カテゴリ:難しい問題を考えてみた の記事一覧

コストがかかって機能性の低い人は、生きる価値は無いという考え方

相模原市の知的障害者施設で多くの人が殺傷された事件から1年が過ぎました。

NHKは被告との手紙のやり取りを記事にしています。[外部記事]

今回は、価値と存在について


手紙の中身


手紙の中身を引用します。

- 障害者を育てることは、ばく大なお金と時間を失うことにつながります
- 意思疎通がとれない人間を安楽死させるべきだ
- この人たちを殺したらいいんじゃないですかね?と声にしました
- 重度・重複障害者を肯定することはできませんでした


限られた情報からの想像ですが、

人の命を「コスト」と「機能性」でしか考えていないように思えます。

機能性という言葉が適切かは悩みましたが、他に語句が思いつかないのでこのまま進めます。意思疎通が取れる、取れないという軸を表すのに機能性という語句を用いました。

極論すると、コストがかかって意思疎通のできない人は消し去っていい。生きている価値が無い。そういう考え方なのかな、と。


専門家の見解


やや長いですが専門家の見解を引用します。

前田教授は「植松被告は恣意(しい)的に人間の尊厳が認められる人と、認められない人を作り出していて、それ自体がすべての人間に尊厳があるという考え方に反している。この社会にとって、障害のある人たちはマイナスだという意識が非常に強く、その部分だけが前面に出て行動につながり、自分の行動を正当化している」と指摘しています。


そのうえで、前田教授は「1年たっても『意思疎通のできない人間に生きる価値はない』という思想が残っていて、相当根強い差別意識が心の中で固まっていると考えられる。自分たちの側にある種の正義があるという認識を持ってしまうと、なかなか、それを改めるチャンスに恵まれにくい面がある」と述べました。


差別意識なのか、それとも、偏狭な正義の意識なのか・・・

前田教授の「自分たちの側にある種の正義があるという認識を持ってしまうと、なかなか、それを改めるチャンスに恵まれにくい面がある」という言葉は重たいです。

差別はよくないもの、正義は正しいもの。

そういう思いを持ちますが、場合によっては、両者の間にはそれほどの差は無いのかもしれません。誤った正義感は自分も他者も傷つける恐れがありそうです。


思うこと


殺傷事件では、障害者を支援するコストと意思疎通の機能性で、尊厳が認められる人間と、認められない人間に分けました。それが不幸につながりました。

同じように、ある人の主観的な評価軸で、「存在が認められる人、もの、サービス」と、「認められない人、もの、サービス」を分けます。

そうしたとき、その人にとって認められない方を、生きる価値が無い、存在する価値が無いと切り捨てられるものでしょうか。

価値観の押し付け、差別意識、正義があるという意識。

気をつけないと自分も他者も不幸にしてしまいそうです。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

42歳年収300万円で家は買えるの記事を検証

「42歳年収300万円、コツコツ貯金で家は買える」という記事がありました。[外部記事]

読んだ後にモヤモヤ感が残りました。

今回は、この記事を私なりに検証します。


退職金、現実的なの?


相談者は年収300万円の42歳の女性で、記事の筆者であるFPに家を買う相談をしています。

ん?と思ったのは、相談者の女性は60歳まで働き続ければ、退職一時金が約2200万円出るそうです。

いや・・・

それって、60歳で一括返済して家を買うという結論を導くための後付けじゃないの?

と思ってしまいました。

まあ、それはいいとして話を進めます。


買えるとする算盤勘定


詳細は元記事をご覧いただくとして、主要部分をまとめます。

1. 現在42歳
2. 購入予定は3年後(45歳)
3. 現在の家賃68,000円を住宅ローンの返済に充てる
4. 60歳で受け取れる退職金の一部でローン残債を一括返済
5. 一括返済に使える資金は904万円

さて、この条件でどうなるかです。元記事はこうなってます。

95歳までの老後生活費をしっかり確保したうえで、この904万円をドンと返せる一括返済額とすることができるのです。この「一括返済の限度額」も考慮して、くれぐれも借りすぎないように、借入金額を決めるとよいでしょう。


え?

いくら借りられるか、相談者はそれを知りたいんじゃないの?

私なら、いくらローンが借りられるかを知りたいですけど。


自分でやってみました


自分でやってみました。

住宅ローンは元利均等返済で、フラット35で借入比率9割超を想定して金利は1.5%としました。ちょっとあれですけど、頭金はゼロにします。(頭金で貯蓄を取り崩すと、老後の貯蓄額で帳尻を合わせるのが面倒なため)

1. 1.5%の元利均等返済
2. 毎月の返済額は、現在の家賃の68,000円以内
3. 60歳時点でローン残高が904万円以下

この条件下で、借入れ年限を変えながら、借入額が最大となる値を求めました。

結果:1746万円借りられます。(26年ローン)


整理


1746万円を1.5%の金利で26年ローンを組んだ場合

毎月の返済額:67,995円(68,000円以下を満たします)
60歳時点のローン残高:890万円(904万円以下を満たします)

簡易的に年払いで計算した結果を1/12しています。


スッキリ


引用した元記事ですが、読んだ後にモヤモヤ感が残ったというのは、結局のところ知りたい情報がなかったからなんです。

今回の例では、毎月の返済額を一定額に抑えて、60歳時点のローン残高も一定水準を下回るようにしないといけませんね。パズルを解くような問題です。

けっこう条件が複雑だな・・・

と思いながら読みました。

自分で計算してみてモヤモヤ感は解消、スッキリです。(^^)

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

長生きリスクに備えるトンチン保険に思うこと

日経に「『長生きリスク』に備え トンチン保険は得なのか?」という記事がありました。[外部記事]

トンチン保険(トンチン年金)の損得勘定は過去に書いたことがあります。第一生命保険の「ながいき物語」で試算しました。

とんちん年金と50歳の男性が70歳まで生きる確率
トンチン年金「終身型」(個人年金保険)の損得勘定

今回は、長生きについて思うことです。


心理的なもの


私は男性なので、確率論では「ながいき物語」にはそれほどの魅力を感じません。

ただ、長生きに備える保険なので確率論の損得勘定だけでなく、心理的な安心感もあります。安心感にどのくらいの価値を見出すかで、この保険に対する評価は変わるでしょう。

勘定だけでなく、感情も、ですね。


長生きに備えるには


ところで、長生きに備えるにはトンチン年金以外にも手段はあります。

年金の繰下げ受給です。
過去記事:老後難民の不安を煽る人が、あまり言わないこと

現行の制度が変わるリスクはありますが、知っておいて損はない制度です。

長生きに備えるには、トンチン保険を検討する、投資や貯蓄で備える、繰下げ受給を検討するなど、いくつか方法はありますね。


生命保険とトンチン保険


死亡することに備えるのが生命保険。生きることに備えるのがトンチン保険。

ある程度の年齢までは死亡することが怖く、ある年齢を超えると生き残ることがリスクになりますね。

その閾値はどこにあるのかな・・・

一般的には60歳、あるいは65歳前後でしょうか。その年齢に前後してリタイアがあり、「第二の人生」が始まって、そうなって段々と生きることがリスクになっていくのかも。

働き盛りまでは死亡がリスク。リタイア前後ならどちらでもなく、後期高齢(75歳~)は長生きがリスク。

そんな感じかもしれませんね。


思うこと


長生きリスクは、お金が足りなくなることが心配ですね。

基本的な衣食住への出費というよりは、医療費がどれだけかかるか、介護にどれだけかかるか。老人ホームに入居するならその費用は・・・といった医療介護への出費でしょう。

で、私はかなり楽観的で、健康寿命を延ばすような生活習慣を心がけ、足腰と頭を鍛えて、収入や貯蓄の取り崩しに見合う生活スタイルにすることで、ある程度は備えられると思うんです。

長生きの備えとして、経済的には年金の繰下げや貯蓄や投資があります。それに加え、生活のあり方を工夫するという方法もありますね。

最近、後者の方が、より大事じゃないかなーと思うようになってます。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

モンスター株主?

朝日新聞に興味深い記事がありました。

株主提案で、会社の便器はすべて和式にせよというものです。[外部記事]

2012年の野村ホールディングス株式会社(8604)での話しです。

今回は、株主提案について


株主提案


朝日新聞にあった株主提案を引用します。

「オフィス内の便器はすべて和式とし、足腰を鍛錬し、株価4桁を目指して日々ふんばる旨定款に明記する」「取締役の社内での呼称は『クリスタル役』とし、代表取締役社長は代表クリスタル役社長と呼ぶ旨定款に定める」――。


まあなんとも・・・

2012年6月の総会での議案です。当時の野村證券は社員のインサイダー事件関与が問題になり、7月にはCEOとCOOが辞任しました。
8月には金融庁の行政処分もありました。[参照リンク]

そんな環境下での株主提案でした。


会社側の対応


野村HDのサイトに株主総会の招集通知の資料がありました。[参照リンク]

株主提案の議案の冒頭部分を引用すると

株主からは、当社商号の「野菜ホールディングス」への変更を求める件をはじめとする100個の提案がございましたが、株主総会に付議するための要件を満たすもののみを第2号議案から第19号議案としております。


とあります。株主は個人1名とのことです。

で、株主提案の内容が書かれているのですが、それに対して取締役会の意見も書かれています。

取締役会の意見:本議案に反対いたします。

と。

まあ、そうでしょうね。


株主提案権


総株主の議決権の100分の1以上または300個以上の議決権を、6か月前から引き続き有する株主であれば、株主総会に議案を提案できます。

で、野村HDですが

時価総額は現状で2.5兆円。2011~2012年当時でも半分の1.2兆円はあったわけで、議決権の1%といえども100億円レベルです。

なので、「または300個以上」のほうでしょうね。

300個は300単元の意味です。

野村HDの1単元の株式数は100株です。なので、300×100=300,000株あれば株主提案ができます。購入株価をざっくり350円と見積もると

300,000株×350円 ≒ 1億円

1億円あれば、「クリスタル役」を提案できます。


とはいえ


株主に議案提出権はあるとはいえ、野村ホールディングスの名称を「野菜ホールディングス」にとか、トイレを和式にとかの提案はちょっとどうかなと思います。

内輪受けのネタなら楽しめるのかもしれませんけど、株主総会は準公共の場なのでそういう場にふさわしい提案が求められると思います。

株主提案権という権利がある。

その一方で、他の株主にも利益になる提案をすることが求められている。

私はそう考えます。

権利は、誰かが乱用すると、他の人が本来なら行使できるはずの権利が制限されてしまう。そういう側面がありますね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

自民党を大敗させて欲しいと願う民主党議員に思うこと

東京都議会議員選挙が告示されました。

投票日は7月2日。

東京のローカル選挙なんですけど、国政にも影響ありそうなので関心は高いですね。

今回は、政治と投資の消去法についてです。


二兎を追う者は一兎をも得ず


小池都知事は、市場の移転に玉虫色の結論を出しました。

豊洲は機能を強化して「ITを活用した総合物流センター」とし、築地は5年をめどに「食のテーマパーク機能を持つ一大拠点に再開発する」プランです。市場の機能が2つに分散される可能性がありますし、財源もよく分かりません。

説明会で出た「築地は守る、豊洲は生かす」という言葉は、コピーライティングとしては練られたものだと思います。ただ、政治家の決断としては疑問を持ってしまいます。

利害調整が難しい問題なので、足して二で割ったような感じがします。


小池知事と都民ファーストの会


小池都知事はオリンピック予算の一部を他県に求める件でも結論を先延ばししました。今回の市場移転問題でも必要以上に時間がかかっていますね。

前の都知事がダメダメ過ぎたので小池都知事の人気は高いのですが、それもだいぶ熱気は冷めているでしょう。

前任よりは・・・

という比較感を抜きにして、等身大で小池都知事が評価されます。

都民ファーストの会は、小池都知事の人気にそれほどあやかれる状況でもないのかなと思います。


都民ファーストの会vs自民党


東京都議会選挙は、小池知事の都民ファーストの会と自民党都議会の戦いになります。

クリーンで若いイメージの都民ファーストの会

旧来勢力の象徴としての自民党

イメージ戦略ではこんな感じでしょうね。

自民党よりは・・・

という比較感では都民ファーストの会は有利な気がします。


さて、本題


さて、ここからが本題です。前置きが長い・・・ (>_<)

都民の皆様は都議選で安倍自民党に御灸を!
ぜひ、自民党候補者を大敗させて頂きたい。


という、民進党衆議院議員のツイッターがありました。[外部リンク]

いやぁ・・・すごいですね。

自分の所属する政党の議員を増やしたい、勝たせたい

ではなくて、

特定の政党の候補者を大敗させたい

です。

国会議員の発言としては残念です。


他者の足を引っ張ったところで


他者の足を引っ張ったところで、自分が良くなるわけではありませんね。

他の政党を批判したところで、自分の政党の支持率が上がるわけでもないです。

あれがダメだから、こっちがいいという消去法は一つの意思決定の方法ではあります。あぁー、今日はちょっと胃が重たいから揚げ物はダメで、蕎麦にするか、みたいな。

悩んだときは便利な方法ですね。

でも、消去法は要注意です。


消去法の思考に働きかける


あっちはダメだから、こっちにしよう。

そういう消去法に働きかける人がいます。

でも、人から言われるのは時と場合によっては楽しくないです。

あのね、とらさん、年を取ると消化液の分泌が減るんだよ。だから揚げ物はダメ。たしかに、いい油でカラッと揚げる店もあるけど、初めての店なら入ってみないと分からないでしょ。どの店がいいかなんて事前には分からないよ。おっさんは黙って蕎麦にしときな。

なんて言われるとおいしく食べられないです。

消去法的なロジックで一方の良さをアピールしても、それはもう一方を落とすことでの相対的な良さに過ぎないですね。政党の論争にしても、投資法の議論にしても、ライフスタイルの議論にしてもです。一方の足を引っ張るような論法は行き過ぎると野暮ですね。

揚げ物には揚げ物の良さがあって、蕎麦には蕎麦の良さがある。

それぞれに良さがあるのだから、良さに目を向けるのがいいですよね。

ブログ村:よろしければ一押しをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ