その意見を取り替えていくことを妨げられた精神たちも同様だ。それは精神ではなくなる。(ニーチェ)


精神も肉体と同じように新陳代謝が必要なんでしょうね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

10億円あれば… どうしようかな

日経電子版に「10億円あれば…未来への投資は空想から」という記事がありました。

10億円あれば・・・

今回は、息抜きのお話しです。


そう言えば過去にも


そう言えば過去にも同じようなことを書いたことがあります。

過去記事:3億円 宝くじが当たったら、やりたいこと

あのときは3億円、今回は10億円。

できることが3倍超です。(^^)/


欲しいもの、やりたい事


前回の妄想では天体望遠鏡と旅行でした。

今回は、そうですね・・・

こんなことにチャレンジしたいですね。

10億円

冗談です。(^^;


自然の中での生活


10億円あれば、50年で使い切るとしても年2000万円使えます。

生きていくには十分すぎますね。

で、望むのは日本の小田舎で自然に囲まれた生活です。

イメージはこんな感じ

810_house01.jpg
画像出典

810_house02.jpg
画像出典

写真はスウェーデンなので日本ではないんですけどね。

日本のどこかで緑に囲まれた場所がいいです。

あ、あと

家庭菜園と果樹園と、犬と猫。(=^・^=)

ん?

10億円、使い切れるかな・・・

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ